こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語長文の和訳。

英語が得意な人が居ましたら、
和訳をお願い致します。

My father has a friend in Osaka. His name is Akira Sato. He and my father became friends When they were student at the same college in Tokyo.

Mr.Sato studenthard When he was a college student. But he also worked hard, because he wanted to go to the United States to study English at college. At last he got enough money to go there. In 1974 he finished college in Japan, and he went to the United States in August that year. His parents gave him some money When he left Japan.

But two weeks afterhe started to stay in the United States, he because too sick to move. He had on friends to take care of him. He Could not eat or drink anything that day. The nextday, The old woman living next door to him found that he was so sick, and she college an ambulance for him. Hewas carried to a hospital. He was saved! But the doctor told him to go back to Japan, because he was too weak to study in the United States. The old woman did everything for him, so he Could come back to Japan one month later. And he got well.

five years later, in 1979, he got married. One day in that year, When he was watching TV, he know about foreign students who were trying to find an inexpensive apartment in Japan. The students were not so rich. He remembered The kind old woman in the United States.

Three years later, Mr. and Mrs. Sato made a house for foreign students near their house. The students didn't have to pay a lot of money to Mr. and Mrs. Sato.

Mr. and Mrs. Sato have taken care of forty foreign students since 1982. The students call them "our parents in Japan." Some of them invited Mr. and Mrs. Sato to their countries. Mr. and Mrs. Sato didn't have their own children but they are very happy to have many "children" in foreign countries.


以上です。

誤字脱字がありましたらすみません。和訳、宜しくお願いします。

投稿日時 - 2013-12-09 22:35:11

QNo.8380100

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私の父には、大阪に友人がいます。その人の名前は、サトウ・アキラです。彼と私の父は、東京の同じ大学で学んでいた頃に仲良くなりました。

サトウ氏は、大学生の時、勉強熱心でした。しかし、彼は、仕事もがんばっていました、なぜならば、彼は、英語を学ぶためにアメリカの大学に留学したいと思っていたからです。ついに、彼は、渡米に十分な資金を手に入れました。1974年に、日本の大学を卒業すると、彼は、その年の8月に渡米しました。彼が、日本を出国する時、彼の両親は、彼にいくばくかのお金を与えました。

しかし、アメリカ滞在を始めて2週間後に、彼は、重い病気になって動けなくなりました。彼には、世話をしてくれる友人がいませんでした。その日、彼は、食べることも飲むことも出来ませんでした。翌日、彼のお隣に住む老婦人が、彼が重病であることに気付いて、救急車を呼んでくれました。彼は、病院に運ばれました。彼は、助かったのです!しかし、医者は、彼に日本に帰国するように言いました、なぜならば、彼は、アメリカで勉強するには、弱り過ぎていたからです。その老婦人は、彼のためにいろいろしてくれました、そうして、彼は、1か月後に日本に帰国することが出来ました。そして、彼は、回復したのです。

5年後の1979年に、彼は、結婚しました。その年のある日、彼が、テレビを見ていると、日本で費用のかからないアパートを見つけようとしている外国人学生について、彼は、知りました。その学生たちは、それほど裕福ではありませんでした。サトウ氏は、アメリカの親切な老婦人のことを思い出しました。

3年後、サトウ夫妻は、彼らの自宅の近くに、外国人学生のための家を作りました。学生たちは、サトウ夫妻にあまりたくさんお金を払う必要がありませんでした。

サトウ夫妻は、1982年から40名の外国人学生の世話をしてきました。学生たちは、夫妻のことを「私たちの日本の両親」と呼びます。彼らの中には、サトウ夫妻を自分の国に招待する人もいました。サトウ夫妻には、子供がいませんでしたが、彼らは、外国にたくさんの「子供」を持つことが出来てとても幸せです。

投稿日時 - 2013-12-10 04:18:28

お礼

ありがとうございました!

私は英語が苦手で、英語の問題は、友人に言葉の意味を聞きながらも全体の文の内容は、いつも掴めずにいました。

さすがにこの長文を聞き続けるのは迷惑かと思い、質問をしました。

本当に助かりました!

この後、英語で書いてある問題文があるので、それは自力で考えたいと思います!

投稿日時 - 2013-12-10 07:27:23

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)