こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

住宅ローンに不安なとき、土地を現金で買うのは?

マイホームを建築予定です。
大体の土地と建物を作るメーカーが決まったのですが、
決済方法について迷っています。
土地を買う分のお金は用意済みなので、
土地だけは現金で購入しようと思っていたのですが、
ローンを組む主人が、最近の健康診断で
高血圧と診断されました。
恐らく、要経過観察という状態です。
他に気になるところは全くないのですが、
ネットで調べると高血圧で団信に通らなかった 方もいらっしゃるようで、
融資を受けられなかったという体験談もいくつか読みました。

もし、現金で土地を買った後に、
建物分の資金を用意できなかった場合、
土地をキャンセルするわけにはいかないので、
このようなときはつなぎ融資などを利用するのを
前提に、土地も建物もローンを組むべきでしょうか?

せっかく余裕をもって土地代+年収分の現金を
用意したのですが、現金で買うのは危険ですよね?

投稿日時 - 2013-11-12 14:14:43

QNo.8344371

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

決め手は、その土地が非常に気に入っているかどうかではないでしょうか?
どうしても、その土地が良いのなら、土地の契約を銀行融資特約を付けておいて契約し、万が一、銀行融資が決まらなかった場合の対策をしておいたらどうでしょうか?
それで銀行融資が通れば問題ないですし、どうしても気に入った土地であれば、現金で決済し、後々に、建物を建築する計画を再構築してはどうでしょうか?
その間に、ご主人様も、体調を万全にするよう努力して頂くとして。
その土地が、他者に、同額で売れるかどうかも確認は必要ですね。(難ありの土地は売りにくいです)
最悪の場合を考慮して、2重3重に策を講じてはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2013-11-13 12:45:04

お礼

7名の皆様、ご意見ありがとうございました。
その後、不動産屋と話し合いの上、建物のローンが通らなかった場合は、
契約を白紙撤回できる旨を、契約書の特約条項に記載してもらいました。
ありがとうございました。
まとめてのお礼になりますことをご了承ください。

投稿日時 - 2013-12-02 19:31:39

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

土地購入の支払い後も
手持ちに余裕があるのでしたら
土地を現金でご購入するのも
ありだと思います。

ローンの借入額が少なくなり
その分、利息も抑えられますしね。

私も土地から家を建てる予定ですが
土地、建物でローンを組む予定です。

土地代+3年分ぐらいの年収しか
現金で準備できなかったため
土地を現金で購入するのは諦めました。

子どもがもう一人ぐらい欲しいため
現金は手元に残し教育費や
家の維持修繕費などに当てる予定です。

投稿日時 - 2013-11-13 12:40:06

ANo.5

通常は、まず土地を買うでしょう、気に入った場所なら、、、。土地はなくなりませんし、目減りもしないからね。

あと、家は、大きさだよね。アメリカ製の大きなキャンピングカーをおいて、暮らす人もいれば、住宅型のブレハブ、400万くらいで、結構快適、550万円住宅、いくらでも、贅沢しないプランは作れるものです。

土地があればの話です。あなたの土地なのだから、一生、あなたのものなのだから、安心でしょう。

お金は、目減りしますからね、物価上昇、銀行金利はないも同然ですからね。

投稿日時 - 2013-11-13 03:52:11

ANo.4

建物メーカーなど決まっているのでしたら、ローン予定額よりちょっと多めぐらいで、銀行などに事前審査を申込めば良いでしょう。
その際に団信に付いても相談すれば、保険会社で扱うか否かの結果は貰えます。
団信に不安が無くとも、建物分が間違いなく借り入れ出来るかどうか?目処を付けておくことは必要ですよ。
ハウスメーカーに相談すれば、団信まで事前に相談可能な銀行などの紹介や必要書類の用意など面倒がありません。
ここで融資の目処さえつけておけば、実際には他の条件が有利な銀行などへ本申し込みしても良いわけで、他が断られた場合の保険と考えておけば、良いでしょう。
このローンなどは、土地を現金で購入する際も、建物資金の借入として、土地の売買契約書にローン条項の記載が可能ですから、(事前審査が通るという条件になってしまいますが)、メーカー側が契約を急いだら、それを条件とすれば負担はありません。
土地の売主がメーカーでない場合も同様で可能です。

投稿日時 - 2013-11-12 18:29:37

ANo.3

 10年以上前に住宅ローンを組みましたが、健康状態の審査などなかったと記憶しております。
 自分なら年収分+2,3百万の現金を手元に残して土地・建物のローンを組みます。で、ある程度、支払いが落ち着いたら繰上げ返済をします。家を買うと結構な出費があるのでなるべく、手元に現金を残しておいたほうがいいと思います。そもそも、健康状態が悪くて融資が通らないとなると土地だけ持っていても無駄だと思いますよ。コインパーキングくらいしか使用用途がないですし。

投稿日時 - 2013-11-12 17:09:20

ANo.2

金銭的には費用が多く掛かりますが
土地と建物を別個のローンに組むことがよいと思います。

土地も契約の時、契約条項にローンの融資不可の場合取りやめるとの
ことも付けられますし。

土地のローンで融資が受けられるのであれば、問題ないはずです。

事情はちょっと違いますが、私も理由があってそのような形になりました。
残りの分は建物を建てる時の頭金にしました。
銀行に相談するのが一番と思いますが。

投稿日時 - 2013-11-12 16:28:19

ANo.1

土地を現金で買うのがもっとも良い方法です。夫が高血圧で生命保険に入れないのは聞きますが、住宅融資されないとは思いません。もしもそうであったとしても、総額を融資で賄おうとする銀行にとってリスクの高い融資の場合だと思います。
土地を持っていると土地と建物を担保にして銀行は融資してくれます。建物だけの金額の融資で土地と建物の担保が取れるなら、銀行にすればとても安全な融資なのです。余裕資金を持っていることは、いろんなリスクにも対応できるのです。究極は融資を受けるのも馬鹿らしいので受けないことです。

投稿日時 - 2013-11-12 15:02:23

お礼

ありがとうございます。
たしかに、つなぎ融資のことを調べてみると
金利分と手数料だけでも30~40万かかることがわかりました。
手元に買うだけの現金がないなら、諦めますが
あるにもかかわらず、こんなにたくさん手数料を払うのはもったいないと思いました。
もう少し、銀行の融資担当者と相談してから考えたいと思います。

投稿日時 - 2013-11-12 15:23:54

あなたにオススメの質問