こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

続 弁護士の選び方は?

離婚調停中です。子供はおらず、財産分与と慰謝料が争点です。夫側には弁護士が付いています。私も今、弁護士さんを探しています。

自分にとっての落ち度は、「夫の共有財産を1人で使い込んでしまった」ところです。もちろん全部ではありませんが、仮に500万円の預金があったとしたら、私は1人旅行や服、化粧品に200万ほど使いました。

勝手な言い分ながら、夫からの精神的暴力を受け続け、離婚したいと訴え続けたにも関わらず、ずっと無視され続けた自分の辛さを、私はお金を使い込むことで発散させたのです。

このことについてA弁護士は「夫婦の共有財産なのだから使ってもいいのです。使ったもの勝ちです。返す必要はありません。強気でいきましょう」と言ってくれました。

B弁護士は「いかなる理由であろうと夫婦の共有財産を勝手に使ったのはダメ。弁償です。使い込みの理由は慰謝料請求の時に訴えるべきです」と・・・

B弁護士の言い分には納得なのですが、私にとって、こういう厳しいことを言う弁護士が、最後まで共に頑張ってくれるのか・・・それとも、これぐらい厳しい人のほうがいいのか・・・

相性が大事だと言いますが、正直B弁護士(女)にはいろいろ言いにくいふんいきで、共感というものもあまりしてもらえなかった印象を受けました。

弁護士によっていろいろ考え方、戦略はあるんでしょうが、みなさんならどちらの弁護士を選ばれますか?

投稿日時 - 2013-11-03 09:30:04

QNo.8331816

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(2)です。
私の頼んだ弁護士、そんなに良かった訳で無いと思います。多くの数を経験していただけ。いつも多くの案件を持っており、私への連絡も事務の方からばかりでした。だからこそ、先を見越して用意が出来たのだと思います。
また、元夫側の弁護士が、あまりにもお粗末だった上に、高齢で、裁判官も驚くような言動などもあり…。そう言った差が大きかったと思います。
私の場合、調停は決裂して、裁判まで行きました。だから、弁護士を頼んだんです。作成した訴状なども弁護士(担当事務?)が添削してくれたり、そういった面も、お世話になりました。

弁護士同士に「しがらみ」「力関係」無いとは言いませんが、あまり問題ないと思います。
そう言った物を気にしていたら、仕事になりませんから…。

都道府県単位の弁護士会があり、その弁護士会自体もいくつかの地区単位に分かれています。同じ支部に所属していても顔を知らないという事の方が多いと思います。
依頼の調停などで、相手側として顔を知っている、名前を知っている程度ですね。
お互いにいつ相対するか判らないので、そんな関係をつくる事もないと思いますよ。
ただ、よく相対してしまう弁護士同士だと相手のやり方が分かっていて、やりやすい、やりにくいとか言うのはあるかもしれません。

力関係。私の場合は、一人だけの弁護士に頼むという事が不安だったので、弁護事務所に複数弁護士のいる所を選びましたが、その事務所のトップが、ニュース(地方)になる訴訟で必ず名前が出てくる人でもあったので…交渉には強そうかなと選んだ理由の一つでは、あります。

他府県の弁護士の場合、弁護費用の他に、調停ごとの出張費?交通費?が発生すると思いますので、割高になるかなとおもいます。

日記をつけていたのは良かったですね。その日記を元に、こんな事を言われた。それに対しての思った気持ちも入れておくと良いそうです。(こんな事が原因で口喧嘩をして、こんな暴言を吐かれた。そして、心がどう傷付いたか)

ただ、焦って、変な弁護士に頼むのは、辞めた方が良いと思います。
調停と言う場は、調停員の二人をどのように自分側の味方にできるか、思いを共感してもらえるかだと思いますので、調停が不調で終わり、訴訟となったら弁護士が必要と考え、じっくりと選んだほうが良いと思います。

投稿日時 - 2013-11-04 15:52:50

お礼

本当にありがとうございます。…そうですね、焦って探さないようにしたいと思います。向こうが2回目の調停で弁護士をつけてきたので、気持ち的に萎えてしまい…

アドバイス頂いた通り、夫からの暴言等に対しての、その時の私の気持ちも一つひとつ記しているので、それも調停には提出しています(ただ、日時は記入できていないところも多数あります)。

確かに他府県の弁護士に頼むと、出張日等かさみそうですね。

あまり焦らず考えたいと思います。

投稿日時 - 2013-11-05 08:03:14

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

どっちも、どっちの様な気がします。

相性も大事ですが、その弁護士やその所属事務所の戦術と言うか力具合も、勝敗に大きく影響すると思います。

私の場合ですが、女性の弁護士に頼んだのですが、所属事務所に数人の弁護士がいたので、一人だけで判断するのではなく、他の弁護士と意見交換したり、相談しながらして、相手側との交渉を勧めてくれました。
そして、訴訟まで行ってしまったのですが、模擬的に、こんな時には、こんな感じで言えば良いとか、熱くなりすぎず淡々と伝えましょうとか、単に弁護だけでなく、裁判未経験者の私が緊張しないようにフォローもしっかりとしてくれました。

やはり、一緒に戦っていくのですから、いろいろと話を言いにくい雰囲気の弁護士は、お勧めできませんね。

弁護費用を払う依頼人の気持ちをしっかりと受け止めてくれつつ、厳しい事もハッキリと言ってくれるような相手で無いと、安心して依頼など出来ませんね。もう一人くらい弁護士に相談してみて、選んでみるのも一つの方法かもしれませんね。

あと、素人判断ですが…
夫婦の共有財産の使いこみは、財産分与の時に、使いこみ分をマイナスされるだけなのでは?
仮定の500万円が共有財産で、使い込みが200万円なら、残りの300万円を財産分与となるのではなく、元の500万円で財産分与となると思います。貴女の場合は、250万円を受け取れたところ、使い込み分がマイナスされて、50万円が取り分になるだけの事だと思いますが…。
もし、250万円以上の場合は、差額を夫側から請求されると言うだけだと思いますが…。

精神的暴力については、ただ口頭で話しても、相手には分かりにくいですよね。覚えている範囲で、ある程度の日時やその時の状況などを幾つか箇条書きに書き出して、どんな状況が精神的の追い詰められたかを弁護士に分かりやすいようにすると話がうまく伝わると思いますよ。

不安がいっぱいだと思いますが、頑張ってくださいね。

投稿日時 - 2013-11-03 13:01:07

お礼

ありがとうございます。iris0328さんは、とてもいい弁護士さんに巡り会われたんですね。羨ましいです。

アドバイスに頂いていた通り、夫から言われて辛かったこと等既に書き出して表にしています。あと、数回暴力もあったので、その診断書もあります。

お金を勝手に使い込んだこと、悪いとは分かっていても、やはり結果的に相手側より手に入る現金が減る、というのが少し悔しくって(当然とは頭で分かってますが)。

あと、アドバイス通り、もう少し別の弁護士さんも当たってみます。

それと、新たに質問です。

私は地方に住んでるのですが、こういう狭い地域だと、弁護士同士の「しがらみ」とかって無いんでしょうか・・・力関係とか、依頼人の知らないところで取引とか・・・

そういう不安もあり、他府県の弁護士に頼むというのも一つなのかな、他府県とも考えています。

よろしかったらご意見よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-11-04 08:48:28

ANo.1

多分どちらの弁護士を選んでも結果は同じだと思います。

精神的苦痛で使い込みが許されるなら、みんな使い込みますし、何とでも言い訳出来ます。

普通、精神的苦痛があれば、別居、実家帰り等が一般的なので、貴女は使い込んだ言い訳をしているだけです。

貴女は何を主張したいの?

何に勝機を見出だしているの?

勝てる事があるとすれば、旦那の圧倒的不利な証拠(暴言、浮気、暴力)等です。

投稿日時 - 2013-11-03 10:32:21

お礼

ありがとうございます。既に別居し、実家に戻っています。

夫から受けたことで一番ひどかったのは「暴言」です。日記に書き留めており、調停提出のため、一覧にしてまとめてます。

「暴力」もありました。診断書を持ってます。

投稿日時 - 2013-11-04 08:53:47

あなたにオススメの質問