こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

幼稚園・小学校・中学校の課外授業のルールなど

公立の幼稚園・小学校・中学校の課外授業について2点ほど質問があります。

※課外授業、という言葉の定義が私自身曖昧なため、履き違えているかもしれませんが、部活動などではなく、クラス単位での「会社見学」や「プロを呼んで話しを聞いたりものづくりの体験学習をする」というような、単発・一日で終わる体験学習のようなものです。


1.課外授業のルール、決まりごと
バスに乗っての会社見学や、地域のお年寄りが学校に来て竹とんぼ作りを教えてくれたり、というようなことが私自身の小学生時代などにありました。
このようなイベントごと(課外授業)を行う場合、どのようなルールがあるのでしょうか?

たとえば、年間を通して何時間しか使ってはいけない、とか、学校外に出るイベントは何回まで、など。
予算と親御さんのOKがとれれば基本的に制限はない、などあるのでしょうか?


2.予算について
上記のようなイベントごとをする場合、年間の予算を超える場合、先生が自腹を切ったりすることもあるのでしょうか?
逆に言うと、自腹を切れば予算オーバーなイベントの提案を学校側にすることは可能なのでしょうか?
(提案可能な場合、承認される可能性がどの程度あるのかも気になります)



■質問の意図
予算面などの都合がつけば色々な体験学習が出来るということであれば、有志で予算を出し合い、有意義なイベントを増やせないだろうか、というものです。
(有志というのは先生の友達などのことで、その友人(先生)に対して有志で寄付をするような流れです)


もしご存知な方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2013-10-15 10:21:01

QNo.8306422

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 文科省の指導でするものがあったりするようです。

 大体校長先生の権限で行っていたりしているようですね。

 予算は決まっているはずなので、補助金とか。ただし、時々保護者から追加分の徴収とかもありますけどね。交通費は出るけど、其れ以外の活動費。博物館の入場料など。

 それと工場見学などで、抽選という所も有り、抽選で当たったのでということで急遽スケジュールを組んだりしていることもあります。はやぶさのカプセルが公開されているときに、講師の方が来られて話し、校外学習として見に行っていたりもしていますからね。

 ただ、全体の授業日数とかの調整も必要です。

 それとイベントが多くなると、先生達や子どもの負担も増えてきます。タイミング次第では次に別の行事があり、その準備とか大変だったようです。
 
 校外学習も親の負担が生まれます。お弁当作りです。これも考慮しないとね。

投稿日時 - 2013-10-15 11:14:00

お礼

やはり年間を通してのスケジュールを加味するする必要があるため、ハードルが高いようですね。
情報ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-10-30 09:32:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

学校では年間の計画を作りそれに沿って運営されます。
いろいろ計画し、見通しが立てば教育委員会に送りGoがでればOKだったと思います。
予算もその時の見積もりに沿って行われるはずです。
そして市町村議会で通れば予算がおりる、じゃないでしょうか。

ちなみに授業数というのは明確に決められており、何かしらのトラブルなどで減った場合基本的に補填しなければなりません。
ですから国語算数など教科以外に使える時間は非常に限られており、ねじ込むのはまず不可能です。
今土曜授業復活の兆しがあり、実現すれば多少状況は変わると思いますけどね。

ああ、校長の人脈やどれだけ発言力を持っているかでも変わるかなと。

投稿日時 - 2013-10-15 13:32:07

お礼

情報ありがとうございます。 
スケジュールを途中からねじ込むのは無理、という情報などとても参考になりました。

投稿日時 - 2013-10-30 09:31:38

あなたにオススメの質問