こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

車で事故を起こしてしまいました。

こんにちわ。
度々お世話になる者です。
タイトル通り、私は車を運転中、事故を起こしてしまいました。
左折しようとした車の横にぶつかってしまったのです。
免許を取って一年程経ったばかりでした。
私の前方不注意で、幸い相手の方にも私にも怪我は無く、私の車は全面が凹んだものの相手の方の車は、そこまで壊れてはいませんでした。
相手の方も優しい方で、私が修理代を出す事で話は収まったのですが、それからというもの車の運転が怖くなってしまいました。
皆さんは、事故を起こして運転が怖くなった事はありますか?
また運転が怖い場合、どうやって克服されましたか?
私の住んでる地域は田舎なので車無しでは暮らせない所なので、運転は毎日しなければならないので…。
どうかよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2013-11-07 18:30:02

QNo.8338086

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

車無しで暮らせないのであれば、暮らせるように考えればよい。

もし、前方不注意で左折車両の間に、
小学生の自転車がいて左折車両とあなたの車の間で挟まれたら、
死亡人身事故になるかも知れません。
死亡人身事故なんか起こした日には、免許は取り消しになりますから、
どうしようもないでしょ。

怖さは無くならない方が良い。
怖さが無くなったら平気で人をひき殺せる人になってしまいます。

要は事故の原因が何であったのかを冷静に見直す。
周りの状況を常に把握しながら運転する。
イレギュラーな事象に対応できる運転技術を身につける。
車の性能(加速・減速・車両の大きさ空間認識・タイヤのグリップ力・制動距離等)を把握する。

自身で努力しようと考えずに、怖さだけを克服したいと考えるのであれば、
免許を返納して運転しないことです。

最近では衝突防止機能のアシストシステムを搭載した車両が出てきていますが、
その様な物に頼る前に、努力することです。

自分の足で歩くのと同じように、車が動かせるぐらいに練習して行くしかありません。

本当に注意散漫で歩いていても物にぶつかる事が多いような場合は、
車の運転には向かない人なので、
運転をあきらめるという選択も必要だと思います。

歩くことに支障がないのであれば、手足のように車が動かせる練習をするしかありません。
車の交通量の少ない見通しの良い場所で練習して、
手足として動かせるぐらいになれば安心感は増します。でも怖さは絶対に忘れないように。

投稿日時 - 2013-11-08 18:46:42

お礼

返信ありがとうございます。
運転はあまり上手い方ではなく、普段から気をつかってはいたのですが、少し慣れてきた頃のことで反省しております。
あっという間の出来事でしたので、人身事故をもし起こした場合など考えるだけでも恐ろしいです。
事故を起こした直後は情けなさや悔しさや申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、1日経過した今、冷静に考えられるようになりました。
ですが、やはり怖い事は怖いです。ですがその怖さも運転をする上では必要なのかもしれないと今は思えるようになりました。
ただあまりびくびくしているとそれこそ危ないので、しっかりと注意して運転しようと思います。
この事故がきっかけで運転から離れる事になると、きっとこれから私は何も出来なくなる、そんな気がするのです。
車は怖いです。そしてそれに乗るのは人間なのだということは改めて、痛感致しました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-08 20:34:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

事故を起こさなくても、
予測すればするほど運転は怖いことですよ。
クルマには数十人の命を奪う、殺傷能力がありますからね。

故に「予見」が大切です。

投稿日時 - 2013-11-08 11:24:29

お礼

返信ありがとうございます。
予見は本当に大事ですね。
怖さは無くなりませんが、運転はしなければならないので、予見しながら運転しようと思います。
はじめての事故は恐ろしく、色々な方にも迷惑を掛けてしまいました。
事故というのは自分だけの問題ではないですね。
これから運転するにあたり、何度事故を起こすのか予測は出来ませんが、私が注意することにより減らせられるようにしたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-08 20:50:38

ANo.5

しばらく運転していれば事故のショックも和らいでいくでしょう。
ほとんどのドライバーは大なり小なり事故を起こします。
壁や縁石なんかでちょっと擦った、壁やポールにちょっと当った
これでも事故といえば事故です。

これからはもっと注意して走るように心がけるしかありません。

投稿日時 - 2013-11-08 10:05:49

お礼

返信ありがとうございます。
今までは縁石などにも何とかぶつけずに済んでいたのですが、はじめてぶつけたのが走っている車だったので、恐怖心が残っています

心掛ける事は山ほどありますが、やはり些細な事でも注意しなければなりませんね。
情けない事に事故を起こしてから、痛感しております。
これからは必死に技術を身に付けようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-08 21:06:58

ANo.4

まさかとは思いますけど
今回の事故までは 車はぶつからない 皆が避けてくれる と思ってた?

それなら 今回で 車は安全運転しなければぶつかる物だと分かって良かった

投稿日時 - 2013-11-08 09:40:41

お礼

返信ありがとうございます。
運転が下手な私なので、そのような事は思いませんでしたが、過信があったのかもしれません。
皆がよけてくれるようなものは、ありませんね。人間が使うものですから、絶対はありません。
そのことを嫌ほど思い知らされました。
運転の怖さを知りました。それをしっかり覚えていようと思います。
でも運転の楽しさも、これから少しずつ知りたいと思います。安全運転を心がけていきます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-08 21:14:17

ANo.3

事故なんてよくある事なので気にしないことですよ
例えば信号で停止しているのに、勝手にぶつかってきたり
駐車場に駐車しておくだけでも、ぶつけられてしまいます
走行中にセンタ-ラインオ-バした車はぶつけられ、逃走車も
存在しています。
ほとんどの車両は何らかの違反するので、ちょとした気配りは
必要ですよ、ひょとして青信号なら安全に通行できるなんて
思っていませんよね、見通し悪ければ車信号無視するのでは
ないかと思うのが普通ですよ。

投稿日時 - 2013-11-07 19:16:18

お礼

返信ありがとうございます。
気にしないことは出来ないかもしれません。臆病な私ですから、少しずつ記憶は薄れたとしてもずっと心のどこかに引っかかっていることでしょう。
けれど怖さは必要ですね。あまり臆病すぎるのも考えものですが、怖いと思うから安全に運転するようになるのかな、と思います。
車も人間も恐ろしいです。それを分かった上で、必死に学ぼうと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-08 21:23:11

とにかく、今まで以上に注意をするくらいしかないですよ。
怖いくらいでいいと思います。

もっとも、質問者さんみたいな人ばかりでもないですが。
なかには、事故しても、それを自慢するバカもいますから。

投稿日時 - 2013-11-07 18:53:10

お礼

返信ありがとうございます。
怖さを和らげるものは慣れですね。
ですが克服は出来なさそうですし、多少の怖さは持っていようと思います。
軽い気持ちで車には乗るものではないことを実感しました。
あまりにも車が溢れすぎて当たり前のようになっていました。
これから注意して運転していこうと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-08 21:27:35

ANo.1

事故のことは済んだこと。として忘れて運転しましょう。
これからは周りの(4方8方)確認出来ますね。

投稿日時 - 2013-11-07 18:32:54

お礼

返信ありがとうございます。
今後悔しても仕方が無いですね。
終わったことばかり悔やまず、前を見て進もうと思います。
安全運転を心がけて、そこら中に気を配りながら、大切な車を大事にしようと思います。
恐怖心を忘れず頑張ります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-08 21:36:38

あなたにオススメの質問