こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ストーカー規制法(警察のための?)

ストーカー規制法ですが

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/stoka/stoka.htm

この規制の対象の中に『脅迫罪』がありませんが、「三鷹女子高生刺殺事件」では加害者からメールで「殺すぞ」と送られてきたことを警察は知っていたはずです

ストーカー規制法では、『脅迫』は明記されておらず、ストーカーと想定?された場合、相手への「警告」、それでも続けると「禁止命令」、そしてそれでも続けると初めて「告訴」され逮捕

でも、被害者が告訴しないと検挙することはできない警察



ココで質問です

今回警察は、被害者とその父親から「殺すぞ」と脅されていることを知ったとき、ストーカー規制法ではなく、『脅迫罪』として被害届をその場で受理していれば、この事件は起きなかった可能性はあると思うのですが、いかがでしょうか?


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%85%E8%BF%AB%E7%BD%AA

.

投稿日時 - 2013-10-09 15:24:56

QNo.8298536

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

警察の為という事より、自分家で解決して下さいじゃないですか。祖父の話では昔は何処の町内にも示談屋さんというヤクザがいて、そんなヤカラをボコボコにして追い払ったと云ってます。そういうの復活します ? 。

投稿日時 - 2013-10-10 09:38:55

お礼

確かになんでもかんでもすぐに訴えるという風潮ですよね(ココでも

また、家族や親族・友人にも相談できず(せず)、話が大きくなってからの・・・警察へということもあります

もちろん大きくならないと警察が取り合ってくれないという理不尽も存在しますね・・

今となっては、あれだけの無修正画像も相手が所持していたなどの事情も、正直に話せていれば・・・と、なちゃってますね


回答、ありがとうございました

投稿日時 - 2013-10-10 10:47:38

ANo.3

>今回警察は、被害者とその父親から「殺すぞ」と脅されていることを知ったとき、ストーカー規制法ではなく、『脅迫罪』として被害届をその場で受理していれば・・・
仮に被害届を受理して警察が逮捕(48時間拘束可)して検察庁(24時間拘束可)に送り、裁判所で勾留裁判をして拘束延長が認められるかどうか判りません。
逮捕しても48+24時間で72時間後には釈放ということも考えられます。
>今回の事件は起きなかった可能性はあると・・・
昨日の時点では起きなかったかも知れませんが、その72時間後に起きた可能性もあります。

マスコミ始め警察を非難することで事を済まそうという風潮ですが、このような犯罪を起こさせないためにも多くの人が善良な国民の人権を守るために、善良ではない人間の人権はそこそこ制限されて然るべきといった考えに改めることが大事なのではないかと考えます。

まずは、法律の整備・改革が急務です。

かなり前ですが、「保安処分」という犯罪を犯す恐れがある人物を一定期間拘束できる法律が国会に提出されましたが、当時の社会党や共産党などの猛反対により廃案になりました。

今こそ、再上程が必要ではないかと思います。

投稿日時 - 2013-10-09 21:23:17

補足



× 数日間

○ ここ数日間

投稿日時 - 2013-10-09 21:44:19

お礼

今回の事件報道で、ストーカー規制法の警告(今回は留守電)をすると90%はそこでストーカー行為をやめるという統計がわかりましたが、逆に、警察から自分は探されていると分かったことで、即座に犯行に及んでしまった可能性があがっていました

数日前から凶器を用意し「殺すぞ」とメールを送ったのちに、警察から留守電・・・その数時間後に刺殺

やはり、『脅迫罪』として通常どおり任意で引っ張てきて拘束
その場合は、電話での警告はせず住居をつきとめ、数日間の不在を確認したところで被害者に危険が及ぶ恐れがあることが推測され、下校時に警察が身を守ってくれることがあったのではないか・・・と思うのです


これは警察避難ではなく、規制法が逆に邪魔だったのではないかという考えが浮かんだのです


その点では、確かに法律の整備・改革・見直しが急務かと思います


回答、ありがとうございました

投稿日時 - 2013-10-09 21:41:35

ANo.2

どうですかね。

警察だって脅迫罪の事ぐらい、十分承知して
いるはずです。
何罪に該当するか、なんてのは素人には判らない
場合だってあるのですから、それはあまり
重要ではないはずです。

それに、強姦罪のような親告罪ですら、告訴が
無くても、警察は捜査もできるし、逮捕も
できます。
事実、逮捕した事例もあります。

大切なことは、警察のやる気と、人員など
十分な体制でしょう。
おそらくですが、訴えを総て捜査なんか
していられない。
そんな人員は無い、というのが警察の本音では
ないでしょうか。

最近、警察の検挙率が落ちていますが、これは
警察の能力が落ちたからではありません。

今までなら、警察沙汰にしなかった小さな事件
ですら、どんどん訴える市民が多くなった
からです。
つまり、分母が増えただけです。
その証拠に、殺人などの重大事件の検挙率は
落ちていません。

こういう状態が続く限り、似たような事例は
繰り返されるでしょう。

投稿日時 - 2013-10-09 17:19:31

お礼

確かに繰り返されてしまうと思います

今回の事件では18歳であったことも含め、捜査の手からこぼれてしまった感は否めませんね

回答、ありがとうございました

投稿日時 - 2013-10-09 17:27:38

程度の問題ですよね、難しいです。
酔っ払いが喧嘩してぶっ殺すぞ!
痴話喧嘩、夫婦喧嘩でぶっ殺すぞ!
小学生がぶっ殺すぞ!

さぁ~、どこまで脅迫罪にします?


まぁ、最近じゃ2ちゃんねるなどの掲示板に、小女子(こうなご)を焼いて食べますとか書いた人を逮捕したりしてますし、動いてるとは思いますよ。
一部のバカ庶民のために、お巡りさんほんとご苦労様です。
頭の下がる思いです。

投稿日時 - 2013-10-09 16:17:27

補足

>酔っ払い
今回の相手が酔っていた事実は知りません

>夫婦喧嘩
今回の相手は夫だという事実はありません

>小学生が
今回の相手は大人です

>さぁ~、どこまで脅迫罪にします?
さぁ、質問に質問で変えされても困ります

投稿日時 - 2013-10-09 16:45:39

お礼

回答ではありませんが

とりあえず、ありがとうございました

投稿日時 - 2013-10-09 16:46:54

あなたにオススメの質問