こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

青色事業専従者給与に関する変更届出書

個人事業で青色申告をしています。
妻と息子を青色専従者としていましたが、
息子が家を建てたので別居となり、国保も自分で払うようになりました。
引き続き給与を支払っていますが、この場合、生計を一にしているとはみなされず、
青色専従者ではなくなるのでしょうか?
そして、青色事業専従者給与に関する変更届出書を出すのでしょうか?

投稿日時 - 2013-09-30 16:08:57

QNo.8285912

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>妻と息子を青色専従者としていましたが…

事業に従事している実態はあるのですね。
しばしば、節税ならぬ脱税のために、仕事などしていないのに名目だけ専従者にしているケースも見受けられるようですが、そうではないですね。

>家を建てたので別居となり、国保も自分で払うように…

それだけで生計が一ではない、とまでは言い切れません。
別居であっても、生計が一と認められることはあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm#q1

一方、あなたは息子に専従者給与を毎月払うだけで、そのほかにお金の出し合いは一切ないのなら、生計が一ではなくなったことにして、専従者給与を廃して普通の給与を払えば良いでしょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2013-09-30 16:45:45

ANo.1

特に届け出はしなくて大丈夫ですよ。

単純に、一般の 「従業員」 として経理すればいいだけです。年末調整は、専従者給与と独立後の給与の合計で行います。

帳簿や決算書をわかりやすくするには、平成25年中はすべて 「専従者給与」 で処理してしまって、平成26年1月支払い分から、「給与賃金」 にすれば、簡単でしょう。

結果として計上される 所得金額は 変わりません。

強いて気を付ける点は、生計が別になった後の息子さんの国保や国民年金などは、息子さんの年末調整で控除しましょう。

投稿日時 - 2013-09-30 16:43:09

あなたにオススメの質問