こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

秘密保護法について

先日成立した秘密保護法ですが、その制定理由として「これまでは公務員が情報を漏らすから情報管理がしっかりしていなかった」ということで罰則を厳しくして漏洩を少なくしないといけないということをよく聞きます。

でも、これまで公務員はそこまで情報を漏らしてきたのでしょうか?
漏らすとしたら誰に漏らしてきたのでしょうか?(マスコミに対して漏らしてきたんでしょうか?)漏らしてきたとしたら何を見返りに漏らしてきたのでしょうか?
(マスコミ等が持っている情報とギブ&テイクでもらってきたのですか?あるいは金銭?)

でも、これまでも国家公務員法などに情報漏洩を禁止する旨の規定はありますし、それだけでは不十分だったのでしょうか?

しかも、情報を漏らす人って厳罰になったからって漏洩をやめるのでしょうか?(逆に言えば刑が軽かったら漏らすのでしょうか?
でも刑が軽くても社会的には死んだようなものと思うので、刑の重い軽いではないと思うのですが。

わからなくて困っています
どなたか教えて頂けますでしょうか
よろしくお願いいたします

投稿日時 - 2013-12-17 01:58:53

QNo.8389456

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

”これまで公務員はそこまで情報を漏らしてきたのでしょうか?”
     ↑
最近のモノだけ挙げておきます。
公にされていないモノを含めれば、相当な
数になると思われます。

平成16年には、上海総領事館の暗号担当官が、
中国の情報機関員から機密の漏洩を強要されて
自殺しています。
12年には海上自衛隊幹部によるロシア武官への
情報漏洩事件がありました。
旧くは西山事件、という有名な事件もありました。


”これまでも国家公務員法などに情報漏洩を禁止する旨の規定はありますし、
 それだけでは不十分だったのでしょうか?”
     ↑
ウイキリークス事件などをみると
不十分だと判断したのでしょうね。


”情報を漏らす人って厳罰になったからって漏洩をやめるのでしょうか”
     ↑
そりゃ、抑止力になるでしょうよ。
犯罪にならない、としたら金欲しさでやりたい放題です。
極端な話、死刑だとすれば、抑止力はぐ~と強く
なるでしょう。


”でも刑が軽くても社会的には死んだようなものと思うので、刑の重い軽いではないと思うのですが。”
     ↑
国家には秘密が必須であり、それは重要なものだ、という
ことを啓蒙する効果があると思います。
その効果の結果、社会的に葬られる、という
ことになるのです。
そんな軽い刑の犯罪者か、なら許そうよ。

投稿日時 - 2013-12-17 08:01:48

お礼

ありがとうございます!
やはり厳罰は抑止力になるんですね 非常に勉強になりました☆☆

投稿日時 - 2013-12-18 04:16:11

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

こんにちは、戦前の治安維持法も最初は公務員の情報漏洩を
取り締まるものだったようです。
それが憲兵の暴走によって一般市民にまで強引にその法律を
適用したからたまりません。憲兵には軍隊も逆らえませんから
一般市民なら尚更です。

犬が吼えた。電気を消してない。いつまで商売している気だ。
軍需工場では無駄話をしてはいけない。など

こんな法律を守っていたら、戦争に勝てるものも勝てません。
無理です。萎縮した国民がどうやって勝てる方策を練られるのか
疑問ですね。

日本の情報は戦争前からアメリカに漏れていました。暗号が
解読されていたのです。それを国民が情報を漏らしているからだ
と難くせをつけたのが憲兵であり、その暴走を止められなかった
大本営の無能さが際立っていました。

それを今、秘密保護法などと公安警察が大喜びするような法律
を創るなどどうかしている。

おそらく公安警察は一般市民にまで適用を広げていくでしょうね。
そうなったら戦前、戦中に逆戻りです。

投稿日時 - 2013-12-29 08:03:05

お礼

ありがとうございます 大変勉強になりました☆☆

投稿日時 - 2013-12-29 08:28:23

ANo.1

いい加減な秘密保護法の政治家の都合のいい道具になることは間違えなしです
Oh No

投稿日時 - 2013-12-17 03:00:19

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2013-12-17 04:49:21

あなたにオススメの質問