こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

もし、日本で死刑を廃止したら?

日本人は死刑が大好きです。それで、日本人が死刑を絶大に支持する理由に 殺人などの凶悪犯罪の抑止力というのがあると思います。
ある方の意見によると、
“英仏カナダなどをみますと、死刑を廃止したら、殺人が激増
した、という調査結果が出ています。
カナダは、減ったと説明する人もいますが、これは公務員殺害と
普通殺人とを比較したもので、非常に恣意的です。
普通殺人だけなら、2,42倍に増加しています。”
だそうですが、これはかなり作為的なものを感じますし、日本にはあまり当てはまらないような気もします。
日本では殺人事件が年間、千件ほど起きていますが、そのうち死刑になるのは全体の 1%~2%に留まっています。
一方で、日本では年間 約3万人が自殺しています。

そこで質問ですが、もし、日本で死刑を廃止した場合、どれくらいの殺人事件の増加が予想されますか?

投稿日時 - 2013-10-26 09:29:30

QNo.8321165

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ほとんど変わらないんじゃないか。

なぜかというと、日本人は法律より世間体を気にするから。

「人殺し」というレッテルを貼られるのは
日本では特につらいからな。

投稿日時 - 2013-10-26 09:36:17

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-10-26 09:41:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

”もし、日本で死刑を廃止した場合、どれくらいの殺人事件の増加が予想されますか? ”
     ↑
殺人というのは、これも二つの種類に分けることが
出来ます。

一つは、激情にかられて衝動的に侵す殺人です。
この種の殺人については、死刑はあまり威嚇力が
ないのではないか、と言われています。

他の一つは、計画的に行われる殺人です。
保険金殺人とか、ヤクザの出入りとかが典型で
この殺人については、死刑はかなりの抑止力が
あると言われています。

ある関東地方のヤクザの幹部がインタビューに
答えていました。
「出入りで、爆弾や機関銃を使わないのは、被害者が
 沢山でたりして、死刑になるのが怖いからだ」


そして、平成8年の統計によりますと
計画性のある殺人は、全体の65,8%
で、計画性のない殺人は、34,2%
という数字がでています。

つまり、この計画性のある殺人に対しては
死刑の威嚇力は期待できるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2013-10-26 18:05:53

お礼

回答ありがとうございます。

>ある関東地方のヤクザの幹部がインタビューに
答えていました。
しかし、ヤクザって死刑になって死ぬよりも 組同士の闘争や 組内のいざこざとかで死ぬ方がずっと確率が高いと思うんですけどね。

>つまり、この計画性のある殺人に対しては
死刑の威嚇力は期待できるのではないでしょうか。
でも、裁判員裁判では その“計画性”というのはあまり重要視されない傾向にありますね。
松戸市女子大学生殺害事件の裁判でも 裁判員たちは “計画性”をほとんど考慮に入れていないようだったし。

投稿日時 - 2013-10-26 18:17:17

ANo.6

ワタシは死刑賛成派で、死刑をなくすなら強制労働復活派です。

件数・・・あんま変わんないと思います。
日本での死刑は抑止力というより、「目には目」といった意味のほうが強いと思います。

最近は自分で死ぬ勇気がないから死刑にしてもらおうというクズな奴が現れています。
こういうのが減る分、ヘタすると殺人減るかも。

投稿日時 - 2013-10-26 13:02:55

お礼

回答ありがとうございます。

>日本での死刑は抑止力というより、「目には目」といった意味のほうが強いと思います。
同害報復の考えですね。DESTROY11さんは 文字通り 失明させられたら それ相当の賠償金を蹴ってでも 相手も失明させる権利を選びますか?

あと、目には目の真骨頂は 自分の娘が強姦殺人されたら、相手にも娘がいたら その娘を強姦殺人することです。娘がいない場合は 妻、妻がいなければ母親、それもいなければ 本人のケツを掘って殺すことになりますかね。でも、それじゃ 釣り合わないでしょ。

投稿日時 - 2013-10-26 16:27:15

ANo.5

死刑を廃止して、終身刑を。
そのようなことになっても
ならなくても、事件の件数は
変化しないのでは。

死刑になりたいから誰でもよかった。とかの
通り魔事件は、減ってくると思います。

無期懲役と終身刑。
この区別も必要になるのかどうか。
死刑にするのではなく無期懲役で反省させる。とかの
判決がある。それらの判決をどうもっていくのか。
死刑の廃止後、別の議論が出てきそうです。

投稿日時 - 2013-10-26 11:35:53

お礼

回答ありがとうございます。

>死刑になりたいから誰でもよかった。とかの
通り魔事件は、減ってくると思います。
ある人は こういうのを「ふざけている」と言っていますが、殺人犯って 厭世的になった人も少なくないと思うんです。守るべき家族も地位もなければ、自分の命だってそんなに大切にしていない。それに、人生に絶望した人は自殺をすることも多いですね。日本では殺人件数が1000件程度に対し、自殺者数は3万人に上るというのは異常ですよね。また、自殺の理由には 自分の命を捨てて 世間にメッセージを残すというのがありますが、これだって、他人を巻き込んだ方が効果が大きいし、また、生きるのが嫌になっても死ぬのが怖いという人もおります。

>無期懲役と終身刑。
この区別も必要になるのかどうか。
日本の刑罰は更生するというのが一番の建前ですから、刑期が終えたら釈放するという前提があると思うんです。そうすると、終身刑というのは 無意味ということになりますね。

投稿日時 - 2013-10-26 11:50:13

ANo.4

程度は分かりませんが殺人事件は増加すると思います。

私は死刑廃止に対しては反対です。
私の考える死刑の意義は、残された遺族の悔しさ、悲しさなどといった感情の慰撫であり、怒りの代弁です。

もし私が遺族となるようなことがあり、殺人犯がのうのうと生き延びるようなことがあれば、その悲しさのあまり私が殺人犯に対して殺人を犯すことになるでしょう。
そしてその際、潔く法の下で裁かれるような手法は取らないかもしれません。

同じ様な発想の下、これを実行する人が出てくる事は確実であると予想することから、報復殺人が行なわれる分だけに限って考えても殺人事件が増加すると言えると思います。

但し、それが表立って殺人事件として処理されるか、事故として処理されるかは実行犯の資質及び司法機関の能力に因るので統計上変化しない可能性もある点、注意する必要があります。

投稿日時 - 2013-10-26 11:02:30

お礼

回答ありがとうございます。

>私の考える死刑の意義は、残された遺族の悔しさ、悲しさなどといった感情の慰撫であり、怒りの代弁です。
質問でも書いたように 死刑になるのは殺人犯のうち、全体の1%~2%ですし、また、残りの1%~2%の中には死刑を望まない人もいるし、残りの死刑を切望していた遺族の中には いざ加害者が死刑になっても底知れぬ空虚感に襲われ生きる目標を失ったり、重い十字架を背負う人もあります。また、遺族のいない人 や 親族殺人のケースとか 色々あると思います。また、遺族を3親等内の親族、または2親等以内の姻族と考えた場合も温度差が大きいと思います。まあ、100人の無念を感じた人が101人に増えると思いますが、この数字をどう捉えるかですね。ただ、この件に関しては 質問の趣旨からは少し逸れますので、後日 新たに質問を立てようと思います。

>もし私が遺族となるようなことがあり、殺人犯がのうのうと生き延びるようなことがあれば、その悲しさのあまり私が殺人犯に対して殺人を犯すことになるでしょう。
pupPeTeer119さんも危険な人ですね。現在の日本で死刑があっても、一人殺したくらいでは滅多に死刑になりませんから、 pupPeTeer119さんも殺人者になる素質はあるということです。 殺人というのは 何も特別な人が犯すのではなく、pupPeTeer119さんのような普通の人が殺人を犯すことが多いということです。そして、殺人動機の中で 復讐というのは非常に強い動機にもなり、殺人の動機でも高い割合を占めています。 私思うんですが、死刑が抑止力を持つには 復讐を厳しく戒め、復讐による殺人も容赦なく死刑にするか、「命を命で贖う」のは間違いだということを国民に啓蒙し 結果的に死刑を否定する方向に持って行くことだと思うんです。現在の日本の死刑制度では 国民の復讐心理を容認するようなものです。

投稿日時 - 2013-10-26 11:28:01

ANo.3

少年が少年法を知る事になって犯罪が増えた経緯と似た様な状態になるかも知れません。
人を殺しても死刑が無いし、無期懲役が最高刑としても模範囚で居れば何れ仮出所も可能であるし。
それらから見れば殺人事件の増加は予想の範囲でしょう。
どのぐらい増加するかと言う点については、その時の世の中の状況にも左右されるでしょうね。
それでも1.5倍まで増えるかどうかと言う所と考えます。
また、犯罪者の増加に刑務所数が対処できずに新たな刑務所建設が課題となり、候補地では反対運動まで起きるでしょうね。
それに刑務所の予算が増加し回り回って増税の火種にもなり、結局は死刑制度の復活論は出て来るでしょう。
何れにしても死刑制度廃止とした場合、他の法律や警察の職務権限も変えていかないとバランスが取れないでしょうね。
つまり絶対逮捕ではなく、状況に寄っては裁判所への射殺申請にて射殺令状発行により射殺やむなしと言うケースも必要になるでしょう。
簡単に死刑制度廃止と叫ぶ人や団体もありますが、それならそれに変わる抑止やケアも具体的に出すべきでしょう。
しかも現実的な物を。

投稿日時 - 2013-10-26 10:27:03

お礼

回答ありがとうございます。

>それらから見れば殺人事件の増加は予想の範囲でしょう。
どうでしょうね。単純に考えて殺人を犯しても98~99%は死刑にならないわけですし、残りの1%~2%の死刑になるような凶悪な殺人を犯す人間は 死刑に有無にかかわらず殺人を犯すと思うんですよ。ですから、
殺人も1人で止めるという抑止力は働いているかも。もし、永山基準がなくなったら、連続殺人に歯止めがかからなくなるかもしれません。

投稿日時 - 2013-10-26 10:39:07

>どれくらいの殺人事件の増加が予想されますか?

たいして変わらないと思います。

日本では1人殺しただけでは、滅多に死刑になりません。

2人以上殺すような人は、死刑が怖いから殺人を犯さないとか
そういう頭はないと思います。

投稿日時 - 2013-10-26 09:47:32

お礼

回答ありがとうございます。

死刑大賛成の人って、死刑賛成の理由として、真っ先に 殺人などの凶悪犯罪の抑止力を挙げると思います。
しかし、それが否定されても 死刑賛成の考えを曲げる人は非常に珍しいですよね。それでは daibutu_puririnさんにとって 死刑の最大の意義とは何でしょう?

投稿日時 - 2013-10-26 09:52:38

あなたにオススメの質問