こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

仕事のプロに。その先にあるものは?

大手で庶務課に所属しております
無遅刻無欠勤は当たり前、仕事の人事評価は一番良いものを頂きました
庶務課のプロになれれば・・・・・仕事の外で、庶務について教えるようなお仕事が出来たり・・・・・しますか?
庶務育成講座・・・・とか?

何かいい考えありませんか?

投稿日時 - 2013-09-23 00:34:41

QNo.8275633

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 庶務というのは(想像だが)、社内雑事のオールラウンドの処理係でしょ。
 その中身を分解(人・モノ・カネ・情報…など)してみれば、専門性の必要な部分が見つかるはず。
 コンサルタントやアドバイザーというのは、そういった狭い範囲の専門性が売り。
 そして、企業の目的は利益獲得の最も効率的手段を考える。

 ならば2つの軸が交差したところの作業をメシの種にできる可能性は高い。

投稿日時 - 2013-09-23 02:36:18

お礼

ご回答ありがとうございます

投稿日時 - 2013-09-23 19:04:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

庶務といっても永久に庶務ということでもないでしょう。
一人が定年まで全く同じ部署という方が珍しいと思いますが。
もっと広く総務、人事といういことで考えれば、専門分野はいくらでもありそうに思います。
たとえば株式事務や人事管理、給与計算など将来あなたがそういう部門に回る可能性は結構あります。

今のあなたの会社の状況を考えて、もっと大きな目で将来のあなたの進みたい方向を考えそのような何かを勉強するというのは無駄ではないと思いますよ。
少なくとも庶務のままでリストラされるよりも、何かの高度な知識をもってそうなる方が生き残る可能性は非常に大きいと思います。

世の中に勉強のネタはいくらでもあります。

実際私の会社は数年前に株式公開という滅多にないことがあり、それを進めたのは中途採用で入ってきた総務や経理の経験者でした。彼らはその後役員や管理職で頑張っています。

投稿日時 - 2013-09-23 17:10:38

お礼

ご回答ありがとうございます

詳細は個人が特定されるため書けませんが、定年まで庶務なようです
が・・・・何か勉強した方が良さそうですね。

投稿日時 - 2013-09-23 19:04:06

ANo.1

自分の職場以外の場でなら、それ相応の会話術や精神力(ちょっとしたことでも動じないとか)が必要になってきませんか?その辺は大丈夫でしょうか?
仮に大丈夫だったとしても、個人的には庶務の育成を目指した講座とかってあんまり聞かないですね。教える側となると、本当にスペシャリストなんでしょうけど、あんまり話題性は無いですよね^^;

投稿日時 - 2013-09-23 00:41:26

あなたにオススメの質問