こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ベタ基礎について

本日ベタ基礎のコンクリートが打たれました 長いボルトが周りに10本 コンクリ―トで固定され立っております。 このボルトは ホールダウン金物を取り付ける為の物でしょうか
乾いたら 立ち上がり基礎型枠組を やるそうですが、アンカーボルトは固定式でお願いしてます。
初歩の質問で恥ずかしいのですが、型枠に生コンを流す前に ボルトを金物で留める事を固定式と言うのでしょうか 10本のボルトはベタ基礎直で良いのですか 土台を止めるボルトは少し細いようですが これを型枠に固定式にするのでしょうか。
解りずらい質問ですみません宜しくお願いします。
 

投稿日時 - 2013-11-27 16:05:54

QNo.8364069

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

HDのボルトは、大凡で建物の出隅に設定されます。引き抜きの強度により4種類程度に分けられます。
N値計算をした場合には、適所に配置されます。
そのボルトの長さが強度の違いと見て良いと思います。

土台用のアンカーボルトは、土台と基礎を緊結するものであるので、さほど長いものではありません。

基礎のコンクリートに打設時に埋め込まれるものは、「固定」されることになります。

可動とはビスなどで留めたものを指すと思いますが、土台は、ボルトで「固定」と言い、HDの柱側についても専用ビスでの固定と言います。
実態的に、木材側の設置方法は「半固定」の状態なんだと思います。

「半固定」とは、概ねで鉄骨造の柱脚部について専用のアンカーボルトで建てる時に用いたりします。

しかし、この施工方法が通常であって、これ以外の方法はありません。

投稿日時 - 2013-11-28 12:06:47

お礼

どうもありがとうございました。大変参考になりました。

投稿日時 - 2013-12-01 17:12:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

申し訳ありませんが、この説明では、全く、理解出来ません。

以前、写真を添付されていた方がいましたので、写真の添付が可能だと
思います。

現状の写真を添付されることをお勧めします。
(可能なら、コンクリート打設前と後の)

写真の情報量は、皆様が想像する以上に膨大です。

私は解らないかも知れませんが、他の回答者には非常に
有効だと思います。

正確なアドバイスの為には正確な情報が必要です。

取り急ぎ記載いたします。

投稿日時 - 2013-11-27 20:21:25

お礼

どうも申し訳ありませんでした アンカーボルトホルダーという部材で 設置しているとのことで
型枠を組み上部を金物で固定する物かとばかり 思いこんでました。

投稿日時 - 2013-11-29 18:56:23

あなたにオススメの質問