こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

譲渡所得計算で使用する取得費について

今度、土地と建物を売却することになり、その後かかってくる譲渡所得の計算について調べています。

計算の際に「取得費」として、売却する建物・土地を購入した際にかかった費用を調べているのですが、古いもののためか、領収書が見つかりません。
現存しているのは、建物購入時に所有権移転手続きをした際に、司法書士事務所からもらった「登記済証」に、建物の金額が記載してあるだけです。
それ以外は、支払いの領収書などはありません。また仲介手数料などの領収書もありません。
領収書がなにも残っていない場合は、取得費は一律で売買金額の5%とされてしまうのでしょうか?

それとも領収書でなくても、資料に金額が記載してあれば取得費にできるのでしょうか?

投稿日時 - 2013-11-21 15:54:57

QNo.8356262

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

税務署が取得費と認める証拠書類は、領収書や売買契約書、請負契約書などです。
これらの書類が無ければ、取得費の根拠は認められません。
お書きになられている、建物権利証などの建物価額は、登録免許税を算出するための固定資産税の評価額ですから、この数字は用いることは出来ません。

上記の書類がなければ、5%で申告するしかありません。

投稿日時 - 2013-11-22 10:28:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問