こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

"Yours in the Light,"の良訳(和訳)を教えてください。

クリスチャンの方から頂いた信仰心あふれる英文レター(メール)の結語(通常Yours sincerely,等)が、
"Yours in the Light,"になっていました。

海外のサイトを見ると、差出人の造語でなく、クリスチャンの人同士では使われているようです。

"Yours in the Light,"もしくは、"Yours in the light,"ですが、"Light"とする表記もあることから、恐らくキリスト教でいうところの神(光)と関係あると思うのです。

レターの内容からもよい和訳をあてたいのですが、どなたかお智恵をかして頂けないでしょうか。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-04-23 13:47:09

QNo.838802

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 
キリストがロゴス(言, Λογοs)であり、世の光(ポース, Phos, Φωs)であり、いのち(ゾーエー, Zoe, Zωη)であり、神の御独り子(モノゲネース, Monogenes, Μονογενηs)であったというのは、『ヨハネ福音書』にだけ記されていることで、キリスト教で、「光・光明」と言えば、ヨハネ福音書における「世の光キリスト・イエズス」なのは自明なことです。

従って、Yours in the Light は、日本語で言うとすると:

「主の光が貴方と共にありますように」
「御光がありますよう」
「主の光がありますよう」

このような意味です。
「主の恵みがありますように」というのは、「恵存」という簡単な表現がありますが、この場合は、「光」を文字に含めた簡略な表現はないように思えます。

「主の光と共に」
「光と共に」
「主の光において」
「主の御光において」
「御光において」

意味を汲むと、結局、「恵存」ということになります。または、「敬具」とか「謹啓」などと同じ意味になります。Goodbye というのは、元々「神があなたと共にいますよう( God be with ye )」という意味ですが、これは「さようなら」と訳します。

---------------------------------------------

……このように、世界が平和であることを願っています。ラビットさんに
おかれても、お元気でありますよう。
                  2004年4月23日
        Yours in the Light 主の光において
                    マリス・ステーラ

                  2004年4月23日
        Yours in the Light 主の光がありますよう
                    マリス・ステーラ

                  2004年4月23日
        Yours in the Light  光と共に
                    マリス・ステーラ
 

投稿日時 - 2004-04-23 18:08:35

お礼

お礼が大変遅くなり、失礼致しました。
実は時間の都合で、マリス・ステーラさんの回答を待つことができず自己判断し、マリス・ステーラさんの訳と全く同じにしました。
後ほどこちらを拝見し、自分の判断が正しかったことが、証明され、安堵いたしました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-10 17:07:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

maris_stellaさんの回答はいつも参考になってます。
今後ともよろしくお願いします!

投稿日時 - 2004-04-23 18:40:50

ヨハネによる福音書のリンクです。

最初の回答でタイトルケースだと言いましたが早とちりでした。一見するとタイトルケースのルールと符号します(the や in などは小文字)ここでは「たまたま」大文字になってます。彼らキリスト教徒にとって特別な意味があるから(そういう場合は二重引用符か大文字や太字にする)大文字になっているのです。
だからあなたの推測どおりです。特別な意味があるようです。
Yours は Yours sincerely, Yours truly, などを連想させます(読む側はそういう言葉を予想する)。だからYours が使われています。in the Light はリンクにあるように彼らにとって特別な意味合いがあるのです("the West Wing" の "Shibboleth" のエピソードが懐かしい)。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?q=cache:2RYZWkF9sCcJ:www.fsinet.or.jp/~yoyoue/bible/joh.htm+%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%8D%E

投稿日時 - 2004-04-23 15:47:50

補足

ありがとうございます。
タイトルケースのこともLightが聖書等に散見されるのも理解はしていたのですが、、。
やはり定訳的なものはないものでしょうか。

差出人がわざわざyours in the lightを選び、タイトルケースで記していたのは、レターの中で、「光」について触れているからなのです。。(説明不足ですいません。)

なので、どうしても、結語を「光」をちゃんと使って和訳したかったのですが、、。

投稿日時 - 2004-04-23 15:24:34

あー、それは "title case" という文体規則です(Yours Truly などもそうなってます)。キリスト教にとって light は特別な概念であっても、普通は小文字で使われるのでしょう(私はキリスト教信者じゃないのでよくは知りません)。"title case" は "style manual"などでGoogle 検索してみてください。

投稿日時 - 2004-04-23 14:09:00

お礼

ありがとうございます。
早速googleしてみたのですが、見つけることができませんでした。探し方が悪いのだと思いますが、、。
具体的なサイト名をお知らせ頂けないでしょうか。
お手数をおかけします。

投稿日時 - 2004-04-23 14:34:56