こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

いじめのターゲットにされやすい発達障害の息子

高機能広汎性発達障害の小学3年生の息子がいます。

今年も就学相談に申し込みましたが、
今年も支援級は門前払いで来年も普通クラスでとのことでした。

その理由を尋ねると
・勉強面ではIQ106で定型発達の子の平均値相当で
 授業態度にも何ら問題がないこと。
・プライドが高い子と見受けられるので
 支援級に入ったら本人が嫌がるのではないか。
 (本人は支援級が何のことすらわかってません。
 別にどちらでも良いと言っています。) 
そんな感じのことを伝えられました。

こちらが伝えた点は
・不注意の傾向が強く、あまり周りを見ていないので
 クラスの子とよくトラブルになること。
 (ぶつかった、机の上の物を落とした等の理由で
 クラスの子に怒られて何発も殴られたりします。)
・先生の指示が通っていないことが度々あるために
 間違ったことをしてクラスの子からよってたかって怒られること。
・忘れ物、失くし物をよくすること。
・いじめのターゲットにされやすいこと。
・普通の子は自然に空気を読んで覚えていくことが
 息子の場合はひとつ、ひとつ、ケースバイケースで教えなければ
 覚えることが出来ないこと。

上記のことを伝えたのですが学校側の回答は
・いじめについては発生した都度解決していけば良い。
・いじめやからかいがあるから支援級に転籍したいというのは無理。
・いじめやからかいの解決と支援級転籍は別物と考えてほしい。
・ケースバイケースで教えなければならない子や
 忘れ物、失くし物が多い子は他にもいる。よくあること。
とのことでした。

高機能広汎性発達障害の障害特性のために
(息子の場合は人と上手にコミュニケーションをとれないために友達が一人も出来ない。
状況説明が出来ない。空気が読めない。不注意。
運動音痴でドッジボールなどでミスばかりする。)
他の児童さんとトラブルが絶えないのだと説明しても
異議は認めないという感じでした。
(病院の医師から担任に配慮してもらいながら
普通学級でと意見されたためだと思います。)

「3、4年生というのはギャングエイジと言ってやんちゃな子が多い時期なんです。
息子さんは大人しいからお母さんはわからないかもしれないですが、
元気余ってる子は発散のしようがなく、
ついついお友達を殴ったり、ケンカをしてしまうのかもしれないですね。
悪気はないと思いますよ。」と校長と教育委員会から言われました。

ここから質問です。

教育委員会や校長の見解だと大人しいうちの息子は
元気あまっている子の鬱憤晴らしのサンドバッグになり、
殴ってくる子には悪気がないので気にせずに我慢しなさいと言っているように聞こえますが、
我慢しなければならないのでしょうか?

現場の学校の先生はよく見ていてくれて暴力をする子を注意してくれますが、
効き目はなく、次から次に暴力を受けます。
先生の注意なんて聞いちゃいません。

息子が暴力を受けトラウマになって人間不信になったり、
登校拒否になることは避けたいです。

県の教育委員会への相談から、
転校や私立小学校への編入やフリースクール通学まで
大きな枠での解決策も含めて考えています。
どうしたら息子が殴られたり、からかわれたりせずに学校に行けると思いますか?
それとも教育委員会が言われたように
殴られたり、からかわれたりするのも勉強のうちですか?

同じ経験者の方や学校関係者や教育関係の方々
どうかお知恵を貸して下さい。

(ちなみに前回質問した時の回答者の方から教えてもらった
他害のない高機能系の発達障害の子が通うフリースクールに月に1回だけ行ってます。
そこは息子と似たような子ばかりが通ってます。
学校で友達がおらず小さくなっているのはいったい何なんだろうと
不思議に思うくらいみんなと仲良く楽しそうに遊んでいます。
教えてくれた方、大変感謝しています。)

投稿日時 - 2013-11-12 11:57:04

QNo.8344242

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

うちも軽度発達障害の疑いあり(5歳でアスペと診断うけたことがあり)ますが、医師のすすめで普通級に入り、6年生の今まで大きな問題をおこさずなんとかやってこれています。

いじめやからかいが支援級に移籍する理由にはならない、といわれていらっしゃるようですが、検討してもらえるもらえない以前に、今起きているからかいや暴力が、支援級に変わったからといってなくなるか、といわれると疑問かなと思います。

支援級にいたとしても、支援級で過ごせるのは授業の時だけで、結局のところ休み時間や課外授業など、皆と一緒にやらないとならないことは多々ありますし、支援級に入ったからといって同級生とコミュニケーションをとらなくてよくなるわけではないですよね。
そうなると、結局は学校生活の中でのからかいなどはなくなりはせず、可能性としては支援級に入ったことで余計にバカにされたり、障害をからかわれたりする可能性もでてきます。


お子さんが非常に過ごしにくく、辛くてたまらないように見受けられるのであれば別ですが、お子さんの意見として「どちらでもいい」といってるということは、普通急に在籍していることで本人はさほど苦痛を感じていないということなのでは。
もちろん空気を読めないことも関係しているのかもしれませんが、本人が苦痛か苦痛でないかは一番大事なところだと思います。
また、明らかな勉強の遅れがないということも納得できます。

暴力云々については、お子さんに原因があろうがなかろうが、やってきた相手が悪いことであって、あなたのお子さんがトラブルをおこしやすいかどうかというところが問題の根本ではありません。
自分に気にいらないことがあったら殴る相手のお子さんにも十二分に問題があり、お子さんを支援級に退避させることとは別の視点で解決していかないといけないこと(先生や相手の親子含めて)だと思います。
お子さんが発達障害を持っているもっていないの問題を含めて話すからやっかいになるわけで、子供に発達障害があろうがなかろうが、元気がありあまってるから友達をサンドバッグ代わりにしてしまうんです、なんて見解を平気で示す学校と教育委員会に「発達障害どうこう以前にそれを容認するのはおかしいことだ」ということを伝えるべきかと。ケンカのレベルならいいけど、怪我とかに発展してからでは遅い、と。
どの程度の殴るなのかわからないのでなんともいえませんが、相手の親も含めて話し合うことは必須かと思います。

学校の言い分は必ずしも間違ってるわけではないということですね。
学校からしてみれば、言ってることのひとつひとつは一応は理にはかなっていて、様子をみながら普通級でもいけるという可能性は十分にあるとみなされてるのだと思います。ただ、これから高学年になってくると子供の心理はもっと複雑になってきて、思いやりをもってお子さんに接してくれるような子が出てくるかもしれない可能性もあれば、逆にもっと仲間から疎外される可能性もあり、なんともいえないところなのだと思います。
広範の子が人づきあいが難しくなって浮いてくるのは中学年~高学年からなんですよね。


それを踏まえたうえで、それでもやっぱりお子さんに友達がいないこと、お子さん自身が学校が辛いところだと感じるようになったりとかした場合、親として辛いお気持ちはわかりますし、なんとかしてあげたいという気持ちはごもっともで、そこは学校と話し合いでらちがあかなければあなたたち親御さんがお子さんによしと思う道を選んであげることはそれはそれで大切な選択肢だと思います。

ただし、他害のない発達障害の子ばかりが通うスクールに通ったら、それはそれで勉強に対して遅れもでるかもしれませんし、普通の学校に通うようなカリキュラムでは進んでいかないと思うので、通常の中学、高校に通える選択肢が狭まってくるという将来をふまえた上で考えていくべきかと思います。
ずっと障害を前提にすごしていくことで幸せなのであればそれはそれでいいのだと思いますが、世の中はフリースクールのような社会ばかりではありません。
いずれはやっぱり定型の人たちとコミュニケーションをとり、社会の中で生きていかなくてはならないので、そういった社会の中でどう対処していくか、普通の学校に通いながら、どんなことでトラブルになりやすいのかを学び、お子さんに具体的に対処できるようにレッスンを積んでいくことは必ずしも悪いことではないかもしれません。
安穏なフリースクール生活から、いきなり社会の中に出されるのもそれはそれで大変かと思いますし、あなたたち親がずっとお子さんを自立させずについてまわるわけにはいかないと思うので・・・

お友達がいないことが切ないのであれば、学校とは別のところに居場所を作ってあげるというのも一つの方法ですよね。
例えば今のように、学校は学校で、放課後にフリースクールのようなところで自分を出して楽しめる場所で過ごせる時間を多くしてあげるとか。
学校で辛いことがあっても、自分の居場所や友達と思える子供の存在があれば、乗り越えられることもあると思います。

暴力をふるう子についてはそれはそれでそっちの子のほうに問題があるので、そこは抜きにして考えたほうがいいかと。

いずれにせよ、もう3年生ですから、一番大事なのはお子さんの気持ちだと思います。
あなたたち親からみてお子さんが殴られて可哀想、からかわれていて見てられないかどうか、ということではなく、あくまでもお子さん自身がそれによって学校生活を生きにくくて辛い場所と受け止めているのかどうか、頑張れる可能性があるのかそうでないのかどうかというところが大事かなと思います。
お子さんにとっていい選択をしてあげられるといいですね。

投稿日時 - 2013-11-12 17:38:52

お礼

ご回答ありがとうございます。

kanauさんのアドバイスを読んで、
今までこうしなければならないのではないか…と
ぼんやりと頭の中にあった
ごちゃごちゃになったそれぞれのピースが繋がったような 、
そんな気持ちになりました。

私は何でも発達障害に結びつけすぎていましたね。
気持ちの疲れさえも。
支援級に入れば気持ちをわかってくれる仲間がいる、
普通級にいる時みたいに引け目と孤独感を感じなくていい。
子供も同じ発達障害の子達と生活が出来て
お友達が出来る…恥ずかしながらそんな気持ちもありました。

それぞれの問題を分解して、
ひとつひとつ解決していくような感じで
考えて行きたいと思います。

そして子供にとって一番良い選択を
子供の気持ちを尊重しながら考えて行きたいです。

ご経験に基づいた親身で的確なアドバイス
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-12 21:52:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

 我が息子も当初、普通教室でした。学童保育の時に脱走事件を起こしておりました。
 まずステップとして通級教室があり、そこに通いました。これも定員があり、後からです。

 先生と保護者で随分と話し合いました。他にも発達障害の子どもがいるのですが、診察をしていたこともあるので、支援クラスに。でも、先生方の協力の下、クラスを増設し現在に至っています。4年で発達障害などの心の障害の子どもも受け入れる形をとれるようになりました。

 私は学童保育でカミングアウトしたこともあり、多くの保護者や指導員。また先生方の協力もあり、楽しくすごせています。でも学校側としても予算の関係も有るので、簡単にいかないようです。先生を増やすことになるので。

 学童保育などで認めるという事を指導していました。思ったことを言えないなどを認めてあげる。で、出来る事はさせていく形で。 子供達も、どうすれば良いかということを伝える事で虐めも減ってきます。今は普通教室へ勉強したりしているので、大切にしてもらっていますね。決して暴力をふるわないなどの優しさもありますから。このあたりは親や先生方が伝えて教えてきたことです。

 対処の仕方などを上手に教えていくしかないかと。

投稿日時 - 2013-11-12 14:09:15

お礼

ご回答ありがとうございます。

学童保育のお互いの個性を認めてあげるという教育方針
とても素敵ですね。
そんな教育方針が全国に広がれば良いのにと思いました。

うちの息子は去年度まで通級に行っていました。
通級は見通しがききやすく、求められる答えが
わかりやすいためにすぐにクリアしてしまって
卒業になってしまいました。

あまりにひつこくいじられるので
カミングアウトを検討したことがありますが、
「今回のことは息子君は悪くないです。
指導対象はしつこくからかう児童の方です。」と
担任の先生に止められました。
kyomoguさんはカミングアウトがうまく行って良かったですね^ ^
環境さえ恵まれていれば、それがベストですよね。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-12 22:29:24

ANo.1

 >同じ経験者の方や学校関係者や教育関係の方々どうかお知恵を貸して下さい。

 経験者ではないし、学校関係者でもないし、教育関係の方々でもありませんが、回答します。

 関係者全員で面談。
 こども、あなた、殴る子、殴る子の親、担任、校長の6人で1度に話し合う。当事者(子供達)がいないところで親が話していても埒が明かないのであれば、子供と責任者を交えて話し合う。

投稿日時 - 2013-11-12 12:42:16

お礼

ご回答ありがとうございます。

先生から提案されて一度やったことがあります。

相手が悪かったのか逆ギレされて謝罪なし、
その方の知り合いに嘘話を言いふらされて、
一方的にいじめっ子親の話を聞いた方からは
白い目で見られて本当に悲惨でした。

でも、うまくいけば一番良い解決方法ですよね!

投稿日時 - 2013-11-12 22:39:39

あなたにオススメの質問