こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ASEAN前、既に中国は負けていた。

先程、webのニュースを読んでいました。ASEAN外交筋から漏れた情報のようで、既に先日、終了した会議の事と思います。中国が、懸念事項とされていた【南シナ海領有権争いを、東アジアサミットの議長声明から、削除するよう要求していたそうです。それに対し、日本、アメリカや、南シナ海で対立するフィリピン、ベトナムが猛反発したようで、最終的には、議長国のブルネイが、参加国の意向や会議での議論を踏まえ最終的に南シナ海問題の記述を声明に明記したそうです。と、言う事は、結果的にウヤムヤに終わった感のある会合でしたが、アメリカさえ、国内であのような事さえ無ければ、ここで中国を封じ込めていたと言う事でしょうか?また、中国は、再三に渡り、日本海や、東シナ、南シナ海で、軍事演習を行っていますが、中露合同演習後に、日露で合同演習を行っていると言うのは、かなり、脅威に感じているのでしょうか?これではロシアは一概に中国側とは言えず、むしろプーチン大統領は、相当中国に対し、良い気はしていないようで、こうなると中国は、簡単には動けない様になったのではないでしょうか?何せ100年程前には、相当の屈辱を味わっていますので、その恨みたるや相当のモノとの事ですが、今回も同じ事を繰り返しますかね?相当恐怖を感じていると思いますので、手を出して来ないのではないか?とも思うのですが?中国に【我が世の春】など訪れる日は無いと思っています。

投稿日時 - 2013-11-02 18:10:33

QNo.8331023

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>>◇中国に【我が世の春】など訪れる日は無いと
   思っています。

同意です。
中国は、共産主義を選んだ時点で、終了しました。
中国の共産主義は、やがて、独裁政権になり、私兵に過ぎない人民解放軍と武装警察という暴力装置で以って国民を力で抑え付けざるを得なくなりました。
このような統治体制は、いずれ、目覚めた国民によって崩壊させられることは、歴史の必然です。
中南海の老人たちもそのことはよく知っており、注意はしていますが、何をやっても、共産中国の崩壊を止めることはできません。
「蟷螂の斧」ですね。
僕は、大陸の壮大な「政治ショー」を、左団扇で見ることにしています。(^ω^)

【画像の説明】
 崩壊は免れない、お隣の国の国旗

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2013-11-02 19:06:45

お礼

ありがとうございます。その【斧】も己自身を過信し、振り上げたものですから、納める場所も無くなりましたね。国民を煽ったのは、共産党自身ですから、この代償は安くは無いですね。テロの責任にし、無差別に弾圧する予定だったのかも知れませんが、その手も見透かされたようですし。

投稿日時 - 2013-11-02 19:35:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問