こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自殺未遂の繰り返しで就労不可の診断はもらえるのか?

生活保護の就労指導回避目的で自殺未遂で入院を繰り返した場合、医師から就労不可の診断がもらえる可能性は高いのですか?
自殺未遂して精神科入院して就労不可の診断はもらえるのかどうかについてお聞きしたいのですが自殺未遂を数回繰り返して就労不可の診断がもらえるのでしょうか?
実際に聞いた話ですが、上記のように数回繰り返して診断もらったケースがあり生保だけで生活ができてしまったようです。
実際、何回自殺未遂すれば診断がもらえるとか基準がありませんのではっきりした答えはありませんが、上記のように生保の就労指導を回避する目的で自殺未遂した場合、医者がその理由を知った段階で診断出してもらえませんか?
容易に診断出していれば書類上で働けない人間が続出しますが入院中も就労指導できないということもあり自殺未遂して負傷して入院すればとりあえず指導回避が可能になります。
しかし、入院してしまうとその治療費がかかるという問題がありその損失を考えれば診断出してアパートでおとなしくしてもらうほうが安くなるという結論が出ますがそれでも医者は診断出しませんか?
下手すれば自殺未遂=医療扶助適用できず支払い能力ない受給者ですから自殺未遂すれば病院が治療費丸損という形になります。診断出さない限り退院後にまだ自殺未遂で繰り返し入院しますから損失が積み重なってきます。
なので病院側が何とかして自殺未遂しないようにしなければなりませんが自殺未遂する理由が指導回避目的ですから診断出すか入院させ続けるかの2択ぐらいしかありません。診断以外の方法ですと入院させるしか方法がなくその医療費の問題もあります。病院も慈善事業ではありせんのでただで入院はさせれませんから治療が終われば早急に退院してもらいたいはずです。唯一の方法として精神科強制入院という方法であれば国費で入院可能ですから福祉事務所も病院も負担はありませんが、入院させるということはそれだけベッド数が減るという問題も…
そもそも指導回避目的で精神科強制入院もバカげていますし診断書出すだけで自殺未遂を防げますから患者も医者に診断書出せば自殺未遂しないようなことを言えば診断書もらえませんか?
実際に自殺未遂して就労不可の診断もらえなかった人間いますがその理由は指導回避目的の自殺ではないので診断が出なかっただけです。例えば借金苦で自殺を図った人間に就労不可診断を出しても借金がチャラにはなりませんので何の無意味です。
質問のようなパターンであれば診断書だけで未遂を防げます。
病院も福祉事務所も安価で簡単に物事を解決できるならその方向に手を出しますからこのような質問のパターンであれば診断書出す以外で方法はありません。診断書出さなければ自殺未遂が繰り返され病院は損失が増加するだけですしへたすれば身体障害者になってしまい介護費用が必要となる可能性まで否定できません。
ここまで来て診断出さない理由が知りたいぐらいです。
自殺未遂理由が分かれば診断書出せないのでしょうか?

これが借金苦を理由とした自殺であれば就労不可の診断で借金問題が解決しませんので全く無意味ですけど就労指導回避目的の自殺未遂であれば就労不可の診断又は入院させ続けるかのどちらかしかありません。ベッド数を考えるとどう考えても診断以外で得策な方法はありません。

投稿日時 - 2013-12-14 02:48:30

QNo.8385477

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

もらえませんから安心して下さい。

万一貰えたと言う事例があるのなら、それはデマ、もしくは不正受給なので通報しましょう。

投稿日時 - 2013-12-14 03:40:32

補足

 

投稿日時 - 2013-12-14 19:42:30

お礼

 

投稿日時 - 2013-12-14 19:43:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

生保には基準があり、その条件を満たしていないと貰えません。自殺未遂は関係ありません。

投稿日時 - 2013-12-14 08:13:43

お礼

回答ありがとうございます。
確かに自殺未遂と生活保護は関係ありませんが実際に"身寄りなし+自殺未遂者貯金等なし"であればたいていは病院が生活保護申請します。そうじゃないと医療費が全く回収できませんし質問のように自殺未遂を繰り返されては病院側として大赤字ですので何としてでも自殺未遂を阻止する必要がありその阻止方法が就労不可の診断というわけです。

投稿日時 - 2013-12-14 23:16:55

あなたにオススメの質問