こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「経理」の範疇はどこまでですか?

派遣で、営業事務で今の会社に入りました。

先日、経理をやっていた派遣の女性が辞めることになって、その際新しい人を派遣会社の人が連れてきたのですが1週間で辞めてしまいました。
元からいた経理の女性が辞める日までに次の人が見つからなかったので、派遣会社の人から

「あなたに経理をやってもらうって話になっている。その時は時給を上げる」

と言われました。

ところがその後上の人たちの決定で、パートタイムで1日2~3時間、週に3~4日だけ来る会長の娘(一応役職付きですが経理経験は無いそうです)が経理をやることになりました。
理由は「派遣社員だけに現金や小切手を扱わせるのは問題がある」ということだそうです。

それはそれでいいのですが、会長の娘はそうやって会社にいる時間が少ないため、「現金(小切手等含む)を直接扱う仕事」以外は全て私がやっています。

請求書を発行して取引先に送ったり、仕入金額と納品書の金額が合っているか照合して消込をしたり、その他会計ソフトへの入力も全て私がやっています。

派遣会社の担当の当初の話では
「あくまでも『経理担当者のサポート業務』なので『経理業務』にはあたらない。あなたは仕入伝票を打つだけでいい」
ということで時給も据え置きです。

しかし蓋を開けてみると伝票を打つだけどころではありません。

「経理」の会長の娘が日中ほとんど会社にいないため、「お金を直接触る」以外の経理的業務はほとんど私がやっています。
もちろんこれまでの営業事務の仕事も同時にやっています。

結局、仕事が増えただけで「経理ではない」という理由で時給も上がらず、定時後の残業はできない(事務所を閉められてしまう)ため、人より2時間以上早く出社して業務を行っています。
もちろん早出残業は認められません。

「お金を直接触らない」=「経理ではない」
という定義は正しいのでしょうか。

そもそも、どこまでが「経理」でどこからが「経理ではない」のでしょうか。

投稿日時 - 2013-11-01 17:57:47

QNo.8329753

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>そもそも、どこまでが「経理」でどこからが「経理ではない」のでしょうか。

現金を扱うことも含めて、
その手の帳票を扱うのはすべて経理です。

ふざけた話なんで、
その業務自体を拒否するか、
2時間の早出残業を認めさせるか、
時給単価を上げるか
そのどれもが認められないなら
そこの仕事自体お断りするか
してもよいと思います。

投稿日時 - 2013-11-01 18:11:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

業務のフローを書き出してみましょう


1 入金関係

  売掛金の管理、請求、入金の確認、領収書の発行・・・・


2 支払関係

  請求書の確認、支払、領収書の受領、証拠書類の保管・・・・・


3 給与関係

  時間管理、給与計算、支払、天引き、納付・・・・

という具合に。
できれば、毎月 1年 のサイクルに沿って。

で、それぞれに、どれは、いつごろ、誰がする・・・ と表にするのがいいと思いますよ。

自分で、できる範囲(時間内に正確・確実に)も表現しましょう。

で、上司に正式に検討してもらうことです。現状、これ全部は 一人では無理ですよと報告することです。
会長の娘も勤務時間を延ばすか、短くて戦力にならないなら、他の事務員を雇ってもらうことです。

ただ、「給与の単価を上げる」という点では、経理事務の定義づけは各会社で違ってもしょうがないです。

経理でも、他の部署の給与と同じ という会社もたくさんあります。

投稿日時 - 2013-11-01 20:56:47

お礼

ありがとうございます。

質問を投稿した後に何か変な方向に動いていって、辞めたはずの経理の人が新しい仕事が終わってから夜こちらの会社に来て経理の処理をしています(その間の給料は会社から支払われます)
本人が言い出したことのようで、要はダブルワークのようなものです。
私の仕事量は増えたまま、夜経理の人が来たら逐一チェックされて小一時間説教される毎日で、私の精神が参りそうです。

投稿日時 - 2013-11-05 11:17:44

あなたにオススメの質問