こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

養老保険の相続について

養老保険について教えてください。
保険の内容は、普通養老保険。

契約者は、叔母
被保険者は、甥
保険金受取人
 満期保険金 叔母
 死亡保険金 甥の母(叔母の妹)

保険料は、一括で払込済みです。10年満期で、まだ満期を迎えていません。

先日、叔母がなくなりました。
ここで、質問です。

Q1:この場合、保険の契約は、相続人に継承されるのでしょうか?
   (継承されて、解約や支払いの者の変更などが相続人で変更できる??)

Q2:契約者が、亡くなっていますが、満期時には、被保険者の甥が満期金を受け取るのでしょうか?
   Q1と関連しますが、相続人が権利を継承しているので、満期保険金受取人が叔母から
   相続人になって、結局、甥が保険金を受け取ることはない??


Q3:簡易保険法で、契約者がが死亡時には、満期保険金は被保険者が受け取るとあるそうですが
  実際は、契約者死亡時に、相続人が契約を継承するので、被保険者が受け取ることなんて
  ないのではないでしょうか?

以上、長々と申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2013-09-15 10:46:53

QNo.8264720

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

Q1:この場合、保険の契約は、相続人に継承されるのでしょうか?
(A)ちょっと違います。
契約を相続した人が、相続人なのです。
叔母様の法定相続人ならば、誰でも契約を相続可能です。

(Q)継承されて、解約や支払いの者の変更などが相続人で変更できる?
(A)解約はできます。
支払者について、
一括払いで支払いが終了しているので、支払者は叔母様(?)であり、
それを相続することになるので、相続人が支払者となります。
自動的に決まるので、変更不能です。

(Q)契約者が、亡くなっていますが、満期時には、被保険者の甥が満期金を受け取るのでしょうか?
(A)いいえ。満期保険金の受取人は、叔母様になっています。
なので、このまま、受取人を変更しなければ、
叔母様ということになります。
叔母様が亡くなっているので、実際には、その法定相続人が
受取人となります。
契約を相続した者ではなく、叔母様の法定相続人全員に権利があります。
なので、満期保険金の受取人は、変更すべきです。

(Q)相続人が権利を継承しているので、満期保険金受取人が叔母から
相続人になって、結局、甥が保険金を受け取ることはない??
(A)上記の通りです。
受取人を変更しなければ、叔母様=叔母様の法定相続人
ということになります。

(Q)簡易保険法で、契約者が死亡時には、満期保険金は被保険者が受け取るとあるそうですが
(A)いいえ。間違いです。
契約者が死亡したときではなく、受取人が死亡したときです。
(無指定の場合の保険金受取人)
第五十五条
 終身保険、定期保険、養老保険又は財形貯蓄保険の保険契約(特約に係る部分を除く。)においては、保険契約者が保険金受取人を指定しないとき(保険契約者の指定した保険金受取人が死亡し更に保険金受取人を指定しない場合を含む。)は、次の者を保険金受取人とする。
一 被保険者の死亡以外の事由により保険金を支払う場合にあつては、被保険者
二 被保険者の死亡により保険金を支払う場合にあつては、被保険者の遺族
2 前項第二号の遺族は、被保険者の配偶者(届出がなくても事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)、子、父母、孫、祖父母及び兄弟姉妹並びに被保険者の死亡当時被保険者の扶助によつて生計を維持していた者及び被保険者の生計を維持していた者とする。
3 胎児たる子又は孫は、前項の規定の適用については、既に生まれたものとみなす。
4 前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは適用しない。
5 第二項に規定する遺族が数人あるときは、同項に掲げる順序により先順位にある者を保険金受取人とする。
6 遺族であつて故意に被保険者、先順位者又は同順位者たるべき者を殺したものは、保険金受取人となることができない。

(Q)契約者死亡時に、相続人が契約を継承するので、被保険者が受け取ることなんてないのではないでしょうか?
(A)いいえ。満期保険金の受取人=被保険者 にすればよい。

投稿日時 - 2013-09-15 17:12:19

あなたにオススメの質問