こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

遺産相続、アドバイスお願いします(´・_・`)

父と母が今悩んでいて、子供として何かできないかと思いここでご相談させていただきました。

兄弟での遺産分与に関わる相談です。
少し状況が複雑なので説明しますが、分かりづらいかと思います…できるだけ伝わるように書きたいと思います。

先日祖父が突然の病気で他界しました。
病気になるまではとても元気で、農業一筋の祖父は祖母と二人で仲良く暮らしていました。

数年前、父の弟(実弟)が、他県で勤めていた会社をやめて帰省し、祖父母の実家近くに住み始めました(空家になっていた祖父の弟の家を借りて)。
農業をやりたいとのことだったようですが、実際は組織で働くことが苦手で人付き合いができないことから欝に近い状態になり、自分のペースでできる農業をと思い帰ってきたようです。
お互い別々の家に住んで生計は別にしながら、そこはやはり親子なので一緒にやっていた畑も一部ありました。

一方の父はまだ学生の子供もいたことから、祖父母の実家から車で40分のところに住み、会社勤めを
していました。それでも、盆や正月はもちろん、祖父の畑で手がいる時などはマメに実家に帰っていました。母も同様で、実の両親のように慕い祖父母と付き合ってきました。

しかし、先日祖父がなくなってから、祖父母の家には父の弟夫婦が住み始めました。
家の中の家具も勝手に捨てたり、畑も手がまわらないものは売ったりと、長男である父にまったくなんの相談もなしにです。
しかも、祖父が入院し始めた頃から家の中の整理は初めていたようで、私が使わなくなって置いていたエレクトーンも、なんの相談もなしに捨てていました。
父は、「いずれは自分が家を継ぐ」という意志を弟夫婦に伝えていたため、なんの相談もなしに事を進める弟夫婦の行動に心底驚いているようです。もちろん母も長男の嫁になった時点からそのつもりだったので、ショックが大きいようで、見ていてかわいそうになります…。

「弟夫婦」と書いてきましたが、このどう考えても筋の通っていない行動はすべてお嫁さんのとっているものです。父と母の家を継ぐ意志を知っていながら、祖父の他界した今、我が物顔で取り仕切っています。祖母ももう81なので、身の回りの世話をしてくれている弟夫婦を悪く思うはずもありません。

今の状況から、父と母は祖父の家を継ぐことを諦めようとしています。
「もめごとは避けたいし…」と、弟夫婦の筋の通らない行動に腹を立てながらも目をつぶろうとしています。しかし、子供の私からすると、やっぱりどう考えてもおかしいし、結果は変わらないにしても、せめてきちんと話し合いを持ってお互い納得する方向に持っていかなければいけないと思うんです。

そこで、父と母に正式な話し合いの場を持つよう今日説得しました。
しかし、父も母も人がいいので、いざその場になると弟夫婦に言いくるめられてしまう、あるいは口約束だけされていざとなったら「そんなこと言ってません」なんて言われて終わりそうで心配です。

父と母は、今どうすべきなのでしょうか。
気まずくなるのを避けたがる父と母ですが、私は、きちんと話し合いの場を設けて、念のためテープレコーダーをポケットに入れておく。そして、なにかしら決まったら、誓約書か何かにお互いサインして確認するべきだと思うのですが、自分でもそれでいいのか心配です。

専門的な知識のある方、また、似たような問題を経験された方、どんな些細なことでもいいので、助言いただけたらと思います。

よろしくお願いします!
長文・乱文で失礼しました。

投稿日時 - 2013-11-24 22:57:22

QNo.8360669

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

弟夫婦は祖父の田畑や財産を独り占めにするか、遺産相続を出来るだけ自分たちに有利になるように積極的な事前工作を行っていると思われます。

祖母様と話し合いをして祖母様のお考えを確認することが必要です。

祖母様が自分の意志で積極的に弟夫婦との同居を希望しているとか、田畑を弟夫婦に譲りたいと考えていないのであれば、早急に弁護士に相談して相続財産の保全手続きをされた方が良いと思います。

祖父様の遺産や土地は祖母様2分の1と、弟さん4分の1とお兄さん4分の1の権利がある共有の財産ですので、弟さんの意思で売却したり弟さんがお母様を説得してお母様の同意を得たとしても、貴方のお父様の同意無しでは勝手に処分したり売却したりする事は出来ない(してはいけない)と法律で定められています。

とにかく出来るだけ早く祖母様と相談して、今後どの様にするべきかを弁護士の先生に聞いてアドバイスをしてもらって下さい。

殆どの法律事務所は、最初の相談は無料で対応してくれます。
その結果で、本格的な弁護業務を依頼すると初めて費用が発生しますが、弁護士費用は弁護によって保護された財産の中から支払う事ができますので、躊躇していている間に守るべき資産の殆どを失ってしまわないように一刻も早い弁護相談をお勧めいたします。

お父様とお母様が弟夫婦との中を気にして我慢して身を引くと、その事がいつまでもご両親の心の負担となって、将来お父様やお母様が欝やノイローゼなどの精神疾患を来たす可能性が高いと思います。

お父様が積極的でなくても、あなたが積極的に動いて上げる事がご両親の将来の為になると思います。
お父様が中々動かないようなら、質問者さま一人だけでも弁護士さんに一度相談してみた方が良いと思います。

投稿日時 - 2013-11-25 00:05:06

補足

祖母は、とっても温厚でやさしい人なのですが、今回の件に関しては状況がよくわかっていません。。。母と私にも「いつでも帰っておいでね」と声をかけるし、弟夫婦ともまぁうまくやっているようです。そういう状況もあって、争いごとは避けたいのですが、このままではあまりにも弟夫婦が身勝手で…

父と母は将来祖父の跡を継いで家を守る心持ちで人生過ごしてきました。
父は関東の大学を卒業したのち東京に就職し、母ももちろんついていって、私と弟たちは東京で生まれたのですが、将来を考えて私が小学校にあがる頃祖父母の家からそう遠くないところに飛っ越して戻りました。

祖父も、文書などでは残っていませんが、父にゆくゆくは家を、と話していたそうです。

腹を立てていながら父と母が泣き寝入りしそうで、私はとても心苦しいんです。。。

アドバイス、ありがとうございました☆彡

投稿日時 - 2013-11-25 00:40:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

兄弟とは不思議なもので、争い事になれば、とても「話し合い」では解決できない事が結構あるものです。
特に、他人(嫁)が付くと、そうなりやすいですね。

もし、亡くなられたのが祖母様であるなら、お父様の弟の嫁は、そこまでしゃしゃり出なかったのでは?と思います。


又、貴方のご両親は、賢明な方だと私は思います。
相続となれば、血の分けた兄弟で争い事が多い中、貴方のご両親が黙って「我慢している」から、事が治まっているのです。

それを近くで見ている貴方は、まどろっこしいかも知れませんが、ご両親の大人の態度を理解してあげるべきです。

何でもそう、世の中筋の通らないことをして来た人は、いつかそのお釣りが来ます。
お父様の弟夫婦がまさにそうじゃないですか?
欲を出して、むちゃな行いをしてきた人は、いつか自分がしてきたことを誰かにされるものですよ。
だから逆に、「かわいそうな人達」と思ってあげたらいかがですか?

貴方のご両親のように、逆に自分の感情を抑え我慢してきた人は、これからの人生、平穏にことが進んで行くでしょう。


よくも悪くも、自分の行いが、将来返ってきます。

貴方は、ご両親の考え(姿勢)に黙って見守って行かれて下さい。

投稿日時 - 2013-11-25 23:22:32

お礼

そうですね、そういう考えもあるなぁと思います(>_<)私はどうしても父と母に肩入れして状況を見ているところもあるかと思うのですが…「お人好しが損をする」という感じが私は見ていて悔しいなと感じてしまって。。。父と母と十分話した上で、やはり最後は両親の意向を尊重しようと思います☆彡ありがとうございました!

投稿日時 - 2013-11-25 23:58:08

ANo.7

そうですか~悩んでる親の姿をみてのご相談なのね。
まあ、関係者で話し合いをもつのは必要ですね。
文面を読めば、、、
ご両親が長男で、ゆくゆくはご実家に戻って、跡を継ぐ、、
そのこと自体、次男(叔父さん)、奥さんは納得してなかったということですよね。
あなたのお父さんの宣言だけ?だったのではないのかな?
実際、跡を継ぐのは長男でも次男でもいいのではないですかね。
ここでの跡を継ぐということに含まれるのはどういったことなのかな?
財産と墓守、お祖母さんの老後の世話、、、
これはそれぞれがまるっとひとくくりではかたずけられないのではないでしょうか?
昔は跡取りが財産、墓守、親の老後、親戚付き合い、、、全部もらいっていうのが大半でしたよね。
でも、、民法が変わり、、
遺言がない限り、財産均等と親の老後の介助均等、、、そうなりましたよ。
でも、、そこには、墓守り、法事、親戚付き合いなどなど、、、
誰がもらうのか?まで民法には書いてない。
だから、もめちゃう。
よくあるパターンで、めんどうな親の老後世話だけポイっていうのをききますね。
ま、親の世話は実子の義務だから、財産をもらえなくてもやらなきゃなりませんけど。
まあ~その叔父さんがどういうつもりなのか?
お父さんは聞きただす必要はありますね~
あなたの言うとおりだと思いますよ。
まずは、早い時期がいいかもね。

投稿日時 - 2013-11-25 05:31:25

お礼

これまでお互いきちんと言葉で思いを伝え合っていなかったところが今回のすれ違いの原因かなぁと思います(´・_・`)イイ大人なので、自分の利益だけ考えるのではなく、お互いの納得を一番に考えて話していければいいなと思います。ありがとうございました(連桁付き8分音符)

投稿日時 - 2013-11-26 00:01:15

ANo.6

私は専門家ではありませんが、二度の遺産相続を経験しています。
その時に感じたことをお伝えしたいと思います。
1.祖母の遺産
一人娘だった母が先に亡くなったので、私達兄弟4人で代襲相続をしました。
遺言書はありませんでした。
物件は4つあったので、祖母名義の自宅は長男、賃貸物件二棟は遠方に住む長女と三女、店舗物件一棟は物件の二階に住んでいた次女になるだろうと思っていました。
しかし立地が良い店舗物件の資産価値が思いのほか高額で、母子家庭の次女は相続税が払えないと泣付いてきました。
仕方なく長女が店舗物件を相続することとなり、次女は相続した賃貸物件を売却後速やかに家を出ると約束をしました。
ここで嫌な予感がしてきたかと思います。
的中です。
次女は居座り続け、退去させるまでに18年間要しました。
<教訓>主張に矛盾が多い人間は責任を果たさない
    公平を主張する人間ほど自分の利しか頭にない
2.父の遺産
母の死後生まれ故郷に戻った父から長男と長女に話がありました。
・生命保険の受取人を三女の名義に変更したい
・預貯金は4人で均等に分ける
・葬儀告別式と年忌法要は不要
三女には障害のある子供がいるため父の申し出に二人は了承。
代理で長男が受取人の変更を済ませました。
それから数年後に父が他界。
預かっていた保険証券にて手続きを取ったところ、既に済んでいると回答。
どういうわけか受取人は伯母(父の姉)になっていたのです。
預金通帳の残高も殆ど残っていませんでした。
父の意向に沿わない結果となりましたが、三女が納得していたので長男も長女も不問に付しました。
後になり判明したことですが、次女が伯母と結託し三女を上手く丸め込み伯母名義に変更させ、伯母からいくらか受け取った模様です。
<教訓>非相続人に兄弟がいる時は全員が揃った時に希望を伝え書面に残すこと

お金に困っている兄弟は何かと先導したがります。
他の兄弟から非相続人を遠ざけようと画策します。
あなた方のケースも弟夫婦は祖母と同居することで、ご両親との距離を作りました。
祖母は祖母で上手い具合に丸め込まれているはずです。
一度こうなると覆すのは容易ではありません。
私は長女です。
二度の経験に基づきアドバイスするとしたら、ご両親が納得されているならあなたが口を出すのは控えましょう。
相手は孫のあなたが欲しいと言っているとしか受け取らないからです。
後で全てが分ります。
その時に関わらなくて良かったと思うはずです。

投稿日時 - 2013-11-25 04:32:34

お礼

父と母は、結果より過程を大事にしたいようで、そこを省いている弟夫婦の事の進め方に疑問があるようです。そこは私も全く同感ですが、お互い言葉足らずでこの問題が起きていることだけははっきりしているので、穏やかにお互い納得できる話ができるといいなと願うばかりです(>_<)ありがとうございます!

投稿日時 - 2013-11-26 00:03:53

ANo.5

行政書士さんに同席してもらった方が良いと思います。まず、土地の名義変更から何から、素人でできるわけがありません。
通常、義弟が家を相続する場合でも、法的に有効な遺言状がなければ、兄弟の同意書がなければ、勝手に全部相続ということはできないと思います。畑を売るなどということも、相続の手続きか、生前贈与されたものでなければ不可能なはずです。名義が義弟になっていたのでしょうか???

こんなことを言うのもなんですが、農地とはいえ税もかからないわけではない。相続するのは財産だけではない、責任も引き継ぎます。土地の価値によっては、相続税も小さくないかもしれません。お父様の方にも、あまり遅くならないうちに、自分の取り分を確定させて、責任をはたす義務があるわけです。

角が立たないためには、「自分の法的責任が何か知りたい」ということで、行政書士さんに同席お願いする方が良いと思います。

うちは、もめた親戚ともめなかった親戚がいますが、、もめなかった親戚は、結婚した時点で遺言まで確定していました。相続する長男が、自分がやとった行政書士さんに書類を作成してもらい、みなサインするだけという状態で、兄弟の家を一軒一軒まわって頭を下げて挨拶していました。
もめた親戚は、遺言がなく、長男が継ぐという若いころの約束に反して娘が家に住んでいました。住んでいた娘が遺品整理しましたが、もめました。。

ただ、感情に任せてやり取りするのみならず、必要な手続きと相続人の責任について、ちゃんと兄弟で一緒に調べたほうが良さそうです。。

投稿日時 - 2013-11-25 01:19:06

お礼

今日早速行政書士さんに相談してきました。一般家庭の場合、行政書士さんが話し合いに同席することは少ないし、当人たちだけで穏やかに話ができればそれが一番とは言われました。父と母も、第三者を立ててまで事を大きくしたくないようなので、そこは両親の意向を尊重すべきかなとも思っています。お互い大人なので、お互いを想い合っていい話合いができるといいなと願います(>_<)ありがとうございました!

投稿日時 - 2013-11-26 00:06:29

ANo.4

>腹を立てていながら父と母が泣き寝入りしそうで、私はとても心苦しいんです。。。

ご両親様もご立腹なのであれば、彼方が強く説得して弁護人の仲立ちで正しい財産分与の手続きを勧めた方が良いと思います。

祖母様や弟さんとの仲を悪くしたくないのであれば、「将来、末永く親兄弟の仲が円満である為に」という事を理由(大義名分)にして、「将来兄弟間で揉め事にならないようにする為にも、法の基準にそって正しく財産の分与を行い、今後の田畑の管理はどうするのかを専門家を通して決めよう」という形に出来るように計らって欲しいという旨を伝えて弁護相談をしてみては如何でしょうか?

家族や兄弟の円満のためにと言う前提で弁護士が介入してくるのであれば、弟夫婦も内心は腹立たしく思っても露骨に拒否したりする事は出来ないと思いますので。

とにかくお話を聞く限りでは、なにはともあれ先ずは弁護士の先生にご相談された方が良い事に間違いはないと思います。

投稿日時 - 2013-11-25 01:15:42

お礼

専門家をはさんでまで話をするのは、父と母はさけたいようです。実際、今日行政書士の方に相談に行ってみましたが、一般家庭で自分たちが話合いから立ち会うことはめったにないですし、当人達同士で丸くおさめられればそれが一番ですねとも言われました。家族や兄弟の円満のためにと言う前提で父と母が話合いを進められればいいんですが、二人とも少し諦めモードというか…両親たちが気力を失っているなら、これ以上いろいろ私が言うのも無意味かなとも感じているところです。。。とは言え、事が事なので、頂いたアドバイスを参考に、また両親と話してみみます(*^_^*)ありがとうございました!

投稿日時 - 2013-11-26 00:10:50

ANo.2

公正証書を作成されてはいかがですか?

http://www.koshonin.gr.jp/a3.html

事前に、電話予約する必要がありますが、話し合いがスムーズに済めば、すぐに公証役場に行けばいいのでは?

>「そんなこと言ってません」

などと、すぐに反故にしそならば、行政書士の方を話し合いの場に同席してもらっては?

お金はかかるけど、もめるよりはいいかと…

投稿日時 - 2013-11-24 23:29:48

お礼

なるほど、調べてみます!ありがとうございます☆彡

投稿日時 - 2013-11-25 00:33:20

ANo.1

叔父さん夫婦が入っているなら、それで良しと思います。
と言うか、その様に割り切るのが一番でしょう。
あなたのお父さん達が争いを嫌うと言うなら・・それが一番。

あなたには今の所相続権はありません。
ですから、あなたがとやかくは言わないのが良いと思います。

私も、同様な事を経験しました。
長兄が私たち弟達には何の相談もなく、父の生前から・・色々とね。
私は、何も貰わなくとも良いと思っていたので、他人から知らされてもどうとも思いませんでした。

しかし、私は健康な身体を貰った事が何よりの遺産と思って居ます。
また、長兄を憎む気持ちもない事にも、感謝です。

欲しい人にはあげてしまうのが一番。
物理的なものだけが遺産ではありませんしね。

>>エレクトーン

少々悔しいでしょうが、どうせ使わないのですから、何れは処分でしょう。
その時期が早まっただけとでも思いましょう。

そうそう、父をそそのかした?様な財産の継承を受けた長兄でしたが、最後には全て使い果たしました。
働く事が余り好きではなく、ばくちに入れ込んだあげくに・・
策略と言うのか、強突張りと言うのか、その様にして手に入れた物は残らない様に出来ている様です。

投稿日時 - 2013-11-24 23:19:57

お礼

ご意見ありがとうございました(*^_^*)

投稿日時 - 2013-11-25 00:32:46

あなたにオススメの質問