こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

男性差別が社会問題にならない理由を教えてください。

wikipediaの男性差別
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E6%80%A7%E5%B7%AE%E5%88%A5

挙げればきりがないほどの男性差別がありますが、なぜこれが社会問題にならないのでしょうか?男が女関連のことでごちゃごちゃ言うことが「かっこ悪い」みたいな風潮が原因ですかね?

投稿日時 - 2013-10-06 16:29:11

QNo.8294306

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(16)

ANo.16

phj

なぜ、ということであれば「それを問題にすると、女性の権利(というより特権)が後退するから」です。
私は、日本の女性は権利だけ教授して責任を果たしていない、と考えています。

たとえばテレビでこんな例がありました。「会社で女性だけに御茶酌みをさせるのは、女性差別化どうか?」という問題です。男女雇用均等法に照らし合わせれば、これは「違法」である、ということです。至極当たり前です。
しかし、これを違法とするなら、重い商品などを運ぶこと・体力のいる業務に借り出されること・残業や危険な仕事を行うこと、なども女性に割り振っていいはずですし、それを女性が拒否することもできないはずです。
本来の「男女雇用均等」とはこういうことを言うのですが、色々な会社を見ても「女には運べないほど重いのだから男が運んで当然」とか「高くて危ないから男がやって当然」など男性が必ずしなければならない、という反応を見せる女性が多々見受けられます。

こういう点を見逃さずに男女同権・同義務にしていかなければなりません。

こういうことを女性は良くわかっているので、権利の部分だけ主張して義務や責任の部分には首をすくめて男性が気がつかないようにしているのです。
また、男性には「そんなことをいうのはみっともない。男の恥だ」というようにまるで「恥ずかしいこと」のような風潮を作っているのです。

さて、女性専用車について意見が割れているようですが、あれは「男性差別」の最たるものです。
なぜなら「本来は男性が協力して、乗らないように遠慮している」(と鉄道会社や官庁は主張しています)のに「女性専用車両に男性が乗るのはおかしい!」という権利意識丸出しの女性がたくさんいるからです。
女性が「痴漢に会うのはいやなので、男性の皆さん協力ありがとう」という姿勢ならまだいいのですが、(そういう女性もいるでしょうが)「すべての男性は痴漢予備軍」という姿勢は差別以外のなにものでもありません。

これを女性に置き換えれば、たとえばスーパーマーケットで女性はすべて持ってきたバッグを「万引き防止のために」預けさせされるような状態を考えてみればわかるはずです。実際にスーパーのでの万引きは圧倒的に女性が多いので、犯罪防止には有効なのですが、これを行えば「すべての女性が万引きすると疑っているのか?」と大反対されるのは目に見えています。

ということで、女性専用車両は差別です。ただし、現状のところこれ以上の有効な痴漢対策もないことも事実ですので、私としては女性専用車はやむをえないとすることです。でもできれば名前を「女性保護車両」などに変えてもらいたいですね。

そもそも、女性解放運動とは欧米で始まった運動です。当時は女性差別だけでなく人種や階級などでも差別が当たり前だった時代であり、それらが無くなっていく過程で「では女性も解放せよ」と強く迫ったのが元になります。
そしてこのときに開放せよとしたのが、基本的人権・財産権・民権の自由だったのです。民権とは離婚を女性からできるとか運転免許を取れる、というようなことです。
その中でとくに重要だったのは財産権で、欧米の婦人にはそれまで財産権や相続権など自分のお金を自分で自由にする自由(?)がまったくなかったのです。
これでは、いつまでたっても誰かの隷属者であって「お金を自由にして経済的に自立できること」がウーマンリブのそもそもの目的だったといえます。

さて、そうなると「お金を自由」にするためには、働かないといけません。男性社会で働くわけですから「女は重いものは持てない」などというわけにはいきません。そのため欧米のウーマンリブは「男性と同等に働く権利」という点で「男性とまったく同じ仕事が女性にもできる」という意味になっています。
ですから力仕事でも危険な仕事でも「男性と同等に働く」というのが女性解放の責任になっているのです。


日本の女性解放運動にはこの部分がまったく抜け落ちているのです。

なぜ抜け落ちているか、というと日本の女性は古来から欧米の女性がもっていなかったような権利をもっていたからです。基本的人権もほぼ男性と同じ、財産権は女性にもありましたし、民権もほぼ同じだけありました。
たとえば三行半についても書くのは男性だけですが、これは公的に提出できるのが世帯主である男性、というだけで、実際には妻側の意向で泣く泣く書かされて離婚させられた男性も多く居たのです。
また、商家や武家などは婿取りで継嗣しましたので、婿は妻に頭が上がらないということがよくあったようです。西洋の場合、婿になる人が父親と養子縁組することで財産を次ぐことになり、そこに女性の相続権は存在しなかったのです。

また現代でも日本の家庭はほとんどの場合、女性が家計を握ります。これは世界的に見て非常に珍しいことで、一般的には男性が握ります。もちろん3世代前ぐらいまでは女性の財産権がなかったのですから、家計管理を男性がやるのは当たり前だったわけです。
参考:http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20110123/1295765493

日本の場合は女性に財産権があったために、昔から「奥向きのこと(一家の家計など)」は奥様が取り仕切るのがふつうだったわけです。

このようにそもそも欧米で発展した「女性解放運動」は「男性と同等に働き、社会の中で一人前に行動できる」という証明であったわけです。
しかし日本では女性はそもそも男性と同等であって、子ども扱いされていたわけではないのです。

これらがわかっているからこそ、女性は男性に「女性の地位のほうが実は高い」ということを知られないようにしているのです。

投稿日時 - 2013-10-07 11:27:58

お礼

長文ありがとうございます。

>また、男性には「そんなことをいうのはみっともない。男の恥だ」というようにまるで「恥ずかしいこと」のような風潮を作っているのです。

ここが最大の問題だと思うのですよね。男女ともになんですけど、「男らしさ」というマインドが最大の癌だと思っています。男は男らしくあることが当たり前だと思い込んでいる人にとっては、そもそも差別を差別だと認識できないんですよね。たとえ問題だと思っても、袋たたきにあうのが分かっているので、言えないみたいな。

投稿日時 - 2013-10-07 12:51:04

ANo.15

田嶋陽子先生みたいな似非男女平等論者がいるからです。彼女の主張が間違った方向を作ったので社会問題化しないのです。

投稿日時 - 2013-10-07 10:05:06

お礼

仮に彼女が間違った方向をつくったのなら、間違っているので変えようと声を上げればいいだけだと思うのですが。問題は声をあげられないことだと思うのですよね。

投稿日時 - 2013-10-07 12:38:03

ANo.14

俺、差別されてるなんて感じないや。

投稿日時 - 2013-10-06 21:24:35

お礼

wikipediaの男性差別をよく読んでおいたほうがいいかもですね。
生きていれば必ず同じような被害に遭遇するでしょうから。また今まで自分に対して社会が行ってきた仕打ちが深刻な差別だったと認識できる日がくるでしょう。

投稿日時 - 2013-10-06 21:42:53

ANo.13

女性が子供を産み生命を未来に繋げていく存在であるのに対して、
男性は、身を賭して、その女性を守るべき存在であり、
自らを守ってほしいと願えば、男性であることの意味を失う
からだと考えます。

投稿日時 - 2013-10-06 21:11:46

お礼

「女性が子供を産み生命を未来に繋げていく存在」のためだとすれば、別に男が女を守らなくても、男が女を強姦しまくって子供をバンバン生ませれば、生命を未来に繋がりますよね。動物的な進化論で正当化しようとすれば、今まで人類が気付いてきた倫理観が全壊すると思うのですけどね。

投稿日時 - 2013-10-06 21:18:58

ANo.12

貴方だって(男性だという前提で) 若くてかわいい子が大好きでしょ?

「ブスはひっこめ ばばあ見苦しいんだよ」って思ったことないですか?

世の中 差別だらけです。

身長 学歴 高齢者 前科者 シングルファザー ひきこもり 障害者 生活保護世帯の子ども 顔の良し悪し 
年齢 ・・・・・

ほかの方がおっしゃられているとおり 男女差別は 被害としては矮小だからです。

男女差別で死体が出たことは稀だと思いますが、障害者、高齢者、で虐めや病気(鬱、、ほか)で亡くなられた方はたくさんいます。 シングルファザーなら  降格や減給、退職さえ追いやられるかもしれません。

女性の社会進出ができない原因は
1 育児家事が女性の仕事だから両立できない
2 男性の主婦は社会的に是認されない
3 女性でトップを目指す人は少ない

ほかいろいろあるとは思いますが 貴方のおっしゃる差別は 1 と 2

以前 台湾に旅行したときに 台湾の方が(漢民族)おっしゃられてたんですが

「日本はどうして 女性が仕事しないで家にいるんですか?」と
「台湾では 女性も対等に働きます。 そのかわり 食事つくりはいっさいしません。 朝も夜も外食です。」

ということで

割り切れば 可能でしょうけれど

日本人の性格で

自分の子どもに手料理を作らない奥さん 

(女性で)そんな母親になりたいですか?
(男性で)結婚しても外食のみ 耐えられますか? 自分の子どもlにもですよ。


無理でしょう?

だから
差別はなくならないのです。

そうゆうの書いてる貴方も

割り切って


男女対等だからと

朝も昼も夜も外食(自分の子どもさえ)

できないでしょ?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

単純な話なんです

男女対等 = 家事誰がするの? 子育て誰がするの?

半分半分ならば 夫婦ふたりとも 中間管理職どまりでしょうね。
それ以上目指すなら 専業主婦かパート主婦で 旦那は集中してひたすら会社でなりあがる♪

それが日本の構造

投稿日時 - 2013-10-06 20:17:16

お礼

何を言いたいのかイマイチよく分からないんですけど、「男女で役割が異なるのだから、死体が出るほどの差別は別として、それ以外の差別は仕方がない」ってことでしょうか?
そういう考えもあると思いますが、例えそうだとしても、男女共にそうなるべきですよね。女性は「死体がでない」差別でも社会問題化されていて、男性は一切メディアに報じられないとなれば、そこは是正されるべき。

投稿日時 - 2013-10-06 20:58:42

ANo.11

>男性専用車をつくらず、女性専用車だけをつくるのは差別でしょ。

あはは。それは差別とは言いません (単なるいちゃもんです)。痴漢防止には女性専用車だけで十分です。男性専用車が欲しければ合理的な理由を添えて鉄道会社に申し込んでみたらいかがですか。

注:女性専用車については「男性の乗車に対しては禁止する法的根拠はなく、男性利用者の協力のもとに成り立っている」とされています。

投稿日時 - 2013-10-06 19:03:22

補足

何の説明もなく「それは差別でない、いちゃもんだ」と言われてもねぇ(笑

投稿日時 - 2013-10-06 19:30:00

ANo.10

最近まで日本では女性の権利主張や外国人の権利主張をやってる左翼連中が非常にうるさかったからです。本来、社会問題でないものを社会問題にするのは左翼の得意技なのです。賃金でも男女格差があると女性は結婚を望んで少子化にはなりません。外国人参政権・夫婦別姓・人権擁護法案の成立。。。。あくまでも左翼の活動は弱い日本を目指すわけです。

投稿日時 - 2013-10-06 18:56:32

お礼

なるほど。右翼左翼というのはよく分からないんですけど、そういうもんなんすかね。

投稿日時 - 2013-10-06 19:27:49

ANo.9

自分はソースをあげていて、ソース厨としか言い返せないとは頭が悪い。

投稿日時 - 2013-10-06 18:32:12

補足

ソース厨って説明簡略化のために参考資料を示す人のことじゃないんですけど・・・

投稿日時 - 2013-10-06 19:25:45

ANo.8

No.5です。

すみません。問題の読み違いです。
でも、答えの半分は、女性差別の問題です。

男性に、女性を差別しているという意識が薄いから、
自分たちが性差別されているという意識がないのですよ。

例えば、強姦罪。
男性が女性を強姦すれば罪になります。
ですが、女性が男性を強姦しても、罪にはなりません。
そういう条文がありませんから。
女性が男性を強姦? それはないだろいう……
という問題ではないのです。
法律は、男女平等でなければ、なりません。
なのに、男性が女性から性的暴力を受けても、
それを罰する法律がないということ自体に問題があるのです。
でも、それを意識する男性は、少数派でしょう。
つまり、「性差別」に、男性自身が疎いからですよ。

例えば、どうして、女性車両が必要なのでしょうか?
その問題を根本まで、突き詰めていかないと、
女性車両が女性差別であることに気が付かない。

例えば……
女性車両が女性を痴漢の被害から守るための
有効な手段だとします。
実際、警察が鉄道会社に設置を進めたのは、この理由からです。
ということは、痴漢の被害にあう女性が多いと言うことです。
痴漢とは、被害にあう女性を性的道具として扱うことです。
つまり、それは女性蔑視なのです。
女性車両があると言うこと自体、日本の男性が、
女性を道具として扱うことが多いということを認めることに
なっているのです。
つまり、男性が女性を道具として差別しているという
根本の問題を残したまま、姑息な手段で、
問題をすり替えてしまったのです。
こんな姑息なことをしているようでは、
男性が、自分たちが受けている性差別を意識することは
望めないでしょう。

投稿日時 - 2013-10-06 18:30:06

お礼

回答ありがとうございます。

なぜ男性自身が「性差別」に疎いのか、それは「男は細かいことをいうな、男のくせに、男なんだから」というふうに国が教育やメディアを使って洗脳してきたからだと思うんですよね。男女間の差異みたいな小さなことはそもそも考えるな、、、と。(まあ、この洗脳には女性差別も含まれていますけど。女みたいな小さな存在のことより、もっと大きなことに目を向けろと言っているのですから。)

女性車両の問題を根本まで突き詰めれば、男女の性欲差に対する対策の問題になると思うんですよね。ちなみにこっちに僕がこの話でした質問があります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8294370.html

あと、ある属性に犯罪者が多いという理由で、その属性全体の人権を侵害することは差別だと思いますよ。例えば、黒人の犯罪率が高いので、この店の入店禁止、この国への入国禁止となれば、人種差別ですよね。男女も同じで、犯罪者に男性が多いからといって、犯罪者ではない男性までもが人権を侵害されることはダメじゃないですかね。

投稿日時 - 2013-10-06 19:23:16

ANo.7

あげればきりがない男性差別の数を女性差別の「数」が上回る証拠を提示願います。かっこわるいみたいな、上っ面の非化学ではなく、統計学だと思われます。

投稿日時 - 2013-10-06 18:04:46

補足

本当どこにでもいますね、ソース厨
「差別の数」などどうやって統計できるんですかね、教えて欲しいものです(笑
wikipediaの男性差別だけでも沢山の事例があるでしょうに。
それを「あげればきりがない」と表現しているに過ぎません。

投稿日時 - 2013-10-06 18:29:44

ANo.6

僕も#4の人に賛成だな。
もし僕の友人が、「男性差別撤廃!」なんて叫びはじめたら、
「おいおい、みっともないことするなよ(笑)。」
と言うでしょうね。

投稿日時 - 2013-10-06 17:37:50

補足

お礼が表示されないので、もう一度書いておきます。

---

問題は「みっともない」という意識が差別意識だと気付いてないことなのでしょうね。あるいは気付いていても自分のことしか興味がないのか。

投稿日時 - 2013-10-06 17:54:07

お礼

問題は「みっともない」という意識が差別意識だと気付いてないことなのでしょうね。あるいは気付いていても自分のことしか興味がないのか。

投稿日時 - 2013-10-06 17:40:17

ANo.5

それは、本気で女性の権利を問題にする
リーダーが不在だからですよ。

女性解放運動で検索すればわかるように、
米国の女性の権利は、与えられたものではなく、
女性たちが、自らの運動で勝ち取ったものです。

なので、日本でも、男女平等問題を社会問題にするならば、
そのような運動をするリーダーが必要です。
市川房江さんの後を継ぐ者がいないのが悲劇です。

例えば、レディースデーや女性専用車両を当然の権利だと
思って享受している女性が多くいるようでは、
運動の盛り上りなんて、望めません。

例えば、女性専用車両は、国土交通省が、
「女性等に配慮した車両の導入促進に関する協議会」
を設置したり、警察が要請したりと、「与えられた」ものです。
こんなものを享受しているようでは、
自らの権利を断固として主張する……なんて、
オピニオンリーダーは当分、現れそうにない。

女性のリーダーとして、自他ともに認める強力なリーダーシップを
持っているのは、緒方貞子さんでしょうが、彼女は、
女性問題よりも、国際問題が専門ですからね……
それに、ご高齢ですから、いまさら、一から女性問題を扱うとは
思えません。
ですが、彼女クラスのリーダーが登場する必要があります。

投稿日時 - 2013-10-06 17:29:37

お礼

女性問題ではなく男性問題なんですけど・・・
同じことっていう意味ですかね。
男性の権利を本気で訴えるリーダーは出てくるんですかね。
同姓からの支持が期待できる女性とは違って、男性の場合は四方八方から袋叩きにあいそうですけどね。

投稿日時 - 2013-10-06 17:36:16

ANo.4

>男が女関連のことでごちゃごちゃ言うことが「かっこ悪い」みたいな風潮が原因
うん、その通りだと思う。
このネットでの君の姿は実にカッコ悪いよ。

投稿日時 - 2013-10-06 17:21:24

補足

>このネットでの君の姿は実にカッコ悪いよ。

というネットでの君の姿も実にカッコ悪いけどね(苦笑

投稿日時 - 2013-10-06 17:23:27

>なぜこれが社会問題にならないのでしょうか?

圧倒的に数が少ないこと。
(数が少ないということは個人的な問題にはなりえても、
社会的な問題ではないということを意味します。)

相対的に男性の社会的立場が高いことから
問題と思わない人が多いこと。でしょうか。

投稿日時 - 2013-10-06 16:54:22

お礼

数は圧倒的に多いと思いますけどね。
ただ被害の声をあげる人が少ないだけで。皆泣き寝入りかと。

問題と思わないというか、問題と思っても言えないんじゃないでしょうかね。
あるいは損得勘定で言わない。

投稿日時 - 2013-10-06 17:09:00

ANo.2

推測ですが、男差別には、深刻なモノが
少ないからではないでしょうか。

深刻というか、大きな不利益というか、
それが少ない、少なくともそういう
認識が世間にあるから、あまり社会問題に
ならない、ということだと思います。

しかし、よくよく考えて見れば、女性差別
だって、それほど深刻なモノがあるのかな、
という感じはします。
給料とか昇進とか、その程度でしょ。

女性を差別するのは可哀想だけど、男は
それほど可哀想じゃない、というイメージの
問題ですかね。

失恋だって、女性は悲惨ですが、男は滑稽です。

投稿日時 - 2013-10-06 16:52:34

お礼

>女性を差別するのは可哀想だけど、男はそれほど可哀想じゃない

という深刻な男性差別意識が原因ですかね、やっぱり。

日本は今はないですけど徴兵制で男性が対象になるのは深刻な男性差別ですよね。
離婚時の親権もその人の人生にとって深刻な差別だと思いますけどね。

投稿日時 - 2013-10-06 17:03:24

ANo.1

「男性差別が社会問題にならない」などということはありません。問題と考えられるような具体例があれば議論しやすくなります。例えば電車の女性専用車が差別などと言うのは屁理屈ですので、具体例があればよいと思います。。

投稿日時 - 2013-10-06 16:41:26

補足

あげればきりがないほど具体例がありますけど。
男性専用車をつくらず、女性専用車だけをつくるのは差別でしょ。

投稿日時 - 2013-10-06 16:58:47

あなたにオススメの質問