こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ストーカーを殴りつけたら

以前にストーカーを殴りつけ、警察沙汰になったことがあります。
三鷹で若い女性がストーカーに殺されてしまいましたが、防ぐ
方法は警察に相談することだとテレビで言ってました。

警察に相談したことが犯人にバレて逆上を誘ったのでしょう。
警察は被害者を守ってはくれません。
自分を守るには、まず護身のために武術や格闘術を身に付ける
ことだと思いますよ。

警察は事件を知ってから、後で駆けつけるのです。それでは遅い
ですね。

駆けつけた警察官が「こんなにしなくても良いのに」と言ってまし
たが、私は「それじゃ、私がやられりゃ良いのですか。日本の
法律は自分を守ることも許さないのですか。被害に遭っている
人は死ねば良いんですか」と聞いたのです。

警察官は何も言えず、顔を晴らしたその男を連れてパトカーに
乗り込みましたが、日本はおかしいですね。

最近も男に襲われそうになった女性が相手のナイフを奪い、逆襲
して死なせた事件がありました。
これもマスコミは正当防衛をあまり言わず、殺人罪で逮捕される
ことを言ってました。
これはおかしいでしょう。皆さんはどう思いますか。

投稿日時 - 2013-10-10 07:14:25

QNo.8299461

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ストーカー行為について、警察は役立たないことは今までの例からも明らかです。また某銀行が暴力団関連の融資を行っていたいたという点についても、警察は四六時中銀行員を守ってくれるわけではないので、悩む銀行員がいることは想像できます。

日本では豊臣秀吉の刀狩り以来、一般市民が武装することをやめてしまいました。市民を守るのが警察、ということで今まできましたが、もう限界と言えそうです。

アメリカのように銃による犯罪が多発しては困りますが、女性が力の強い男性に対抗するには、武装するしかないのではないでしょうか。どのような武器がよいのか分かりませんが、少なくとも危険を感じた際にはすぐに行動を起こせる物を持つべきでしょう。

地域が互いに知り合い、安定した生活を送れる状況、はもうすでになくなったと言えそうです。

投稿日時 - 2013-10-11 09:50:56

お礼

そうですね、人が信頼しあい助け合って生きられる世の中は
消えてしまったと考えることもありえるでしょう。

私が子供の頃に「ウルトラセブン」という特撮もののドラマが
ありましたが、その中で「メトロン星人」が宇宙ケシの実をタバコ
にしのばせて人間の理性を狂わせ自滅させる。という物語が
ありました。

正に現在の世の中に当てはまるものですね。メトロン星人は
「地球人はお互いを尊重し、信頼しあって生きている。我々は
そこに目をつけた。その信頼を壊せば地球人は自ら自滅する」
と言ってました。

そして物語の最後にナレーションで「これは遠い未来の物語で
す。何故って我々地球人はまだお互いを信頼してはいませんか
ら」で終わっています。

なんとも皮肉な終わり方ですね。

投稿日時 - 2013-10-12 08:48:51

ANo.8

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.7

”警察は被害者を守ってはくれません”
   ↑
警察は忙しいですから、あまり期待は出来ませんね。
残念です。

”自分を守るには、まず護身のために武術や格闘術を身に付ける
ことだと思いますよ。”
   ↑
生兵法は怪我の元といいます。
それに女性が格闘技を練習しても、あまり役に立たない
んじゃないですか。
男には敵いませんよ。
質問者さんは女性ですか?
相手が弱かった、それも気が弱かっただけ、という
可能性が大です。
男が死にものぐるいになったら、大変です。


”男に襲われそうになった女性が相手のナイフを奪い、逆襲
して死なせた事件がありました。”
   ↑
正当防衛が成立するかはケースバイケースです。
後を付けられた、というだけで殺したら
そりゃまずいですよ。
ただ、相手がナイフを持っていた、男と女性、という
ことを考えると、この場合は正当防衛が成立する
ことが考えられます。

”以前にストーカーを殴りつけ、警察沙汰になったことがあります。”
   ↑
そのストーカーはどういうことをやったのでしょう?
後を付けただけでぼこぼこにした、てのはやり過ぎです。
ただ、現実には警察も不問に付す場合が多いと思いますし、
例え起訴されても、実刑になることも少ないでしょう。

投稿日時 - 2013-10-10 18:57:39

ANo.5

> これはおかしいでしょう。

「おかしい」です「が」・・と言う話しなのでしょう。
「では、どうすれば良いか?」と言う、名案や具体的な解決策が無いので。

極論すれば、犯罪を未然に防ぐには、国権に「予防処罰権」などを与えれば良いのですが、それは戦前の特高警察みたいな事態に発展しかねない強権で、恐ろしい事態になりかねません。

また国民の「正当防衛権」は当然としても、「正当攻撃」となると、ちょっと躊躇しますね。
そんな権利を認めたら、現状より多くの問題が発生する可能性の方が高いのでは?と思います。

一つは、メディアの「警察の対応に問題が」と言う論調には、問題がある様な気はしますよ。
警察はしょせん行政サービスであって、国民が能動的に「使役」「利用」するものだし、万全・万能であるハズも無く、限界があって当然です。

その警察に対し、メディアの警察対応を問題視する論調は、国民に警察への「過度の依存心」などを抱かせる方向性ではないか?とは思います。

即ち、「警察に助けて貰う」などと言う受動的な考え方では、今回の様な事態になってしまいます。
この問題を警察権によって解決を図るなら、「警察を、積極的に利用・活用・使役する」くらい、能動的に考えませんと、警察も簡単には動いてくれません。

たとえば、今回の事件で言えば、加害者からのメールに「殺す」と言う文言があった様ですから、これを脅迫行為として立件すれば、警察もより積極的な警察活動が可能で、被害者側はこれを主眼に「警察を動かす」ことを考えるべきではなかったか?とは思います。

「警察が動いてくれない」では無く、「それでも動かす」のが、主権者たる国民の権利ですが、警察動かすためには、正しい知識なども必要です。
従いメディアも、警察批判ばかりでは無く、たとえば「こう言う場合は、警察をこう動かせ!」みたいな方法を積極的に紹介すれば良いですね。
あるは、ストーカ-対策に関する、より良い法制化に寄与する様な公益性を、メディアには発揮して貰いたいところです。

一方では、「警察を利用しても、過度の依存はしない」「それだけで安心しない」などと言う発想から出発すれば、防犯グッズなどの自己防衛とか、コミュイティ(学校,PTA、自治会など)による「自警」なども、生まれやすいのではないでしょうか?

護身術なども良いですが・・。
誰でもが身に付けられるものでも無いし、攻撃亭・暴力的な解決手段は、加害者側が悪用も可能な「諸刃の剣」でもありますよ。

基本的には、人間の「叡知」で解決すべき問題かと思います。
その叡知と言う観点からは、「教育」が最重要で、特に加害者側になりそうな人格に対し、「大切な娘さんを殺されたら、ご両親はどの様な気持ちか?」などと言う、最も簡単で最も重要なことを、国民に徹底的に教育することが肝要と思います。
また、やはり、それに反した場合とか、反する可能性に対する法整備と、社会全体が「絶対に許さない」「絶対に守る」と言う強固な意志を持ち、具体的な取り組みを行うことでしょうね。

投稿日時 - 2013-10-10 11:56:08

あくまでも 現行の法律上 「過剰防衛」ということで「傷害罪」がどうこうみたいですが

実際に もし裁判というふうになれば (裁判員制度が機能すれば) 100% 女性に罪はないと思います。
裁判官は違う判断をするかもしれませんが、親としては

もし わが子だったら 「よくやった!」と褒めます。

この犯罪者にも家族はいるはずです。 
「いつ犯罪を犯すのか」「家族とバレたら近所でも就職先でも結婚でも影響を受けるのではないか」と 
家族にも 見えない加害者になっています。

生活に困窮して万引きしたわけではありません。強姦しなくても全く生活に支障はないわけです。
ですから 非常に「自己中心」であり 「相手のことなんてこれっぽっちも思わない」「家族がどうなろうと関係ない」 人間に
情けは無用です。

根本的な解決策は ぬるすぎる 「強姦罪」「ストーカー」の処罰を厳罰にすることと
加害者に甘すぎる現行制度を 被害者優先 にすること

この二つが大事だと思います。

今回は 強姦目的ということですが 同じように 強盗で入った場合も 強盗を殺してしまったら犯罪なんでしょうか?
ぜったいにおかしいと思います。

また ほんとうに今 傷ついてるのは この女性です。
やむをえずとはいえ 人ひとり殺してしまったショックは 相当なものと思います。

それを マスメディアがめちゃくちゃ叩く

怒りを感じます。

それから ご質問者さまの言われる 「武道」を学ぶ話ですが
ボクサーが けんかをすると一方的に加害者とみなされるように
武道=ナイフ と同じ意味にとられます。

ただ、、たとえば空手とか習いますと 姿勢をはじめ 隙がない感じになるので有効かもしれませんが

「強姦」に対して もっと厳罰にすることが 
自己中心な犯罪者に 「これは殺人と同じくらいたいへんな罪なんだ」とわかりやすいのではないかと思います。
もともと 自己中心なので 「強姦ごときで死刑になるなんて 損 だ」と思ってくれるのでは と思います。

社会的制裁なんて 何の意味もありません。
マスメディアが視聴率が上がって喜ぶだけです。
それより
ほんとうに 刑務所で 「隔離」してほしいです。

もしくは
「去勢」、「薬物治療」

強姦したい人は もう、、病気なので
反省して 治ることはありません。

一時期 西欧のカトリックの神父で 異常に高い 幼児に対する強姦があいつぎました。
自分ではとめられないんだそうです。
病的に 子どもを観たら 好みの若い女子をみたら もう理性ではとめられないんだそうです。
本人も ひどい地獄でしょうね。

人権団体がどうこう言うでしょうけれど
病的なら 薬物療法を検討すべきだと思います。再犯を防ぐために それは 本人のためにもなると思うのですが。

どちらにせよ 今回のは氷山の一角で 
美人でもない私でさえ 被害に遭い続けたところをみると けっこう相当な数の女性が 同じような経験をお持ちだと思います。
県警へはしょっちゅう訴えに行きましたが、
あの当時 ストーカーという言葉はなかったのですが パトロール強化をすごくしてくれてよかったです。
もちろん 襲われて バッグで殴り 正面から蹴飛ばしたことがありますが 訴訟は起こされませんでした。
怪我もしなかったからラッキーだったんだ と 今回の理不尽な警察の応対をみて思います。
(ちなみに友達は 襲われたときに手のヒラに噛みついて重症を負わせましたが訴えらえませんでした)

女性としても 親としても 怒りを感じます。
長文すみません。

投稿日時 - 2013-10-10 08:44:20

お礼

回答ありがとうございます。凶器のナイフが襲った男の物
という検証が出れば、なんの問題もありませんね。
しかも女性が逃げて警察官に助けを求めているのですから。

私もいきなり殴られそうになり、反撃して相手をKOしたことは
何度もあります。相手の名前すら知りませんでした。

強盗かと思いましたが、そうでもないようです。
理由は「いい気になるな。大概にしろ。家でおとなしくしていろ」
でした。
いずれも私の容姿と顔つきから、高みを目指しているのが気に
入らない。というものでしたね。
下らない理由でしたが、そいつにとっては世間で比べられるの
が、どうにもしゃくに触る。ということなんでしょう。
結局、そういう奴はKOされても泣いているだけで理由も話せな
いバカでしたが。

他人を妬んだり、恨んだりしている人間は心底が浅いのです。
ですから殴っても嫌な思い出しか残らない。

まったく、どうしてこういう人間が多くなったのかな。

投稿日時 - 2013-10-10 09:56:52

ANo.3

程度問題なのですが、日本では正当防衛が認められにくいので難しいです。
アメリカみたいに、ハロウィンに「freeze」を「please」と聞き間違えて庭に入っただけで射殺されるのもちょいととは思いますけどね。
例の襲われた女性は、事実があの通りなら正当防衛でしょうけど。(そういう報道もされていたと思いますよ)
刺した場所がたまたま動脈だったのでしょう。太ももの内側に動脈があり、胴に近い部分だと止血は難しいです。手首切っても死にませんけどね。狙って刺したのだと問題ですが。

投稿日時 - 2013-10-10 08:07:09

ANo.2

ストーカーを殴ったら、傷害罪です。

手を出してますから。当然、罪になります。

投稿日時 - 2013-10-10 07:46:56

あなたにオススメの質問