こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

短大2年生です。進路に悩んでいます

短大2年生です。進路に悩んでいます
私は短大2年生の20歳です。卒業を間近にして、進路に悩んでいます。

高3の時大学受験に失敗し、浪人はできなかったのでとりあえず合格した短大に入学しました。
しかし大学に行きたいという思いが強く、今年大学編入試験をいくつか受けましたがすべて不合格でした。
私はそれでもまだ大学進学をあきらめられず両親に来年また編入試験を受けようか相談したところ、おそらく来年も合格しないのではないか、お前はずっと大学にこだわっているのでいっそ再受験でもして1年からまた入学したほうがいいのではないかということでした。
(学費、卒業時の年齢などもあり私は再受験は考えていません。。)

ちなみに短大の先生はもう就職にしたほうがいいのでは?と言っています。
私の家は裕福ではないので、自分でも就職にしたほうが親の負担も少なくて済むしそちらのほうがいいのだとはわかっていますが、ここまで来ても大学進学を諦められません。

今の所
・来年再度編入試験を受ける
・就職
のどちらかかな、とは思っていますが、もう正直どうしていいかわからないのが本音です。

みなさんなら、こういう場合どうしますか?
上記を読んで感じたことなどなんでも教えてくれると有難いです

投稿日時 - 2013-12-09 20:15:35

QNo.8379889

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

ここで、大学に行けなかったとずーっと拘ってウジウジしてらっしゃる方は
よく見かけます
質問者さんもそのタイプなのでは?
そうなってしまうのがタチが悪いのです
周りの人間も迷惑ですし。

そりゃ諦めて就職するのが一番賢い選択でしょう
男性ならまだしも、多分女性なんですよね?
女性は結婚出産があるので、どうしても学歴が大事ではないので・・・。

でも就職を選ぶからには、
もうウジウジしないと決断してからにしてください。

できそうにないなら、親に土下座してもう一年貯めさせてくれと頼みましょう
でも一年後も落ちたなら、サッパリと諦めたほうがいいかな
自分のやれる限界なんだ、と。

投稿日時 - 2013-12-11 00:14:30

ANo.7

ご自分の気持ちと正直に向きあってはどうでしょう。

【高3の時大学受験に失敗し、浪人はできなかった】

それはなぜでしょうか?
今回、全不合格のなか、
【お前はずっと大学にこだわっているのでいっそ再受験でもして1年からまた入学したほうがいいのではないか】
と言ってくれるような両親から、2年前、浪人することに反対があったとは考えにくいからです。
いや、仮に、反対があったとしても、説得の余地があった、と言えます。その時にこそ、説得して大学進学のためのロス1年を選択すべきところ、それをしなかったのはなぜなのか。


【大学に行きたいという思いが強く、今年大学編入試験をいくつか受けましたがすべて不合格でした。私はそれでもまだ大学進学をあきらめられず】

それはなぜでしょうか?
また、
2年前は諦められたのに、今回諦めきれないのはなぜでしょうか。

それ以外にも、いろいろなQがご自身で思い浮かべられることと思います。
それらを書き出して、
ご自身で、想いを整理してみてはどうでしょうか。

質問主様が大学に寄せる想いの深さがわかりませんが、
学びへの想いをくすぶらせるよりも、今こそここで、きちんとケリをつけておくことは、
どちらの答えを選ぶにしても、必要なことではないか、と思います。

投稿日時 - 2013-12-10 20:39:01

大学に入りなおすというのもいいと思います。
1年間バイトしながら必死に勉強してそこから大学を4年行く。
そうすると25歳で社会に出ることになります。
年齢とか気にすることではありません。25歳はまだ若いです。
学費は奨学金があります。

またはいったん就職し、社会人を経験してから大学に入るという道も考えられます。
私の妻は短大を卒業後、10年間働いて、今年の4月から大学生になりました。
とても充実した大学生活を送っています。
一旦働いてからの方が大学の勉強はいいのかもしれません。

みんなと同じように生きる必要はありませんよ。

投稿日時 - 2013-12-10 13:54:49

ANo.5

もう少しだけ「広く見る」ことをしないといけないと思います。

例えば「カメラマン」には資格というものを特に無くて、勝手に「私はプロです」と宣言すれば、誰だってプロです。
写真専門学校を卒業していないプロも数多く存在しますし、世界的に有名な方もいらっしゃいます。

大学に入れば世界が広がる、というのは、正解でもありますし、間違いでもあります。
また、大学に行かなくても関係がない、という世界もあります。
「学生→就職」というような、ひとつのルートだけを見ないで、もう少しだけ非現実的な「夢」というか、可能性を思い描くことも大事なことです。

質問の問いのような「二者選択」だけが方法ではないです。
ましてや若いのですから、いくらでも生き方の自由はあります。
「とりあえず大学」というのは間違ってはいないですが、その他の「大学以外の選択、即就職以外の選択」というものも、考慮にいれるべきですね。

投稿日時 - 2013-12-10 11:25:42

大学に行きたい理由は?

なにを勉強したいの?

目的は?

これに明確に答えられるなら、大学へ迷わず行く。

単なるあこがれなら、そんなものは幻想だから、
就職して稼いだほうがいいね。

あなたのお金なら、別にどう使おうが自由だよ。

投稿日時 - 2013-12-10 00:41:21

ANo.3

大学に何を期待しているかによるかもしれません。

大卒の資格を得たいのであれば、少々ランクを落として編入試験を受けてみては如何でしょうか。
そうではなく、何かやりたい勉強がある…ということであれば、どうして試験に受からないのか考えたほうが良いと思います。
編入試験には詳しくありませんが、こだわる割には受からないのはどうしてなんでしょうか。

単に「大卒ってなんかかっこいいな~」という感じであれば大学には大して意味がないと思いますので、就職できるときにしちゃったほうが良いと思いますよ。
本当にどうしても行きたくなったら、大学なんていつでも行けますから。

投稿日時 - 2013-12-09 21:50:05

ANo.2

”上記を読んで感じたこと”
    ↑
大学進学の希望は強いけど、そのための
勉強をしていない、と感じました。

なにもノーベル賞をとれ、というのでは
ありません。
たかが大学です。

真面目にそれ相応の勉強をすればどこか
受かるはずです。

頑張らないのに、希望だけはある、てのでは
虫が良すぎます。

投稿日時 - 2013-12-09 20:54:06

ANo.1

思い入れが強いのに編入試験も再度合格しないとか、それってやる気がないだけだと思います。
就職しても大変なので、バイトしながら何回でも編入試験受ければいいじゃないですか。

投稿日時 - 2013-12-09 20:32:32

あなたにオススメの質問