こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

CTやMRIに、エコーある医院とは?

院長先生に、詳しく質問した訳では無いが、私の自宅近くにある、かかりつけ内科医院には、小さいタイプだが、レントゲン以外の精密検査装置として、CTがあります。


以前、世間話的に院長先生に質問したら、「お腹が出てる人に対して、「太っ腹か、何かのお腹関係の病気を、患った疑いあるか?」を、精密検査する為の装置として、設置してる。
エコーの検査装置も、設置してる」旨、聞きました。


一方、このかかりつけ内科医院とは別に、自宅の比較的近くに、「CTやMRIを設置した、脳神経外科がメインだが、一応一般内科も、対応OKである」脳神経外科の専門医院も、あります。


「脳神経外科メインの専門医院は、CTやMRIを、脳を精密検査する為の装置として、設置してる」のは、スグに分かります。


ただ、私が住む地元の市内では、内科と脳神経外科が関係する医院で、「CTかMRI、どちらか叉は両方共を、設置してる」医院が、幾つかあるそうです。



そこで、「病院の検査装置として見た、CTやMRIにエコーとは、何ぞや?」的に、質問したいのは…


「CTやMRIが、脳神経外科メインの専門医院にあれば、脳を検査する装置として、設置してるのは、スグに分かる。

これが、内科医院にあれば、メタボリック症候群(メタボ)対策がメインによる、特定健診にある、「太っ腹か、お腹の病気の疑いあるか?」の検査する装置としてなら、理解出来る。

メタボ(お腹)の検査関係以外で、内科医院にCTやMRIあると、主に何の病気の精密検査の装置として、使用するのか?


それと、エコーによる検査装置は、産婦人科と小児科の専門医院(出産含めて、一般内科と小児科も対応出来る、産婦人科医院も含む)であれば、「妊婦さんのお腹の赤ちゃんを、確認する為の検査装置」として、設置してるのは分かる。

エコーの検査装置が、内科医院にあれば、主にどの病気の検査の装置として、使用されてるか?」に、なります。



長文になってしまいましたが、「CTやMRIにエコーを、設置してる病院(医院)に、勤務してる看護師さん」等、詳しい方お願い致します…。

投稿日時 - 2013-10-05 09:41:00

QNo.8292387

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

CT・MRI・エコーね
脳神経外科・婦人科だけにこの装置があるとは限りません。

内科でもこの装置は非常に役にたっています
別にメタボかどうかの検査ではないのですよ。

たとえば肺の機能検査レントゲンよりも正確に原因を知る為に
CT・もっと詳しい精検となれば高度のMRIと使われています
心臓疾患にもエコーが使用されます。いわゆる心エコーです

あらゆる病気に対して調べられる機材が装置を使用してこそ
より迅速な治療に繋がります。

外科・内科・婦人科にこの装置があればどのような患者さんにも
対応できるでしょう。

投稿日時 - 2013-10-05 10:05:33

補足

回答、有難うございます…。


「エコー検査とは、何ぞや?」的に、今回質問したのは…


「地元では、種類関係無ければ、CTやMRIは「特定健診関係では、太っ腹かお腹の病気疑いあるかを、調べる装置として使う。

だが、特定健診以外では、メインの診療科目の関係で、検査内容が、異なる」医院が、多い。

「脳に出血か腫瘍あるか、検査する装置」として、CTやMRI設置してる脳神経外科医院は、当然分かる。

産婦人科医院も、「赤ちゃんの様子、調べる装置」として、エコーを使うのは分かる。

だが、「男性の患者へも、特定の病気、患ってる疑いあるか、検査するのに、エコーを使用する」医院も、あるにはあるそうである。

言わゆる「町医者」となる医院で、CTやMRIにエコーあれば、良く知られてる病気1ツだけで構わないが、例えば「この診療科目の医院なら、○○と言う病気、患ってる疑いあるかで、検査する装置として、CT使ってる」等、他にもあるか?」に、なります。



参考迄に、地元では「特定のガンや、脳腫瘍以外の腫瘍に、専門医として比較的強い院長先生が居れば、「何かのガンに、患ってる疑いあるかを、調べる装置」としてなら、CTやMRIにCT、何れかだけ設置して検査する。
叉は、全部設置して、状況を見て装置を組み合わせて、検査する」医院も、幾つかあるそうです…。

投稿日時 - 2013-10-05 12:04:03

お礼

遅くなりましたが、回答有難うございます。


「内科・外科・婦人科、何れかの医院に設置してれば、どの様な患者さんにも、対応可能であると言う事で、理解したい。

最初に回答されたので、BAに選びたい」と、思います。


又、回答した時は、よろしくお願い致します…。

投稿日時 - 2013-10-12 23:05:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

CTは、高速回転で回る連続レントゲン写真です、コンピューター処理で3次元化できます。
MIRは、事故共鳴を使い高速回転で撮影する機械ですが、磁気なので鉄、つまり赤血球しか移せないのです逆に言えば、血管を3Dで写すための機械です、CTでは血管か何かの判別は困難ですがMRIなら血管だけ写すので、脳だけでなく体の血管の状態が判りやすく見えます。
超音波エコー、超音波を出して、反射してくるエコーを見る機械で、当てたポイントの照射角(±15度位)で中の状態は判りますが(密度が高いか低いか)全体を把握する事は出来ませんので、ポイントでの観察に使います。
CTは内部の臓器から骨全てを写せますが、逆に判りずらい部分も出ます、特に胃や腸などの内部は内視鏡の方が確実に判ります、心臓などの脈動状態を見るには、リアルタイムに見れるエコーの方が判り易という事です。
またPETセンターなどに行けば、用途に応じたCTもあります。CTは1台で万能と言う訳では無いです、東京の方で歯医者で歯形を取るのに専用のCTを使っている所もあるようです。
http://www.dental-plaza.com/article/Veraview_3D/merit/index.html

投稿日時 - 2013-10-05 23:31:05

補足

回答、有難うございます。


「心臓、血管、臓器、骨なら、位置にもよるが、CT・MRI・エコー、何れか叉は全部あれば、かかりつけ医院で、一応検査する事はある」と、言う事でしょうか?


それから、私は大阪在住ですが、かかりつけでは無いが、「健康保険扱いで、使える様になった為、歯形取る装置。

叉は、患部の周辺を検査する、レントゲンの代わり」として、今回の回答された専用のCTを設置してる歯科医院が、地元や近隣の市町村で、最近幾つかある模様です…。

投稿日時 - 2013-10-06 00:29:16

ANo.2

整形外科で、エコーにせよ、MRIにせよ「血管とその周辺」を
診ているんだと説明された事があります。
「胎児」とか「腎臓」「肝臓」という比較的サイズのあるものの
イメージがあるようですが、血管が見えるのですから、
いろんな判断に使えそうですよね。
静脈動脈の区別と、速度までわかるそうです。
CTは、受けた事がないので不明です。

「血管なら血管造影検査じゃないの?」と質問したところ、
血管造影検査は体への負担が大きいので、
範囲を少なくするための下調べとして必要だとのことでした。
たしかに血管造影検査は、毎回発熱しています。
40年近く前の初めての時には、子供だったので
負担が大きく手術延期になってしまいました。
その頃エコーはなかったのかな?やっていません。
一番直近では、検査後の絶対安静が四時間だったかに減って
楽にはなったのですが、やはり発熱しました。
それに、薬品がよくなったらしいのですが指先には
いまだ使えないそうです。(実験台だったかな?の経験あり)
見えやすさで上でも、検査薬が入っていかないのでは
話しにならないそうです。

それから、エコーはものすごく進化しています。
おそらくですが、結果安くなってきていると思います。
なので、町医者クラスでも置いてあるところが増えたのではと思います。
MRIも同様、進化していると思います。
同じ内容の検査でも、初体験の時は一時間強で、直近は20分でした。

40年ちょっと再発と戦う患者でした・・・

投稿日時 - 2013-10-05 14:00:17

あなたにオススメの質問