こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

白背景の製品を撮影する際の照明について

仕事で、商品を白背景の上に置いて撮影することになりました。
ネットショップなどでよくやる商品撮影ってやつです。
商品は主に小さく、30センチ角くらいで、黒などの濃い色が多いです。
レフ板とか、大型の照明などの撮影設備はありません。

まず、部屋の照明(蛍光灯)と、商品の上にZライトのようなテーブルライトを持って光を当てて撮影したのですが、撮影画像をパソコンに取り込んで見ると、全体的に暗くなってしまっています。

カメラで露出を調整して明るくして撮影してみたのですが、明るくはなりますが商品の色が白っぽくなりすぎてしまいました。

これはやはり、専用の照明を使いもっと明るくするのが一番良いのでしょうか?
明るすぎて商品が白っぽくならないでしょうか?

また、カメラの設定もAUTOにしているので、撮影した画像によって明るさが極端に異なっているものがあります。こちらもAUTOではなく、自分で適切な明るさを設定した方が良いのでしょうか?

投稿日時 - 2013-11-01 10:32:42

QNo.8329289

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>部屋の照明(蛍光灯)と、商品の上にZライトのようなテーブルライト
色温度が異なる照明(光源)は良いと言えません。
複数の照明器具を使う場合は色温度を揃えた方が良いでしょう。
部屋の照明とテーブルライトの色温度が異なると
部屋の照明の光が強い部分とテーブルライトの光が強い部分と色合いが変わってきます。
蛍光灯だけでも 電球色 温白色 昼白色 昼光色 白色など色温度は様々です。)

照明の色温度を統一するのが難しい場合は商品より大きめの白い板をレフ板として利用して見て下さい。
照明が暗い場合は昼間太陽光が直接当たらない室内で撮影してはいかがでしょう。

>撮影画像をパソコンに取り込んで見ると、全体的に暗くなってしまっています。
モニター自体の調整が暗いのかもしれません。
下記URLを参考に
http://takora.m45.coreserver.jp/entrance/monitor_setting.htm
色合いなどの調整も本来は必要ですが難しいのでネット上の写真が自然な色合いに見える程度で良いでしょう。
ちなみにプロはそれなりのモニターを使いキャリブレーターで定期的に調整しています。
http://www.eizo.co.jp/products/ce/index.html
http://news.mynavi.jp/articles/2013/06/13/cf2/
ネット上に画像を公開した場合見る人のモニター状態は様々なので・・・・・・。

>カメラで露出を調整して明るくして撮影してみたのですが、明るくはなりますが商品の色が白っぽくなりすぎてしまいました。

補正し過ぎのようです。
細かく補正値を変え複数撮り(段階露出)最適な明るさ(露出)で撮れた1枚を選びます。
http://www.dejikame.net/z0534.html
http://cweb.canon.jp/cpc/starteos/04-08.html

撮影後レタッチソフトである程度の明るさ、コントラストの調整は可能です。
デジカメ画像の場合、暗めの画像のほうが補正し易いようです。
添付画像は下記URLの露出のずれた写真を補正したものです。
http://design.graphic.jp/static/howto_camera/topics_004.html
上半分を右側の暗く撮れた画像を補正
下半分は左側の明るく撮れた画像の補正です。

画像の補正はMicrosoft Office に付属されているPicture Managerでも可能です
http://www.pcyumekobo.com/retouch/retouch.html
http://pasoboo.blogspot.jp/2008/07/microsoft-office-picture-manager_19.html
デジカメの付属ソフトでも出来るかもしれません。

適正露出(明るさ)、適正ホワイトバランス(色温度)で撮影したいならば、
18%グレーの標準反射板を利用して見て下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/mikucharat14/12649429.html
大きなカメラ店で売っています。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2013-11-01 22:45:06

お礼

ありがとうございます。詳しいデータ、参考になります。

じっくりと拝見させていただきます。

投稿日時 - 2013-11-14 12:18:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

カメラの撮影モードを「マニュアル」にする。
測光モードを「スポット測光」にする。

商品を撮影する絞り値を決め、商品が黒ければ一番黒いところをスポット測光し-3になるようにシャッター速度を設定すると黒く潰れます。すこしディテールを残したければ-2.5にする。
商品が濃い緑であれば一番濃いところをスポット測光し-2.5になるようにシャッター速度を設定する。

あるいは、商品を撮影する絞り値を決め、白背景をスポット測光し、背景を飛ばすのであれば+3に、すこしディテールを残したければ+2.5にする。

これを基本にして、好みの濃度に撮影する。

光源、影を少なくするレフ板(白い紙で良い)などについては、既出の回答を参考にすると良いでしょう。

投稿日時 - 2013-11-02 14:27:15

明るさについての質問ですのでその点に絞って回答します。

カメラを自動露出で使うと、明るさはカメラが決めます。照明を強くしても光源の種類を変えても改善される事はありません。
一度自動露出で絞りとシャッタースピードがいくつになるか観察し、手動露出に切り替えてから絞りとシャッタースピードを先ほどの値にセットします。そこから絞りかシャッター速度を、0.3または0.5段、明るく撮れる方に調節しながらテスト撮影して、好みの明るさを見つけて下さい。

また、照明が一つだけでは、(大型の面光源を持つ照明でないと)被写体すべてに光を回す事が難しいので、白い板や紙を被写体のそばに置きレフ板として使用して、明るさが足りない部分に光を当てて下さい。暗くなってしまう面に光を足すイメージです。
単体露出計があれば、どっちの方向から来る光がどのくらいの明るさで撮れるか、事前に調べる事が出来ます(使い方・測り方を覚える必要はあります)。

投稿日時 - 2013-11-01 12:53:50

ANo.2

うちも社内で商品写真をデジカメでとっています。
独学でやっているので、参考にする程度で見てください。
撮影用照明は購入して2個使っています。レフ板はないです。
まず光は蛍光灯などは使わない方がいいです。
直接光が商品に当たるような撮影だと商品に光が反射して
見栄えがよくないです。
わたしの所では室内の電気は消して照明だけつけます。
照明は屋根などに向けて商品に向けません。
光を部屋全体にぼかす感じです。
カメラのモードはPモードで+1.3くらいに設定します。
なるべく遠くからズームにして撮ります。
この方法でいい感じの明るさで商品が撮れています。
参考までに・・・。

投稿日時 - 2013-11-01 11:50:20

ANo.1

露出不足の要因は、背景に露出が引っ張られている為。
カメラの機種は解りませんが、基本、マニュアル露光かスポット測光です。
オート露出オンリーなら、プラス側への露出補正でも対応できます。
適正露光をマスターしたら、RAW現像のスキルアップですね。(RAWで撮れないカメラもあります)
商品なら、背景はグレーでも、レタッチで切り抜きとパース補正も可能です。

商品を良く見せるのも、ライティングテクニック。
ただ、こんな商品ならこんなライティングと言う程簡単には、参りませんので回答は控えます。

投稿日時 - 2013-11-01 11:33:48

あなたにオススメの質問