こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

NISA口座と特定口座の違い

ネット証券で特定口座を持っています。初心者です。
毎日画面を見て、ちょっとした、デイトレ-ダ-気分で、
少額ですが、売買して楽しんでいます。
(今年は、アベノミクスで、お小遣いゲット出来喜んでいます。)

今回 NISA口座を、単に 利益が100万円までは税金がかからないのだと思い、
申し込みましたが、1年で100万の投資金額だとわかり、
今、私が楽しんでいる、2,3日で、売買するのとは、
意味が違うようだとわかりました。

NISA口座を開設しても現在の特定口座で、
来年からは、利益の20%は税金に取られるみたいですが、
今までのように、売買することもできるのですよね?

長期で持つつもりの商品は、NISA口座で買えばよいということなのですよね?

簡単に、NISA口座を開設申込してしまいましたが、
何も買わずに、単に口座だけ持っていても、損することってないですよね?
もし、損することがあるのなら、
今の特定口座の株も、今年中に全部売ってしまおうかとも思っています。

どなたかご存知の方宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2013-10-16 17:19:56

QNo.8308241

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

★回答

(1)ネット証券で開設したほうがメリットが多い

理由 投資信託 日本株 US株 チャイナ株 選択できる範囲が多い
 
投資信託など 手数料無料 振込みも無料 がある

(2)仕組みが 海外のISAを基にし コピーした NISASは くず

損益通算できない 損の繰越が出来ない 『儲けに税金かからない』でだまされるな
長期で新規お金を呼び込むための 役人が考えた方式と考えられる

一部の 銀行 証券会社はいいことしか言わないので注意すべきだ

信用出来る 正直な 証券会社のセミナーを聞く
http://www.youtube.com/watch?v=DNqQ_CQCcrw&feature=c4-overview&
NISAに適した銘柄探し
http://www.youtube.com/watch?v=CM2QXjKaI8A&feature=youtu.be



(3)NISASは 長期で持つ必要はない ギャンブル的口座でもある

ネット証券ならインバースETFで下げたら儲かる投資も可能だ
儲かったらすぐ売ったほうが得な場合もある


(4)NISA(少額投資非課税制度)について
来年、現保有株を売ってNISA口座で買い直したほうがよいのか?
それともこのまま一般口座で運用したほうが良いのか?

Q&A ベストアンサー参照
http://okwave.jp/qa/q8242565.html

(5)来年の相場しだいで 大きく変わる

現在 11月~2013年5月までは上昇トレンド
その後 レンジ相場である 
来年から長期で株式市場がどうなるか?
消費税の影響などよく考えるべき

参考すべき Q&A ベストアンサーなど
http://okwave.jp/qa/q8267166.html
http://okwave.jp/qa/q8284649.html
http://okwave.jp/qa/q8290900.html

投稿日時 - 2013-10-17 04:31:49

お礼

ご回答有難うございます。

とても詳しい御説明頂き、有難うございます。

また、>参考すべき Q&A ベストアンサーなど 
を拝見し、株主優待目当てで、長く保有する株は、
NISAで買えばいいということですね。
それは、良い考えだと思いました。
大変良くわかりました。

有難うございました。

投稿日時 - 2013-10-17 09:44:10

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

特定口座で「今年中に売却すれば税率が10.14%(復興加算税込み)」なのは「源泉徴収あり」の場合で、かつ「源泉徴収だけで処理が完結」する場合だけです。
今年分でも確定申告に持ち出すと所得税20.4%(復興加算税込み)住民税6%の本則通り26.4%必要です(但し過年度の損失がある場合は損益通算が可能です)。
株式配当金についても、源泉徴収で完結すると10.14%の源泉分離ですが「本則通りに総合課税」(申告分離は株式の損失と損益通算する場合)を選択する事も可能で、こちらは総合課税ですから所謂「103万の壁」問題(確定申告に持ち出す事は全て所得として反映されるが確定申告しないなら所得に反映しない)に直結します。配当金を総合課税にするメリットは「最大10%の配当控除」(税額控除)が受けられる事です(分離を選択すると配当控除は放棄になる)。
配当控除は仮払「法人税の還付」である為「所得税の戻りが無くても還付」されるのです(「法人税は所得税として申告納税される迄の仮払い」…「株式会社は飽くまで個々の株主の集合体である」のが税制の捉えかたです)。
NISAは基本的に固定的に貯蓄していた新規資金を株や債券(社債)に振り向けるのが目的(だから国債に使っても違法では無い)ですから、新規資金を投資しないから枠を放棄するのも自由ですし、一発勝負ですぐに使い切るのも使い方です(3日で転売して大儲けしても利益非課税には変わり無いですから)。極端に個人向け国債を1万円だけ非課税で買う抜け道も。

投稿日時 - 2013-10-18 05:45:05

お礼

大変詳しく説明いただき有難うございます。

なのの、あんまり意味わからなくて・・・申し訳ないです。

きちんと勉強もせずに、ネットで株値を見て楽しんでいますが、
損だけはしたくないとおもっていますが、
そう、上手い話はないですよね。
この際、もっと勉強してみます。

有難うございました。

投稿日時 - 2013-10-18 09:36:35

ANo.2

いろいろ調べていると、NISAは証券会社と相性が悪いということがわかってきました。
まず第一に言えるのは限度額100万円ぴったりで株式を買うことは至難の技です。
銀行預金や投資信託ならまだ可能ですが。

次に一度買ったら売れない(売ったらもうNISAは捨てたようなもの)ので、おっしゃるように長期用ですね。

またNISA適用株の配当は証券会社が管理しますが、NISA以外の株も同様の扱いとなるそうです(S○I 証券で電話確認済み)。

では証券会社以外でNISAを生かすものはあるかというと、預金系では金利の税金なんておそらく天文学的数字で割り算することになり、
意味がありません。
個人的には好きではないですが、投資信託ぐらいでしょうか?

なお、NISAの有効期限は5年で、毎年100万円積み上がって最高500万円まで増えますが、一度口座を設けるとすぐに新たな口座変更することはできないので、何とも不便ですね。

投稿日時 - 2013-10-16 19:58:17

お礼

ご回答有難うございます。

>限度額100万円ぴったりで株式を買うことは至難の技です。

1000万ならともかく、え~~たったの100万?て思いました。
ほんと難しいですよね。

>投資信託ぐらいでしょうか?

そうですか。。
とても参考になりました。
有難うございました。

投稿日時 - 2013-10-17 09:34:48

ANo.1

NISAは基本的には意味がないと思いますよ。


そもそも年間の投資金額100万円に対する利益って、通常の銘柄なら高が知れています。そこを無税にしてもらっても大してうれしくありません。なのでNISAで狙うなら大きな利益が期待できる商品でなければ意味がありません。

その上NISAでは損失が出た場合に他の金融商品との合算ができません。ので損失が出る可能性が高い商品の場合逆にトータルの税金が高くなるので、そのような取引には向いていません。

つまり損失を出す可能性が低く、大きな利益を出す可能性がある商品に向いているといえますが…そんな商品はないでしょう…。


投資に無関心もしくは知識や経験が浅い人に「利益が出ても税金を払わなくていいんですよ」といって興味を持たせるための制度に過ぎません。普通に投資を行っている人にはうまみはほとんど無いゴミみたいな制度だと思います。

投稿日時 - 2013-10-16 17:43:47

お礼

ご回答有難うございます。

>「利益が出ても税金を払わなくていいんですよ」
   ↑↑↑
一般人も簡単にネットで株が買える状況になり、
アホな私は、まさに そう思っていました。

>NISAは基本的には意味がないと思いますよ。
>普通に投資を行っている人にはうまみはほとんど無いゴミみたいな制度

そういうことなんですね。
今まで通り、お小遣い程度を楽しみながら画面を見て、
僅かな利益から、大きな税金を引かれて、
それでも損しなかったと、小さな喜びを得ていきます。
有難うございました。

投稿日時 - 2013-10-17 09:29:21

あなたにオススメの質問