こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「ほんとうの意味」において人間が評価されるとき

「ほんとうの意味」において人間が評価されるのは,どのようなときでしょうか?

・学業の結果が高く評価されたとき
・スポーツの大会で入賞したとき
・会社の業績に貢献したとき

多くの人々は,こういったものを挙げるとおもいますが,はたして,これらは「ほんとうの意味」において評価されたといえるのでしょうか?

・パートナーができたとき
・パートナーと充実した人生を歩んでいるとき

こういうときこそ,人々は幸せを感じるのみならず,「ほんとうの意味」において評価されたと感じるものではないでしょうか? パートナーがいること,パートナーと交際していることを,「ほんとうの意味」において評価されたと受けとめる人は少なくないと思います。

わたし自身は,勉強やら研究活動に力を入れてきましたが,いくらそれらが評価されたからといって,わたし自身のためにはならないと受けとめるようになりました。評価されること,褒められることは嬉しいことではありますが。

勉強やら研究活動に打ち込んで10年以上が経ちましたが,この間,修行僧?のように,色恋,恋愛,縁談などとは縁がありませんでした。そういった経緯から,「ほんとうの意味」において人間が評価されるのは,パートナーができたときであると考えるようになりました。また,社会的な文脈も考えられますが,「彼女or彼氏がいてこそ,一人前として認められる」という風潮は否定できないと思います。

人生には勉強が必要だと主張する人々がいますが,それは1/3正解で,2/3誤答だと思うときがあります。これについては,たびたび,「不良の兄ちゃん,姉ちゃんがいつも誰かと付き合っている一方で,真面目な人が彼氏or彼女を見つけるのに苦労している,真面目な人は得がたい部分があるからパートナーにはできない,など」という文脈から,わかるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2013-11-23 02:26:04

QNo.8358150

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

やっぱり質問者様は研究の人ですよ。


純粋≠束縛。

純粋≠混沌。

純粋=素直。


質問者様は純粋そうでそうでないようです。

人間の心は数値化できません。
昨日までイエスが明日はノーになる。
そう言うのを理解し容認できないなら恋愛は無理です。

質問者様は特化し過ぎでそれをご自分で理解してない。

感謝祭にTV見ている人について
感化されなくても同意しなくてもいいから
理解し認めるチカラを得てください。

魅力あるんだからそしたらモテますよ。

投稿日時 - 2013-11-26 00:19:36

お礼

コメントありがとうございます。

素直であることは,重要なことだとおもいます。その一方で,ニヒリスティック(虚無主義的な),スケプティック(哲学的な懐疑論),シニカル(皮肉的)なところがあると思います。

つねに,素直でなければならない,と言い聞かせていると同時に,ニヒリスティックになったり,スケプティックになったり,シニカルになるので,他の人々を混乱させている,ということだと思います。

年相応のものの考え方をしていない…,と言われたときもあります。目上の方であれば,特に問題はないようですが,同年代の人々からは,「扱いにくい人」とのこと。

他者を理解するということにおいては,最善をつくしていますので,たとえば,なぜ人々が娯楽に興じるのか,といったことは,理解の出来ることです。そういったことを,わたしは批判したりすることはありますが,面白いので,楽しいから,さまざまな理由があるので,それについては,わたしは理解をしています。

ただし,「批判的になる」ということについては,それは,認めています。そういうことばかりをやっているので,嫌がられたり,距離を置かれている,ということは,自覚をしています。

わたしなりの考え方ですが,「物を申すこと」は大切なことだと思います。

ただし,恋愛ということであれば,それを切り離して,あつかう必要があると思います。いろいろと勉強はやってきたけど,恋愛については,それを持ち出さないように注意します。

ただし,そういうことをすると,わたし自身は,きっと,相手の方の「聞き役」に徹することになるので,それもそれで,「つまらない人」だと言われるかもしれません。(その一方で,相手の話している内容にコメントをいれたり,それを批判すると,きっと,ケンカの種になってしまうのかもしれません。)

硬軟を使い分ける,それはわかっています。あとは,それを実践できればいいのですが。

「扱いにくい人」というイメージは払拭しにくいもので,試行錯誤をつづけています。

投稿日時 - 2013-11-27 08:13:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(15)

ANo.14

回答12です。

お返事頂き誠にありがとうございました。あなた様の真面目な人柄を認識しました。内容については良く理解しました。 どうでしょうか?
気持ち次第では十分10年というスパンは 挽回出来ると思います。パートナーという以前に 真面目に恋愛について 学ぶべきでしょう。
具体的に言うとやはり 女性の意見を素直に聞いてみましょう。 例えば 結婚カウンセラーの女性に相談されてはどうでしょうか? 正直にあなた様の意見 気持ちを話されれば 女性の意見が素直に聞けると思います。こうしたほうがいいとか、 こういう格好したほうがいい印象を受けるなど 女性の目線に立った意見を学ぶことが大事かと思います。これは今からでも十分間に合うし
意識改革すれば
男だってガラリと変わります。そこで少しずつですが女心もつかんで行くでしょう。十分間に合います。勿論 紹介頂き 色んな人々とお付き合いされるのもいいと思うし そこで失敗も経験して行くでしょう。とにかく
結婚相談所などに行く行動をしてみましょう。どんな事があっても女性からの意見を素直に聞いて学んでいきましょう。 格好なども含めて
あなた様は真面目ですからきっといい人は見つかります。
色々女性から学んで下さい。その先にいいパートナーが必ず現れますから
信じて学んで下さい。

投稿日時 - 2013-11-25 20:25:03

お礼

コメントありがとうございます。

カウンセリングを受けるということについては,良いアイデアだと思います。日本でも,カウンセラーの「ジャンル」が広がりつつあると思いますので,わたしが必要としている「分野」に特化している,あるいは,そのことに詳しい方を見つけて,話をすることにしてみます。

ただ,ひとつ気になることは,カウンセリングそのものが,いまだに日本社会では,他の社会ほど浸透していないということです。日本人のみならず,アジア人の多くが,カウンセリングを受けることを「恥」であると受けとめる傾向が指摘されていますので(カウンセリングを受けるということは,「弱み」を他人に見せるという行為であるとされる。),カウンセラーを見つけることそのものが,日本ではいまだに難しいのかもしれません。カウンセリングがポピュラーなアメリカ社会においても,アジア系の人々にとっては,いまだにカウンセリングは「敷居の高いもの」であるイメージがあるほか,あるいは,「奇人・変人の行為」であるという偏見も,いまだにあります(極端な表現ではあるが,変質者,犯罪者予備軍がカウンセリングを受けるという偏見がある。)。

しかしながら,「ない」というわけではありませんので,事前調査をしっかりとやって,必要なカウンセラーを見つけたいです。

投稿日時 - 2013-11-27 08:01:23

ANo.13

こんにちは。
お礼をありがとう、回答10です。

基本的に働く行為は、衣食住を獲得するためのものですから、確かに勉強というか探究心が最優先というのは少しズレていると言えなくもありません。
でも、そのような向上心とも取れる話は、別に研究やっている人だけ限定ではないですよ。

研究に没頭するあまり寝るのも食べるのも忘れて考え続ける、というのはよくTVドラマなどにでてくるステレオタイプな研究現場ですが、こういうのはどこにでもあるんです。

営業成績を上げるためにプライベート時間にその筋の本を探して回り自己学習するホワイトカラー。
いわゆる生産現場においても自身のライン稼働率を上げようと寝るのも惜しんで改善研究するブルーカラー。
こんな話は、あげたらキリがありません。

こういうのは普通にどこの職業でも存在しているのが日本人の特性です。
米国人も世界的な標準から見ると働き者ですから、特にホワイトカラーの職種では日本以上に活発だと聞いたことあります。

質問者様のような研究系統の人が他と違うのは、そういう普通にあるものを特別だと感じるところです。
忙しくて恋愛できないとか、権威やオカネのために働いているわけではないとか、そういう人は他の職種にだって沢山いるんです。

僕は服とか興味ありません。
美味しいものは好きですけど、行列に並んで大金出して食べようとも思いません。
仕事が趣味というわけでもない。
でも自分の仕事はキッチリやってパーフェクトでないと嫌。
仕事のためにいろいろ研究したり勉強もしています。
資格とか取得するのも好きですし・・・。

質問者様はもっとディープなのかもしれませんが、僕くらいの奴なら普通に沢山生息していますよ。

感謝祭については欧米人の人種差別の極みではないかと思っています。
トウモロコシの作り方を教えてくれた優しい現地人に「会えた事を神に感謝」する祭りですよ。
その後、現地人は排除されていくのが米国の歴史ですがそういう事を無視して祭りする行為、僕的には少し変だと思っています。

もともとがおかしいのだから、別にTV見ていようがパーティーしていようがいいんじゃないでしょうか?
その程度の薄っぺらい信仰です、都合の悪い事は隠してしまうのですから、
TVでも見ていてもらったほうが都合いいんじゃないでしょうか?

勉強させない意図・・・なんだか陰謀論みたいで面白いですね。
僕もそういう事を考えていた時期ありますよ。
でも、実際のところはカネカネカネの結果です。
とにかくオカネです。
勉強もオカネになるならやるでしょうね。
でも勉強よりももっと効率的に儲けるものがあるから民衆をそっちの方向に誘導するんです。
アメフト好きがTV見るから広告できる。
広告できたらいろいろ買ってもらえる。
最近のオリンピックが真夏の時期にやるのはなぜか知っていますよね?
米国で、アメフトとバスケやってない時期だからなんですよ。

最近は愚民もパラエティーとか飽きてきて、相応の勉強番組を見たがります。
でも、作っている側がそういうのを理解してないのでくだらないパラエティーに変えてしまう。
民放の番組なんか本当につまらない。昔からくだらない。

僕の話になります。
僕は子供の頃からNHKスペシャルとか大好きでした。
BBCの特番などもよく見ます。
残念ながら日本の政治はちょっと稚拙なのでつまらないのですが、時事についてのお話は昔から興味あります。
ついでに言うと、民主党が圧勝した選挙が過去にありましたがそれを見て僕は「日本は終わった」と感じました。
高速道路無料につられて投票する連中があまりにも多いので本当に「日本は烏合の衆」だと思いましたよ。

冒頭で日本人は仕事に熱心みたいなこと書きましたが、それと同時に愚民がたくさんいるんです。
働き者1割に、普通が5割、怠け者が4割が日本人の実態です。
国として知られると都合が悪いのではなく、知ろうとしない奴があまりにも多いのが現実なんです。

「近づきがたい」件ですが、もし質問者様が天才ならばここでこのような会話はできないと思います。
「○○と天才は紙一重」といいますが、本当にズレていて会話が成り立たない。
でも、質問者様は努力型の秀才であるのは間違いないです。
そういう人は時々立ち止まって周囲を見る。今回の質問者様もその結果、ここに投稿したのでしょ?

他の人が質問者様をどのように扱っているのかは知りませんが、僕的には秀才だけど普通の人と思っています。
むしろ、感覚が似ているので同性なら良き友人、異性なら恋愛の対象と捉えるかも知れません。

陰謀論を展開するくらいですから、質問者様は非常に面白い人だと思います。
でもまあ「やっぱり研究畑」って感じもあるのですけど、全体としては魅力的な雰囲気ですね。

「うわべ」だけになるのは仕方ないです。
特にリアルの出会いの場合、相手の情報は外見だけですからそこから良い人悪い人と仮定しないと話は進められない。
ただ、そこは工夫するところなんです。
外見が悪ければ、外見以外から導入する場面で頑張ればいい。
具体的にはネットとかでの出会いでしょう。
ネットでは美男美女よりもどれだけ素敵な文章を沢山送信できるかで価値が決まります。
もちろん、その文章もうわべだけになる。
だから、ネットにおいてもリアルと同じような現象は出ます。
だけど、外見とは違いこちらは勉強すれば向上するかもしれない。
質問者様は沢山のお礼を投稿してくれたけど、おそらく僕を議論するに値すると評価した上での事だと思うけど、そういうやり取りからだって恋愛はスタートするのですよ。

僕は男なのでエッチはしたいといつも思ってますよ。
でもそれはただの排泄行為じゃない。
エッチするにしても例えば丸々一日かけてしっかり優しく気持ちよくしてあげたいと思うし、
それで疲れたら抱き合って寝てしまいたい。
当然それだけじゃつまらないから旅行して美味しい食事を二人で楽しんで、
それでも足りないから一緒に住んで、手をつないで近所のスーパーに買い物とかしてみたいです。

接着剤ですが、それは言い過ぎだと思うよ。

たとえ好き合って一緒に暮らしても、たまには息抜き必要ですから離れて行動することもあると思う。
そこでリフレッシュして、改めてパートナーの存在をありがたいもの、と認識する。
そういうのを潰してしまうと慣れてしまい、相手をありがたく感じなくなり、そして破局します。

質問者様はきっととても純粋なんだと思いますが、恋愛においてあまりにも純粋の度が過ぎると
束縛などのネガティブな方向に進みます。

投稿日時 - 2013-11-24 22:07:20

お礼

活きていて,「あたりまえ」ほど「おかしいもの」はないのかもしれません。「あたりまえ」を疑うことは,社会のなかで活きていくためには,必要なスキルだと思います。ただし,こういうことを主張するたびに,「集団の意思にあらがうつもりか!」などと思われてしまうことがありますので,注意を払う必要があります。

格差社会という言葉がさけばれるようになりましたが,とりわけ,ある大学教授の提唱した「希望格差」は,いろいろと批判があるものの,いまの日本社会の状況をあらわしていると思います。そのひとつの見方として,知識を得るための意欲の格差や,人生設計における格差など,さまざまな事情があげられると思います。これほど,「悲惨なもの」はないと思います。これを中学生や高校生にたとえると,「不景気だけど,一生懸命勉強して,ひとつでも上の学校に入ってやる!」と意気込んでいる人々がいる一方で,「どうせ,どんなに良い学校を卒業しても,俺たちは所詮,社畜だ」と<悟って>,努力を「放棄」する人々がいます。「努力をしない」ことこそ,「賢い判断」だと思う人々も,多くいるのではないでしょうか? では,努力をしている人々は,どのような気持ちでこのような日本社会の「事情」を受けとめようとするのでしょうか? 場合によっては,「努力すら特権」になっているのかもしれません。

あとは,「寄らば大樹」的な体質についても,あまりいい思いを,わたしはしません。「バスに乗り遅れるな!」的な体質でもあると思いますが,そうではなくて,「俺は俺なんだ!」という,「強い気持ち」をもつことが大切だと思います。「ちょっと工夫をすれば,こんなに美味しくなる!」,どこかの著名な料理人の言葉のようですが,ほんとうに,そのとおりなのです。一度でも良いので,眉につばをつけてほしいと思うのですが,そうしないのは,なぜでしょう? 周囲の人間と同じことをする,同じようになること,こういうことをやるから,「心の病」という問題が,あるのではないでしょうか? 主因ではなくても,遠因のひとつであると思います。

「質問者様はきっととても純粋なんだと思いますが、恋愛においてあまりにも純粋の度が過ぎると束縛などのネガティブな方向に進みます。」

これが一番ひっかかるのです。

恋愛における<純粋>とは何なのか?

ひと昔前の日本のトレンディ・ドラマのような人間関係?

はたまた,中高年女性に大ウケした韓流ドラマのようなもの?

たしかに,多くの女性からみたら,わたしは非常に嫉妬深くなる傾向のある人間であると,みなされると思います。「危ない」と思われるのかもしれません。確かに,パートナーがほかの異性と会話をしているだけでも,わたしはカンカンになるかもしれません。それは,良くないことだと思います。

<純粋>であることは,メリットになるのか,デメリットになるのか,それは,ケース・バイ・ケースだと思いますが,どんな<純粋>が適切なのか,これは,パートナーになってくれる女性の方からいろいろと「質問」する必要があると思います。

「面倒くさい人」だと思われなければ,いいのですが。

そして,パートナーとの「距離感」。これは,知っているアメリカ人の方が,わたしよりもずっと年下なのに,それを熟知していたことには,驚きました。そして,「未経験」である自分自身を,ひどく責め,深い後悔の念にかられたことは,いうまでもないことでした。でも,どうやれば,好きな人って見つけられるのだろう? 今でもナゾです。

投稿日時 - 2013-11-25 18:44:31

ANo.12

40代既婚者男性です。 本当の意味での人間として評価された時。
難しいですね~。
その人の価値観にも寄ると思います。
もし あなた様のようにパートナーに恵まれ 子供も出来 幸せな家庭を作る事に価値観を見いだすと思っているかたでしたら パートナーに本当の意味での人間として評価を感じると思います。これは否定はしません。とにかくバランスだと思います。とかく 僕自身は 修行僧のように何かに集中して人生を送る。これもほんとうの意味での人間の評価に繋がると僕自身は思います。
実績がいいとか
悪いとかというのではなく 何かに集中して打ち込んだものがあれば それは立派な人間としての評価だと思います。ただパートナーについては これは 評価ではなく、縁だと思います。ご縁があれば 修行僧でも結婚しますし ご縁がなければ修行僧ではなくても結婚しません。
男と女の世界は全くもって意味不明です。結婚17年たちますが 今だに分からない事ばかりです。
あまり パートナーについては 評価という考え方ではなく
暖かい気持ちで過ごされる事を希望します。

投稿日時 - 2013-11-24 12:02:21

お礼

わたし自身のことですが,人々の毎日の生の営みを,当事者の語りをとおして歴史の勉強をしています。
ポピュラーな例でいえば,「おじいちゃん,おばあちゃんの戦争体験」を聞きとる作業かと思います。(ただし,わたしは戦争関連のことは,最近はあまりやっていませんが。)

さまざまな人々の語りに耳をかたむけ,ひとつひとつを「細かく」聴くことで,歴史の面白さを発見することができますし,こういった作業が,これからの日本の歴史学に大きな影響を与えるものと,受けとめています。

図書館にこもって歴史を勉強するのではなく,現実の世界に飛び出して歴史を勉強している,ということも,できると思います。そういう作業を重ねていくちに,さまざまな人々からの影響を受けるものですが,お年を召した方々にお目にかかるたびに,「結婚はしているの?,ガールフレンドはいるの?」などと言われるものですから,答えに困ってしまったと同時に,自分自身の人生のなかにロマンスがないことに,何らかの違和感を感じるようにもなりました。

一生独身,まるで修行僧のような人生も,それはそれで良いものだと思いました。しかしながら,「修行」をとおして得られるものは,すべて手に入れられるという強い気持ち,前向きな意識,あるいは自信のようなものがあったことから,しだいに勉強を重ねても,お金をたくさん稼いでも,恋愛だけはどうにもならないと思うようになりました。

どんなにお金持ちでも,嫌われてしまえば,即,ゲームオーバー。
どんなに良い人でも,誠実な人でも,清潔な人でも,「生理的に無理!」と言われてしまえば,即,ゲームオーバー。

どんなものでも手に入れたい,まるでお金持ちよりもたちの悪い人なのかもしれませんが,こういった欲なり,願望というものは,努力だけではどうにもなりません。一生懸命,何かに打ちこんだり,「自己投資」をしたって,相手に好かれなければ,即,ゲームオーバー。

水害,サイコロの目,僧兵ではありませんが,恋愛ほど「どうにもならないもの」が,この世にはあると思うようになりました。「恋は盲目」,「一寸先は闇」という言葉の意味することを,深く理解する機会でもありました。

確かに,「男女の仲」ほど,わかりにくいものはないと思いますが,それは,経験によってしか学ぶことができないからだと思います。実際に,パートナーをつくらないと,恋愛を学び,理解することは,不可能に近いものです。

まずは,「誰かと一緒に,まったりできる存在」になることを目指すべきなのかもしれません。あるいは,1から100まで「教えてもらわない」と,難しいのかもしれません。古今東西の歴史については,いろいろと学びましたが,「恋心」を学ぶチャンスに恵まれなかったのだと思います。恋愛の部分だけ,10年前くらいのわたしに「出直し」たいくらいの気持ちです。

投稿日時 - 2013-11-25 18:23:34

ANo.11

補足ありがとうございます。
助けたことで感謝されたなら、それは評価されたことになります。
すぐに彼氏・彼女はできないかもしれませんが、まず困っている人を助けて信頼を得て、互いに頼れる関係を築いていくことで、将来そのような関係に発展する可能性も出てくるのではないかなと思います。

投稿日時 - 2013-11-24 00:36:59

お礼

コメントありがとうございます。

誰かのために何かをして,感謝をされることはありましたが,それがすぐに恋愛につながる,ということは,一度もありませんでした。必要以上に,悲観視しないように,自分自身に言い聞かせるようにしていますが,やはり,「未経験」ということもあって,「負い目」を感じるようになりました。高齢恋愛+高齢結婚+高齢で子供を育てる,これは必至なので,深刻に考えてしまうときがあるのです。

ひとつひとつの人間関係を大切にしています。そして,いつかは,そういった人間関係から,ロマンスにつながることを願いたいものです。

投稿日時 - 2013-11-24 04:35:45

ANo.10

こんにちは。
補足をありがとう、回答1です。

どうしてもパートナーの話にしたいようですね。
つまり、このご質問の本質は「恋愛」についてであると。
質問意図を理解できず申し訳ないです。

質問者様は相当に賢いお方で、僕のような下賎の者が意見するのは心苦しいですが
お話の段取りとして、まずはお読みください。

そもそも生物は自分自身の複製を作れるから生物であって
人間のような雌雄がある生物の場合は、パートーナーを得る事が
その人生の中で相当なウエィトを占める事になるのは当然です。
よって、パートナーの獲得が最優先であるし、高い価値ある話であると思います。
そして本当に最も価値ある存在は、パートナーとの交配の結果である自身の子供。

これは生き物共通の話ですよね?
子を守るために身を挺して行動するのは動物共通の行為ですし
これに勝る愛情は無いと断言できるんじゃないかと思います。
そして、そこに評価がある・・・と質問者様のお考えかと思います。


ただ、「人間」と断りを入れた場合にはどうなんでしょうか?
社会性のある生き物ですから個体だけの幸福に依存せずとも、
社会全般の幸せのために行動する事で自身も満足を得る事もできる。
自分のパートナーや子供を守るのはある意味当然なんですが、
そうではない、たとえば仲間や集団や国家のために尽くす事は
生き物としての限界を超えたものだと思いますし
それこそが「人間として評価される」ものと思うのです。

質問者様のご質問に戻ります。

研究をされているそうですが、正直に申し上げると
そのような部門の方々は一般世間から浮いてしまっていると思います。
仕事柄、いろんな職業の人と接しますが教育関連の人や一般企業でも研究部門の方は
少しズレていると言わざるを得ません。
しかしそれは、マイナスなイメージだけではないです。

「近寄りがたいイメージ」ですがそれはアプローチがし難いって事だと思います。
普通のOLとかは、普通のサラリーマンと同じ境遇ですから共通の話題もある。
でも専門分野に特化したお相手の場合、アプローチする側も相応の知識が必要で
しかも積極的なアプローチができる人間でないとならない。

先生のような相手でも上手く立てて、
その特徴を伸ばしていけるような存在が
質問者様にとって必要なパートナーだとは思います。
そのような相手は必ずどこかにいるとも思いますが、
かなりレベルの高い存在であると言わざるを得ないですね。

僕は残念ながらそのようなハイレベルな存在ではないですが
先生みたいなパートナーって面白いと思います。
気を緩める時間もなさそうですけど、常に前向きに考え行動する様は
互いに相手を高めようとする行動にもつながり
とても良いカップルに発展するのではないかと思うと
非常に興味はありますね。

質問者様のメガネには適わなくてもそのように思っている人種もいるので
自虐的な考えはぜひ止めて欲しいです。

生きる行為は、ある年齢を過ぎると錆びてゆくだけになりますが
質問者様の研究の成果などはそうはならない。
頑張った成果は皆に引き継がれて磨かれ続けるわけだし
そう考えると醜いなんて思う事ないだろうと考えます。
質問者様はとても魅力的な存在だと思うし、
これからもそうであって欲しいです。

投稿日時 - 2013-11-23 13:45:51

お礼

・勉強とか,研究というものは,他利自得のような特徴がみられることがあります。べつに,権威のためとか,お金のためうんぬん,ではありません。わたし自身,仕事をしてお金をいただきますが,そういったお金は勉強のためのものであり,服を買ったり,美味しいものを食べるためのものではありません。そういった点の「ちがい」が,きっと,「ずれている人」とされる,ひとつの根拠になるのかもしれません。

・その一方で,勉強は大切だと,どんなことがあっても大切であると,そう思うのです。アメリカに住んでいたことがありますが,人々が感謝際の日にテレビでスポーツを観戦することに,疑問をいだきました。収穫やら過去の歴史に感謝するのが感謝際でしょう。ただ単にターキーを食べ,アメフトの試合を観る。そうじゃないでしょう。でも,そういった現実の背景には,勉強させない,などという「意図」があるのです。テレビ番組であれば,ドキュメンタリーだとか,討論ショーではなく,ソープ・オペラ,バラエティ・ショー,何かしらの「お色気」系のほうが,お国としては都合がよい,というわけです。社会の誰もが政治や経済に関心を持ってしまうと,お国としては都合が悪い,ということ。誰のための「お国」なのか…。

・「近づきがたい」という指摘は,真摯に受け止めています。確かに,そのような印象はあると思います。でも,わたしも,ひとりの人間。べつに,特別な存在ではありません。それに,ここでいう勉強とは,努力の積み重ねであり,才能やら,天賦の適正,などというものが要求されるフィールドではありません。そういったことが指摘されるものですから,努力することそのものが,まるで天賦の才のように扱われていると思います。努力することも,生まれつきのものであれば,それはそれは,悲しいことです。

・わたしも,ひとりの人間ですから。ユーモアとかも,理解しているわけで,決して,いわゆるコミュ障のような存在,というわけではありません。相手の気持ちを察することもできますし,ちょっとした演出も,できるわけで。ただ,勉強をしているということが,レッテルのようなものになってしまうことには,納得がいきません。勉強をしようが,勉強をしまいが,それが安易な人物評価につながってはならないと思います。

・モテ,非モテということからわかることは,悲しいかな,「うわべ」だけで人間を評価する人間がいることの証左ではないでしょうか? 口では人間は中身が勝負!,といいながらも,ほんとうは,イケメンに限る,美女に限る,というのがホンネなのです。モテ,非モテということから垣間見れるものは,「生き難い社会」を映す鏡,ということではないでしょうか? わたしは日本社会で生活をしていますが,日本社会にいる人々は,ほんとうにかわいそうな人々だと思うことがあります。

・また,パートナーができたからといって,性行為ばかりを要求するつもりも,ありません。そんなのウソだと言われるかもしれませんが,もちろん,Hなことにも興味がありますが,それ以上に,パートナーと旅行をしたい,一緒に買い物をしたい,1日じゅう手をつないでいたい,ずっとパートナーの笑顔を見ていたい,そして,これは空想ではありますが,もしも強力な接着剤でふたりがくっついていて,離れることができなかったら,どのような「日常生活」が待ち受けているのか…,ということを考えています。

投稿日時 - 2013-11-23 14:35:22

ANo.9

 なにをもって「人間」が「人間」であると定義するのでしょうか。

「人間といえど学名ホモ・サピエンスという動物でしかない。動物としての本質といえばなんといっても生き残り、子孫を残すこと。つまりは生殖行動に積極的で子孫を多く残すものがもっとも評価されるべき」

というのも間違いとは言えないでしょう。また、

「人間が動物と違うのは文化だ。特に芸術を理解するのは人間に特有の行動。だから高い芸術性を有する人間が高く評価されるべきなのだ」

というのもまた間違いじゃない。

投稿日時 - 2013-11-23 12:28:37

補足

そうですね…,文化は重要です。でも,不倫を文化的行動とするのは,いろいろな意味において,誤解を生みそうですね…。

ちなみに,この質問では,人間の定義を問うわけではありません。ある種の,恋愛論についてのものですから。

投稿日時 - 2013-11-23 14:17:09

ANo.8

基本的に質問者さんの意見に賛成です。

私の考えとしては、
客観的に自分を観れるという前提のもとで、自分が幸せ、または満足できる状態が
「ほんとうの意味」において評価される時、だと思います。
ただこの評価が「ほんとうの意味」であるためには、
他人や回りの評価ではなく、自己評価である必要があると思います。
その意味で「客観的に自分を観れる」という条件をつけました。

でも人間の欲には限度がありませんから、
今、幸せ、または満足できる状態であったとしても、
慣れや新たな欲によって不満足な状態、つまり評価できない状態になってしまいます。
その意味では物欲や名誉欲よりも
パートナーと充実した人生を歩んでいる、と感じる心が満たされた状態を
評価されている状態と考えることには私は賛成です。

質問文の冒頭に挙げられている、
学業の結果が高く評価されたとき
スポーツ大会で入賞したとき
会社の業績に貢献したとき
これらは名誉欲が満たされたときであり、
それらを達成したという自己評価の満足度もありますが、
他人からすごいと賞賛されたという、他者目線の評価でもあります。
一方で、
パートナーが出来たとき
パートナーと充実した人生を歩んでいるとき
は、一緒に街を歩けば周りがうらやむようなパートナーであれば、
他者目線の評価ともいえますが、主には自己評価の満足感です。
これらの事からも、
私はやはり、他者評価に夜満足度よりも
自己評価による満足度の方が重要であると思います。

投稿日時 - 2013-11-23 11:35:46

お礼

コメントありがとうございます。

・わたし自身は,お金を稼ぐこととか,非常に偉い人になりたい,というわけではありません。勉強とか,研究活動というものは,わたし自身のフィールドにおいては,いわゆるメシのタネになるようなものではありませんし(お金を稼ぐのであれば,語学を教えるほうが実はマシだったりします…),非常に地味なものであると同時に,でも,社会貢献のひとつであると,わたしは受けとめています。でも,わたしは権威を求めることはありません。過去に,わたしが関わるフィールドにおいては,権威を持っている人々(そうされる存在,も同じだと思いますが)が当事者からどのような評価を受けたのかを知っているので,そういったものを求めるつもりなど,毛頭もない,ということになります。

私情はここまでにして,

・いろいろな事情がありますが,ある流行歌の歌詞のごとく,「ああ,良かったな,二人でいて」ということに,感銘を受けたわけで,それだけで十分だと,ということです。極端なレベルではありません。「彼女と一緒であれば,国際社会,全人類を敵にしても構わないぞ!」,というわけではありません。「パートナーと一緒にいる自分の姿」にあこがれているのでは…,という誤解を受けるものなのかもしれませんが。「大切にしたい人」が欲しいということは,事実です。しかしながら,それを実践するためには,自分自身を大切にしているかが問われるので,そこには真摯に向き合いたいです。

・あなたのコメントは,励みになるものだと思います。

投稿日時 - 2013-11-23 14:15:30

ANo.7

仏教において恋愛は捨てるべき欲の一つとされています
あなたのこのような質問からも分るように
パートナーを得ようとすることが執着であり苦につながるからです

キリスト教でも穢れたものであるとして嫌われています
キリストは結婚していたと言う説もありますが

人間が評価されることは他の面でもっと重要なことが沢山あるでしょう

投稿日時 - 2013-11-23 11:10:13

補足

・「他の面でもっと重要なこと」

わたし自身のことですが,こういうことは熱心にやっていますよ。そして,そういうことを熱心にやっていても,ほんとうの意味における「幸せ」にはつながらない,というわけです。

・人助けをしたからといって,仕事を一生懸命頑張ったからといって,パートナーができますか? 人心とは,そこまでシンプルなものではありません。そして,不道徳的だという批判があるとはおもいますが,「お金」こそが人心を操る「最終手段」ではないでしょうか? まるで,どこかのベンチャー企業の創業者だと言われそうですが,お金の切れ目→愛の切れ目,ですから,それは的を得ている,ということになると思います。いや,そういわざるを得ない,ということにしましょう。

投稿日時 - 2013-11-23 14:05:17

ANo.6

No.3さんの回答に大賛成です。

投稿日時 - 2013-11-23 09:48:46

補足

・そして,助ければ,ほんとうの意味において評価されたことになりますか?

・たとえば,わたしはヘテロセクシャルですから,困っている異性を助ければ,その人物がわたしのパートナーになってくれる,ということになりますか?

・そこまで,日本社会は「うまいという意味において」,機能はしていないと思います。もしも,そうであれば,わたしはモテモテになっているはずですが…。

・人助けをしたところで,彼女なり彼氏ができる,なんていう,そんなはずがありません! 感謝されたからといって,「お礼にあなたの彼氏or彼女になります」なんて言ってくれる人,いますか?

投稿日時 - 2013-11-23 14:01:50

ANo.5

 学業で良い成績を取るのも彼女が出来るのも一時の結果による成果でしかないと思います。
 しかしながら、学業においては、天才もいれば凡人もいる。常に良くできる人は、賞賛に値するでしょうが、元々の素質なのですから、本当の意味という見方ではないのでは?と思われており、私もそう感じます。他方、誰も高得点を取れない時に自分だけ高得点を取れた場合、評価されるのではないでしょうか?。同じように、彼女が出来るのも、人それぞれで、常に女性に事足りない人もいれば、そうでない人もいます。前者において、評価はされるかもしれませんが、やっかみのような印象での評価であり、恐らくはご質問者様が想定されている本当の意味とは違うのだと思いますが、誰も物にできない女性を物にしたならば、それは周りからの相応の評価があるのではないでしょうか?。
 結局、どういった人が自分を評価するのか?にもよりますが、評価するのは、出来ないと思っている大勢の他人が、自分が劣っていたと感じる結果でしかないと思います。
 非常に曖昧で申し訳ありません。
 ところで、彼氏彼女ができて一人前と判断する考えには、私は難があります。
 彼氏彼女の定義って何ですか?。
 結婚して、家庭を持ち、養い続けて、初めて一人前と評価されるのではないですか?。
 とは言うものの、最初のスタートである結婚をしてない者は、一人前と評価されないのでしょうか?。親の介護で結婚できない人、病気や怪我等で結婚できない人は大勢おります。そういった方は一人前でないと?。
 評価の対象も人それぞれです。
 ご質問者様のように学業や彼氏彼女ができて一人前と考える人もいれば、家族を養っていても仕事が満足にいつまでもできない者は一人前でないと考えている私もおりますし、親の介護をしながら残業の仕事をし続けている人でも一人前と考えます。
 評価されるって事は、第三者から賞賛を口頭で言ってもらって、自身が安心感、安堵感を得られる事なのかなあと思います。一生懸命、事をしているのに、他人に普通だよと言われてしまえば、身も蓋もないですよね^^;。まあ、そういう人達ばかりだと環境を諦めるしかありません。評価はすぐに上げられるものではなく、時間と労力が必要であり、評価をしてくれる人に巡り合えるかなんだと思います。数学の難問公式を解いたとかノーベル賞受賞が良い例ではないのですか?。

投稿日時 - 2013-11-23 09:25:43

補足

・不幸なことにも,他者を評価できない人々の多いこと,いまの日本社会においては。自分自身が活きるだけで精一杯,という社会的な事情も考えられますが,それでも,他者を認めること,他者を評価することが欠けているからこそ,承認欲求のことがたびたび論じられると,わたしは思います。

・一人前の人間の条件とは,それぞれの社会において,おのおのの価値観において,それはまちまちになると思います。しかしながら,現在,この日本社会において立ちはだかっている,大きな問題とは,誰も他者を認めたがろうとしないという問題ではないでしょうか? たとえば,排外主義の問題。それは,他者を認めたくない,だから,他者を社会から排除することに熱心になるという,精神的な問題があると思います。

・また,パートナーがいても,家族がいても,いわゆるダメ人間がいることは,周知のことだと思いますが,パートナーがいる人間,家族がいる人間,彼ら,彼女らと,色恋とは無縁の人生を歩む羽目になった人間,どちらが,社会的にみて,あるいは,ほかの価値観においてもかまいませんが,「活きている価値のある存在」なのでしょうか? 状況はどうであれ,結婚しているorパートナーがいる人間のほうが,「活きている価値の高い存在」とされます。さらには,色恋とは無縁の人間にたいしては,一方的なレッテル貼りという問題もあります。精神的に,身体的に問題があるなどという,一方的なレッテルを貼られたら,それ以後,その人物は色恋とは,ほんとうに縁のない人生を送る羽目になります。あるいは,「お金の力」を使い,アジア諸国から「オヨメサン」
を「買う」ことになりますが・・・(ちなみに,それで生まれたのが“わたし”になります・・・お恥ずかしいことにも…)。

投稿日時 - 2013-11-23 13:55:57

ANo.4

>「ほんとうの意味」において人間が評価されるとき

パートナーは関係ないと思う。

人が困っている時に見返りを求めずに
助けてあげる事だと思う。
勿論これが金銭的。。。な場合は
貸した金はあげたと思う事。
(但し、保証人とかは別。
出来る範囲で)

パートナーが出来たら それはそれで嬉しいかもしれないけど
だからと言って 評価された訳ではない。
たまたま お互いに恋心を持って付き合った(結婚)であって
ケンカもすれば別れる事だってある。
別れた場合は ほんとうの意味において評価されなかった
事になるでしょ。
ほんとうの意味に置いて評価された人と
別れる=その評価は間違いだったって事じゃん。

投稿日時 - 2013-11-23 08:44:36

補足

・金銭の貸し借りというレベルの人間関係を構築することで,ほんとうの意味において評価されたことになるのでしょうか? 金銭の貸し借りというレベルとは,素晴らしい信頼関係を意味するのではないでしょうか?

・パートナーとの関係については,それが崩壊することも十分に考えられるでしょう。しかしながら,どのような事情があったにしろ,交際をしていたという事実は曲げられません。そういった事実がひとつでもある人間と,そうでない人間,つまり,色恋とは無縁の人生を歩んだ人間,2つのうちのどちらが,当事者が,ほんとうの意味において評価されたと感じるのでしょうか? これは,無縁社会とも関連すると思いますが,彼氏or彼女がいない,つくることができない,こういったことは,当事者にとっては非常に切実なことであり,たとえ当事者がほかの分野において高く評価されようとも,非モテという事実を曲げることはできませんし,否定することも出来ません。当事者にとっては,それが,まるで一生の恥,末代までの恥とされる,というわけです。

投稿日時 - 2013-11-23 13:47:08

ANo.3

ほんとうに助けを求めている人がいるときに、周りに流されないで助けて、感謝されたときかなと思います。

投稿日時 - 2013-11-23 05:24:00

補足

・そして,助ければ,ほんとうの意味において評価されたことになりますか?

・たとえば,わたしはヘテロセクシャルですから,困っている異性を助ければ,その人物がわたしのパートナーになってくれる,ということになりますか?

・そこまで,日本社会は「うまいという意味において」,機能はしていないと思います。もしも,そうであれば,わたしはモテモテになっているはずですが…。

・人助けをしたところで,彼女なり彼氏ができる,なんていう,そんなはずがありません! 感謝されたからといって,「お礼にあなたの彼氏or彼女になります」なんて言ってくれる人,いますか?

投稿日時 - 2013-11-23 14:01:43

パートナーができたり、パートナーと充実した
人生を歩んでいるときも、まだ途中経過でしょうね。
その後がわからない、確定していないから・・・
で、死んでいくさまが、実は本当の意味で評価できるかな?
と思います。
孤独死や自殺などは、間違いなく低い評価でしょう。
家族や友人その他に惜しまれながら、っていうのか
自分に関係した人が納得しない死であれば、
評価が高いと思う。
死んで当然だ!!と思う人がいれば、それは評価が低い。
結局は、自分で評価するものではないので、人任せですね。

投稿日時 - 2013-11-23 02:39:35

補足

「死んでいくさまが、実は本当の意味で評価できるかな」

この点は,良い指摘だと思います。

ところがどっこい,パートナーをつくる段階に至らない,至れない人々は少なくないものです。

誰もが,人を適切に評価できるわけではありません。他者を評価する知識のない人間は多くいますし,他者にたいしてバイアスばかりを抱く人間も,多くいます。恋愛においては,そういった傾向が顕著にみられると思います。

羊頭狗肉のごとく,外見さえOKであれば,彼氏にしても彼女にしてもOK。中身,何それ,美味しいもの!? 卵の黄身のようなもの!?

いわゆる「非モテ」という言説からは,他者を認めたがらない,他者を評価できない,ココロが貧弱になってしまったニッポンジン像を垣間見ているようです。

ココロが貧弱になった人間の多い日本社会において,「生きろ!」,などという要求は,つじつまがあわないようなものなのかもしれません。

投稿日時 - 2013-11-23 02:51:05

質問者様はドクターコース?

なんかあたまでっかちな質問に思えます。

人間としての真価が問われるのは
相対する者が困っているときに助けてあげるか、です。

確かに人生のパートナーの場合には
これが一番重要なのですけど、
別にパートナーでなくたっていいわけですよ。

親でも兄弟でも友人でも同僚でも、なんでもいい。
いつもはケンカばかりしている嫌な奴でも
本当にココロから困っていたら助ける、
それが人間として一番評価される行動じゃないですか?

投稿日時 - 2013-11-23 02:34:46

補足

親は親,兄弟姉妹は兄弟姉妹,親類は親類,友人は友人,先生は先生… 彼らは,もちろん,大切な存在ではありますが,パートナーとはまったく質やら中身の違う存在です。

親に恵まれている,兄弟姉妹に恵まれている,親類に恵まれている,友人に恵まれている,先生に恵まれている… それは,非常に大切なことですし,幸福につながる要素でもあります

しかしながら,どんなに親が素晴らしくても,兄弟姉妹が素晴らしくても,親類が素晴らしくても,友人が素晴らしくても,先生が素晴らしくても,パートナーにはかないません。パートナーよりも,価値のある存在になることはないと思うようになりました。

わたし自身は先生に恵まれましたが,それは勉強のうえでは非常に素晴らしいことですが,恋愛においては,まったくもって,有利にはたらくような要素にはなりません。また,先生に恵まれた人が恋愛という点において魅力的であると思う人は,あまりいないと思います。

それどころか,自分自身よりもかなり年を召した方々と交流することが多いせいか,同年代の人々からは「近寄りがたい」イメージがあることに気がついたとき,非常にショックを受けました。

先生みたいな存在。先輩。お兄ちゃん。そういったレベルの存在であれば,受けが良いそうですが,彼氏や彼女というカテゴリーにおいては,このような特徴は百害あって一利なし,という現実があります。誰も,先生みたいな人を彼氏や彼女にはしたくありません。

生きることは,素晴らしいことではありません。醜いことだと思うようにもなりました。いくら勉強をしたからといっても,このような状況(あるいは,醜態!?)であれば,ホストクラブ通い(あるいは,火遊び)をする女性のほうが(あるいは,ソープ通い/キャバクラ通いをする男性,など),ずっと賢いのではとも,思うようになりました。

投稿日時 - 2013-11-23 02:44:24

あなたにオススメの質問