こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

フリーランスと確定申告

よろしくお願いします。
フリーランスで仕事をしようか迷っているんですが
おおよそ、仕事をすれば年間150万円くらいの(収入という言葉の意味がわからないので書きません)が見込めます。
このうち50万円は、いろいろとお手伝いをしてもらった方へ支払うお金だったり、場所代、あとは仕事をする上で必要な出費です。
残り、100万円のうち、40万円は源泉徴収を前払い、残りの60万円は個人のお客さんから直接いただくものです。
おおまかに、この感じで確定申告すると、いくら払うことになるのでしょう?
源泉徴収の意味が良くわかってないので入ってきたお金の10.21%は必ず払うと思ったりしていて、実際、フリーでやればギリギリな感じだと思うので・・10万単位で税金を払うとなるとちょっと辛いです。
ちなみに、他でバイトもしようと思っています。その場合、バイトの分は会社で確定申告してくれて、フリーランスの分は自分で確定申告するんでしょうか?
バイトがメインで、フリラーンスは副業という感じです。
無知なため的外れな質問だったらすいませんが教えていただけると助かります。

投稿日時 - 2013-12-18 01:00:25

QNo.8390758

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>残り、100万円のうち、40万円は源泉徴収を前払い…
>源泉徴収の意味が良くわかってないので入ってきたお金の10.21%は必ず払うと思ったりしていて…

具体的にどんなお仕事でしょうか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

源泉徴収の対象になる職種で間違いないとしても、そもそも所得税というものは1年間の所得額が確定してからの後払いが原則です。
自営業者等が、年が明けてから確定申告をするのはこのためです。
自営業者でも前述の一部職種に限っては、源泉徴収の名の下に分割前払いさせられます。
源泉徴収は、あくまでも取らぬ狸の皮算用ですから、1年間が終われば過不足を生じることも多々あり、これを是正するのが確定申告です。

>仕事をすれば年間150万円くらいの(収入という言葉の意味がわからないので…

「売上」ですね。
「収入」といっても差し支えありませんが、いずれも源泉徴収される前の金額です。

>このうち50万円は、いろいろとお手伝いをしてもらった方へ支払うお…

「経費」ですね。
支払う性格によっては「仕入」に区分すべきものもあるでしょう。

-----------------------------------

以上で、事業による「所得」が求まります。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>おおまかに、この感じで確定申告すると、いくら払うことになるのでしょう…

この段階で聞いているとは、バイトは無視して良いのですね。

・売上 150万
・仕入と経費 50万
・差し引きして事業所得 100万 (青色申告ならさらに 65万引ける)

・基礎控除 38万
・社会保険料控除 (国民健康保険、国民年金などの時差支払額) 25万ぐらいと仮定
・その他の所得控除・・・お書きでないので 0 とする
・所得控除の合計 63万円

・課税される所得 100 - 63 = 37万
・所得税 37万 × 5.105% = 18,800円
・前払いした所得税 40万 × 10.21= 40,840円
・確定申告で納付する税額 18,800- 40,840 = -22,040円

最後の数字がマイナスということは、狩りの成果が皮算用より大幅に少なかったので、返ってくるということです。

>他でバイトもしようと思っています。その場合、バイトの分は会社で確定申告してくれて…

サラリーマンが会社でしてもらうのは、確定申告ではなく「年末調整」です。

給与以外の所得がある人は、年末調整をしてもらった上で、年が明けてから自分で確定申告です。
確定申告は、年末調整をいったんご破算にし、事業所得と給与所得とをちした「合計所得金額」から所得税を計算し直し、前払い (源泉徴収) した所得税との差を新たに納付する制度のことです。

【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2013-12-18 08:02:59

お礼

回答をいただいて、どうも有り難うございました。
計算までしていただいて、とても感謝しています。
戻って来る、それだけで前向きになれるから
人間って不思議です。

投稿日時 - 2013-12-21 19:50:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

アルバイトをされるということなので、確定申告の際にはアルバイトの給与所得とフリーランスの事業所得を合算することになると思います。
なので、アルバイトの所得如何によって、税金の額は変わってくると思います。


そのあたりに詳しいサイトはないかとググッて見たら結構ありました。
こういうの↓です。
http://www.units-en.com/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%A7%E5%83%8D%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%8C%E7%B5%A6%E4%B8%8E%E6%89%80%E5%BE%97%E3%82%82%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F/


まずはアルバイト先から源泉徴収票を貰ってから税金計算になりますね。


ただ、アルバイトの金額が年間で65万円以下なら全部控除されてゼロになります。
この数字がポイントかなと、主婦経験者の私は思いますよー


頑張ってくださいね!

投稿日時 - 2013-12-18 18:26:37

お礼

回答をいただいて、どうも有り難うございました。
サイトもとてもわかりやすそうなものをチョイスしてもらって
知恵がつきました。
ポイントも教えていただいて、今は少ししか理解は出来て
いないかもしれませんが、実際、やってみたら
あ~!って思いそうで助かります。

投稿日時 - 2013-12-21 19:52:54

ANo.1

 バイト先では源泉票だけを貰って、全て自分で確定申告を行います。

 150万は売上ですが、普通に考えると源泉は1割の15万程度だと思うのですが。。。
 あと、支払う「50万」は経費になります。

 確定申告では、バイト代も含めて「売上(収入)の合計」を出して、使った「経費と控除」の合計を出します。

 「売上」-「経費」=「利益」
 ※金額によりますが、多くの場合「利益」の10%が所得税

 それで、「本来支払うハズの所得税」を出して、源泉票(既に支払った所得税)と比べて、払い過ぎてたらお金が戻るという仕組みです(還付金)。赤字であれば、全額戻ってきます。

 多くの場合はお金は戻ってきますが、収入が多く、税率が上がってしまうと逆に支払う場合も発生します。

 --------
 一度、税務署に行って相談した方が良いです。

投稿日時 - 2013-12-18 02:05:49

お礼

回答をいただいて、どうも有り難うございました。
概要を教えていただいて、とてもわかりやすくて
仕組みがよくわかりました。

投稿日時 - 2013-12-21 19:50:09

あなたにオススメの質問