こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日露平和条約が締結

日露平和条約が締結されることは現実的にあり得るのか?
東シナ海、南シナ海を巻き込み、先日防空識別圏拡大を行った中国と、日本、アメリカ、韓国、暴走する北朝鮮、
ASEAN、との関係が日々激しく移り変わるご時世、
アメリカ一本頼みの防衛ではいかがなものかと考えます。私自身、安倍首相の¨積極的平和主義¨には
あまり共感は持てませんが、のほほんと平和ボケしてるわけにもいかないのかなぁとも思ったりします。
日中、日韓関係がぎくしゃくしているに加え、ロシアとも北方4島を含めた激しい領有権争いをすることは
日本にとってプラス要素はないように思えます。もちろん、領土返還あるいは、双方が納得できるような話合いを
持つことは必要不可欠ですが…。
今年に入り、安倍首相は対ロシアとの交渉に大いに尽力しているように思えます。閣僚級会談も、首脳会談も行いましたし。日本はロシアと平和条約を結ぶことで、大いに中国、北朝鮮、韓国?ににらみを利かせることができます。
ロシア側としても、ガス等の新たなマーケティング開発、及び日本から技術等の吸収ができます。
双方にとって、いやむしろ、アジアの和平を保つため、日露平和条約締結は、大いに必要だと私は考えるのですが
皆さんどうお考えになりますか? 絶対に軍事衝突は避けなくてはなりませんからね。

投稿日時 - 2013-12-20 09:10:42

QNo.8393748

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

現実的には有り得ますし進めるべきでしょう。
やはり対中国と言う色合いが濃く出るかも知れませんが、日本にとっては北方領土の問題が今最も大きいでしょうけれど、
四島に拘らずに四島総面積の半分を目指すべきでしょう。
今中国はアメリカに目が向いており、北太平洋の半分を自分らの管理権に起きたいと狙っていますから、
ロシアと平和条約を結べばロシアも太平洋へ出やすくなる事で、中国を牽制できる。
それに中国は軍が暴走するかも知れない危険性がありますので、その場合に日米安保条約があっても
実際動くかどうかのアメリカだけに頼るより、ロシアと上手く付き合う事で日本が打撃を受ける事はロシアにとっても
不利益になる様にしておけば良いし、それが外交戦略と言うもの。
対中国包囲網をより強固にする為にはロシアとの関係も大事なので、平和条約は急ぐ必用は無いけれど必用であろう。

投稿日時 - 2013-12-20 10:09:43

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-12-20 10:32:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

過去の条約を引き継いであらたな未来を模索するのはいいことだとおもいます。

投稿日時 - 2013-12-20 09:59:09

お礼

回答ありがとうございます。

日本もゆくゆくはアメリカと安保条約を解消し、アメリカ、ロシア、中国とは等間隔な外交に努め、
強い日本を目指すのが理想だと思います。

投稿日時 - 2013-12-20 10:02:17

ありえます。

ロシア(旧ソ連)が不法に選挙している北方領土に関して、二島の即時返還、残二島の99年後返還の合意ができれば、日露平和条約締結の条件が整います。

この条件を認めさせるためには、憲法改正、防衛力強化など「力」と、安定政権による継続的な「対話」の両面が必要ですね。

投稿日時 - 2013-12-20 09:33:17

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-12-20 09:45:17

あなたにオススメの質問