こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

連帯保証人【20年後】は時効?

タイトルの件、質問いたします。

事業用の資金として、下記要領にて、借入をしました。
Cさんの立場がどうなるかを聞きたいです。
20年前に、借りた資金ですが、Aさんは自己破産をしました。
Bさん、Cさんはまだ破産をしていません。

Bさんが月々5,000円返済しているとは聞いたのですが
Cさんには、請求が来ませんでした。

そこで、約20年ぶり位に、CさんにA機構から、請求がきました。1200万円【元金は400万円
ですが、利息がついて】

【質問したいこと】
上記ケースの場合は、20年間、請求がこなかったので、時効にはならないのでしょうか?
また、支払うにしても、延滞金800万円は免除してもらえなのでしょうか?
また、Cさんは年金収入のみで、他、資産はありあせん。
自己破産は可能ですか?

以上、ご存知の方、いらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

【借入先】
銀行【普通の】
【金額】
400万円
【借入日】
20年前
【現在の債権の状態】
1200万円【400万円に利息が付いた〉
債権は、A機構というところに譲渡されたみたいです
【契約者】
Aさん→自己破産済
【連帯保証人】
Bさん【Aさんの妻】、Cさん

投稿日時 - 2013-11-26 17:41:03

QNo.8362854

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

訂正。

> Bさんが月々5,000円返済している
保証人の返済が継続しているので、時効の用件を満たすことは有りません。

投稿日時 - 2013-11-27 12:59:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

> 20年間、請求がこなかったので、時効にはならないのでしょうか
全く無意味な質問。

この場合に問題になるのは、「Aさんは自己破産」をした日が何時かということ。
主債務者の最後の返済(破産による配当)が、から時効の時計が動き始めます。
つまり、破産と免責が確定して、配当が払われたのが5年以内なら、時効は成立していません。

投稿日時 - 2013-11-27 12:54:10

あなたにオススメの質問