こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

左回り右回りが混在するJRA競馬場

JRA競馬場は、東京・新潟・中京は左回りで、他場は右回りである。
欧州は右回り、アメリカは左回りがほとんどである。
なぜ日本では混在しているのだろうか?

投稿日時 - 2013-12-19 17:36:16

QNo.8392920

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

別に欧州は、右回りが主、とは言えないですよ。
そもそも、欧州の競馬場って、円形にすらなっていないことが多いですし。コーナリングについても、右回り、左回り、どちらもあります。
例えば、英国の主な競馬場で言えば、Kジョージなどが行われるアスコット競馬場、2000ギニーが行われるニューマーケット競馬場は右回り。
一方、ダービーの行われるエプソム競馬場や、セントレジャーの行われるドンカスター競馬場は左回り。

日本の競馬というのは、イギリスを模範としたので、その辺りの影響ではないでしょうか?



さらに言うと、土地の形状から、右回りにせざるを得ない、左回りにせざるを得ない、という部分があります。
競馬場って、狭いところでも1周1000Mくらいはあるので、広大な土地が必要になります。すると、全てが平坦に工事するのは無理ですし、完全な楕円形のような形で土地を取得することが出来なかった、というケースもあります。

例えば、中山競馬場は高低差の大きな土地にコースが作られており、ゴール前に急激な上り坂があるのが特徴の競馬場です。310Mほどの直線を逆にして走ったらどうなるか?
ゴール前の200Mくらいにある3Mくらいを下る坂を一気に駆け降りるようになります。物凄く危険です。

また、阪神競馬場は上空から見ると、1コーナーから2コーナーがきつく、3コーナーから4コーナーが緩やかという三角形に近い形状をしています。もし、これを逆に回ったら急激なコーナーで最終コーナーの攻防が行われることになります。これもやはり危険です。

アメリカの場合、土地自体が安いですから、一定の基準を作り、それに統一することもできますが、土地が狭く、価格も高い日本では、安全性の考慮などからコーナーを決めざるを得ない、という部分もあると思います。

投稿日時 - 2013-12-20 00:15:10

お礼

回答ありがとうございました。
やはり土地の問題が大きいようですね。
イギリスの競馬場は”原っぱの中に柵を設けて”レースをやっているみたいです。
日本の競馬場とは趣が違いますね。

投稿日時 - 2013-12-27 10:23:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

東京競馬場は
市街地側が左に向かって上りになっている
これで右回りにすると、市街地(府中本町駅)から数キロはなれたところに
メインスタンドを作らなければならないから
左回りになっている

がしかし
そもそも、東京競馬場右回りというレースが昔実施されていたので
日本では、そんなに回り方にこだわっていないと思います

投稿日時 - 2013-12-22 10:13:46

お礼

回答ありがとうございました。
東京競馬場の地図を見ましたが、府中市街地であるJR府中本町駅に近いところにメインスタンドを設けため、左回りにしたのはうなずけます。

投稿日時 - 2013-12-27 10:27:22

ANo.1

日本はいいとこどりのお国柄ですから。

混在する事によって、あらゆる馬に活躍するチャンスがあるのは素晴らしい事ですね。

投稿日時 - 2013-12-19 22:38:23

お礼

回答ありがとうございました。
どちらか一方に統一するよりはいいのかもしれません。

投稿日時 - 2013-12-27 10:20:48

あなたにオススメの質問