こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

主人が急性心不全で死亡したが実際は熱中症

以前に質問させて頂き、回答頂きました。その後、病院に再度 担当医に話を伺いました。急性心不全と病院の検案での説明でしたが、実際は熱中症でした。 他県に単身中の8月4日夜間に嘔吐と全身のこむらかえりで自身で受診し、点滴施行後の深夜に熱中症と診断され帰宅。 帰宅後の嘔吐が続いた為、再度 同病院を受診その日の、担当医が、腸炎が流行っているからとの事で、腸炎と診断し点滴と薬を処方後、「具合が悪かったら受診して下さい」と、体熱37.3から上昇 濃縮尿を確認 かなり具合が悪そうにも関わらず、入院を嫌う患者がおられますからの理由で、帰宅させています。 本人は熱中症の怖さを分かっていなかったと思われ、明日 出社するつもりのようでした。15時半に診察終了 薬を受け取り自身で帰宅  (推定死亡時間17時)
担当医からは「私は診察しやるべき事をしました、なぜ 亡くなったのか分かりません、お気のどくとしか言いようがありません」との一点張りです。 水分補給の仕方は看護師に指導の指示を出したようですが、入院していれば助かっていた事を思うと悔まれてなりません。担当医に責任は問えないものか 泣き寝入りするしかないのかと突然に亡くなった悲しさから日々 悔んでいます。

投稿日時 - 2013-12-19 10:37:16

QNo.8392436

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。
ご主人に突然に亡くなられた悲しさは日々増します。
せめて無念な気持ちを晴らして悔いの無いようにしたい。
私でしたら、ご主人の急性心不全での死亡の原因が
実際は熱中症であったのに、医師の処置が適切さを欠いていた
と証明する努力をして病院の責任を問います。
病院と担当医の言う、というか「急性心不全」の検案説明は
ご主人の「心臓が突然に止まった」と言う事だけです。
実際には「熱中症」であった事の証明を病院に再度書面で
貰う事を致します。
病院が質問者さんに、説明でそう言って居ますのですから出せます。
他県に単身中の8月4日夜間(何時頃)に嘔吐と全身のこむらかえりが起き
自分自身で病院に(徒歩?自動車?)で病院に行き受診した。
点滴を受けて、施行後の深夜(何時)に熱中症と診断された。
帰宅が適切であったか、可能で有ったかのか?ご主人の状態から
判断できたのか疑わしいのです。
それは、帰宅後の嘔吐が続き、再度同病院を(何時頃)受診している。
その日の、担当医が、腸炎が流行っているからとの事で、腸炎と診断した。
それ用の点滴とそれ用の薬を処方後、「具合が悪かったら受診して下さい」
と、診断結果が違ったものになって居た事からも推測されます。
体温が37.3から上昇して、濃縮尿を確認された、具合が悪そうにも関わらず
「入院を嫌う患者がおられますから」の理由にもならない理由で、
帰宅させている。(これは1度目の?帰宅でしょうか)
本人は医療関係者では無いので、熱中症の怖さを分かっていない。
医師が頼りで、病院判断を信頼をしていたから、翌日出社するつもり
にもなって居たから言った言葉が、入院をさせなかった理由とはあきれるばかり
です。
此処からが時間的なつながりで?な部分です。
翌日の15時半?(一晩病院に居たのでしょうか)に診察終了、
薬を受け取り自身で帰宅(推定死亡時間17時)
時系列の説明が欲しいところですね、
泣き寝入りする事はないのです。
あと、宜しければで良いのですが、何県にお住まいでしょう?

投稿日時 - 2013-12-19 13:17:48

お礼

回答ありがとうございます。返答遅くなってすみません。
質問の補足ですが、8/4 19:30 私に日中から不調(嘔吐とこむらかえり)の連絡があり、救急車で行って欲しいと伝えたが、本人は何とか行けるからと自身で運転(自動車)して受診。休日夜間の為、問診と点滴で深夜に帰宅。
帰宅後も朝まで同様の不調が続いた為、同病院を朝に(8/5)自身で運転し受診。(同病院は車で10分? 近い指定病院だったので救急車で行かずとも何とか自身で行けると考えたと思われます)

腸炎と診断され、点滴とその症状の薬の指示があり、入院を嫌う患者がいるからと言いい(本人が明日の仕事を気にかけていた)どうされますか?と尋ねたかは不明です。
15:30に私に終わりました、異常なしとメールがあり、薬をもらって帰宅。その日の17:00が推定死亡時間になっています。(自宅に戻ってからの1時間内に急変し自身で救急車を呼べない状況であったと推測)

8/5(2日目)担当医は、熱中症の症状でしんどそうであったことは見てとれた様子。
私の想定では、2日目の担当医は腸炎としか判断しておらず(1日目の担当医が熱中症との診断と違っている)熱中症の危険性と自宅での注意事項の説明を本人が分かるよう行えたのかは疑問(水分の取り方は看護師に説明させたとは言っていた)
嘔吐が続いた事は、脱水の危険から自身で水分が取れないと判断すべきで、自宅で水分の取り方を説明して、「やることはやりました」と言いい、
嘔吐が続いたなら、点滴続行しないといけない状況だったのではの問いかけには、人間は1日に1500mlしかとないのですよ、そんなにどんどん入れていったら心臓が持ちませんよと言い訳にしか聞こえない説明をしていました。
担当医の説明では、納得出来きず、他の方からの回答にあります、問い合わせで納得出来る答えを見つけたいと考えています。

兵庫県に在住です。ありがとうございました。

(検案時の警察からの説明では 具合が悪かった事が心臓に負担が掛り死亡に至った)

投稿日時 - 2013-12-23 15:50:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

初めまして、ご主人を亡くされ寂しさ、悲しさお察し致します。相談の内容ですが、私も余り詳しくないので、貴女の、納得いく回答は出来ませんが御免なさい。

ご主人の死因に疑問の有る場合は、病院と担当医師を訴える事が出来ます。医療訴訟を専門、過去に実績の有る弁護士にお願いしましょう。但し、非常に勝訴の確率は低いと思います。時間と金銭的に負担が有ると思います。

なぜかは、ご主人の診察、治療が適切なのか、第三者が判断するのですが、法側の人間が医療の知識・過去医療行為をした方でも、今現在医療行為に従事してない場合有ります。ご主人のケースで、法側の方がカルテ上で、治療が適切で有ったか・医療ミスかの判断は困難かと思えます。

近年は、死亡時・死亡届けの際、不信死が多くなり、警察立会いで医師の確認が必要です。不信の疑いの場合、遺体解剖をします。すみませんが、ご主人はそこまでは去れていないのではと思いました。

私も回答を書いていて、あなたに、すまない気持ちです。ご主人を亡くされて、悲しい・悔しさは仕方ないと思いますが、貴女自身が今後強く生きて、幸せに成る事を、ご主人は願って居ると思います。  

PS 誤字文すみません。元気を出して下さい。合掌

投稿日時 - 2013-12-19 11:58:38

お礼

回答ありがとうございました。
私自身は福祉の現場で働いています。
医療面での知識は、少しはあると思っていますが、熱中症がこんなに怖いとは、考えている以上でした。
病院に行ったなら安心と考え、任せてしまったのが仇になったようで悔んでいます。
どうしても、ああすればと考えてばかりで、結果論と言われても後悔ばかりです。
働く事で、しばらくは忘れている時間があからこそ、持ちこたえていると考えています。

今は、幸せに成る事は考えれないですが、時間が乗り越えさせてくれると思っています。

結婚生活の半分程は単身だったので、各人の判断任せになりすぎていたように思われます。

警察立ち合いで死亡解剖の話がありましたが、今更 生き返らない、もうこれ以上に傷つけたくないとの思いから解剖はしませんでした(主人身内も同感意見)

再度 病院での詳細説明から、警察から私への説明(病院が警察にした説明)は、病名が出ていませんでした。

看護師の方からも、実際に医療不審を想定する場面もあったと聞いていますが、証明は困難なことも知っています。

回答で教えて頂いた、問い合わせで確認して行きたいと思っています。

励ましのお言葉 ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-12-23 16:30:06

ANo.3

医師も人間なので判断基準が個々に違います。

患者の要望を重視して医師と患者の最大公約数的な治療を行う事が現在の主流と考えます。

しかし、患者の希望や要望を重視すると言う事は、医師の責任の範囲を少なくして患者の自己責任の範囲が多く成る事を理解して頂きたいと考えます。

入院していたら・・・
結果論です。

泣き寝入り・・・
医師の診断に不信感が有れば病院を変えれば良いと言う事です。

選択権は、患者側に有ります。

信頼できる医師に巡り合わなかった不運な事では有りますが、急変したら救急車の要請を行い生命の危機を脱出する措置を最大限に行う事です。

薄情な回答だと思われると思いますが、医師はお客さんである患者の要求に応じる事でリピーターを獲得して経営を安定させる事が必要と成ってきます。

無駄な検査・過剰診療・不必要な入院と高額請求等が問題視された事から
クオリティー オブ ライフを建前に患者の要望を多く取り入れて医師としての責任を回避し患者の要望を聞いた上での治療なので患者さんにはリスクを説明してあるから、その後の対応は自己責任で判断して下さいと成ります。

医療系の裁判に強い弁護士さんに相談しても微妙な回答しか出て来ないと思います。

投稿日時 - 2013-12-19 11:29:17

お礼

遅くなってすみません 回答ありがとうございます
私自身は、福祉の仕事に従事していますが、医者が患者さんを獲得する為に過剰診療を行わないのが支流になっているかも知れませんが、リスクがあるなら本人に説明し、どうされますか?と尋ねることはで出来たのではないでしょうか?
職場で利用者を家族として見ている私にとっては、余りに悲しすぎます。
病院や医者を変える時間的余裕がない状況で、(1日で亡くなった)
危機的状況であれば、救急車を要請すれば・・たぶん本人には出来ない状況(急な意識不明)であったと想定されます。
納得出来る答えが得られるよう、問い合わせ等、行っていきたいとは思っています。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-12-23 13:59:06

ANo.2

ここで相談しても無意味、時間の無駄です。
結論は得られませんから・・・

↓こういった医療過誤の専門家がいる弁護士事務所に相談されてみたら如何ですか?
http://iryou.avance-lg.com/con_03/i_01.html

↓市民団体窓口もあります。地元にも必ず何かしらの相談窓口があるはずですよ。
http://www.geocities.jp/meconett/main/link.htm

泣き寝入りせず、納得できるまで、とことん追求すべきだ思います。

投稿日時 - 2013-12-19 11:04:04

ANo.1

医者は神様じゃありません。ただの人間です。
すべての命を救えるわけじゃありません。

投稿日時 - 2013-12-19 10:41:50

お礼

そうですね、たぶん神様ではないでしょう
でも、医者としての経験上、あらゆる状況を想定して判断して欲しいです。熱中症は、病気ではなく助けられる命だったと思っています。
命の危機的状況では、すがるしかないのです。

投稿日時 - 2013-12-23 14:10:11

あなたにオススメの質問