こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パタゴニアとモンベルのウインドジャケットについて

よろしくお願いします。
パタゴニアのフーディニとモンベルのウインドブラストパーカを使っているのですが
フーディニの、価格差分のアドバンテージが体感できなくて質問しました。

軽いのはかなり実感していますし、透湿性も若干上な感じはありますが
実際使っている方は圧倒的なアドバンテージを感じていらっしゃるのでしょうか?
フーディニと比べるなら、本来ならウインドブラストパーカではなく「U.Lストレッチウインドパーカ」
なのでしょうけど、持っておらず、こちらと比べる事ができなくて…

投稿日時 - 2013-12-09 10:34:30

QNo.8379213

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

パタゴニアのフーディニの価格は13650円ですが、本国価格は99$ですから本国価格を日本円にするともう少し安いです。1ドル80円くらいだった時代は完全に同価格くらいまで近づきます。
一方モンベルのウインドブラストパーカは5800円。
顕著な違いは生地の厚さで、フーディニは10デニール、ウインドブラストパーカは40デニールですから、透湿性が生地の薄いほうがよいのは当然です。で、値段の違いは生地の薄さ(薄いほうが縫製が大変)に出ているようで、モンベルのULストレッチは8400円します。こちらは12デニールでまだフーディニより厚いです。(もっと薄いモンベルのEXライトだと驚異の7デニールですからもっと透湿性はよいのでしょうが、パーカモデルがありませんので比較ができません。アノラックモデルは魅力的ですが)
と、いうことで、値段の差は基本的には
(1)日本価格は高い
(2)生地が薄い分高い(モンベルの同等品はやはり高い)
ということかと。他の製品(フリースとか)だとモンベルとは全く違う手触りとかもあるですが。
あと、生地が薄い&軽いと持ち運びに便利ですが、その分岩角などにひっかけるとすぐに破れたりというデメリットもありますから、用途に応じて、とは思います。

投稿日時 - 2013-12-11 07:34:32

お礼

nateomさん、ありがとうございます。

私が昨年買った時は、フーディニは17,850円でした。
すぐ後に13,650円に値下がりしていてびっくりしました。

>と、いうことで、値段の差は基本的には
>(1)日本価格は高い
>(2)生地が薄い分高い(モンベルの同等品はやはり高い)
>ということかと。他の製品(フリースとか)だとモンベルとは全く違う手触りとかもあるですが。

透湿性については着た感じで実感できるほどでした。
生地の薄さがそのまま性能に出ているのですね。
価格の差もさることながら、性能にどれほどの違いがあるのかと疑問に思っていましたが
透湿性の違いは一般的にも顕著なようで、その理由である“薄さ”は価格に反映している、
ということで納得しました。
また『パタゴニア』というネームバリューも値段の一つかもしれませんね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-12-12 11:25:37

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問