こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

後天性の性同一性障害ってありえますか?

女として生まれ
女として育てられ
女として育った

幼少期は
ピンクのふりふりの服も着たし
スカートも履いた
自分が女だということも知っていたが
ウルトラマンが好きで
幼稚園の発表会では将来何故かバルタン星人になりたいと大声で言った覚えがある
写真の決めポーズは敬礼だった

体に違和感は無かったが
顎あたりから皮がめくれて
その下に男の体があると思ってた

少し変わってるけど
きっとちゃんと女としての幼少期を過ごしてた


小学校に入学
女の子らしい服を着てた

小2か小3あたりに俊足?という靴のCMを見て欲しいと思った
物を捨てることがなかなか出来なくて
ボロボロなシナモンの靴をずっと履いてるような奴でしたが
別れを惜しむ事なく捨て
格好いい靴が嬉しくて家の中で履いて歩き回った

それから半年後くらい
服も男物になった

ずっと感じてはいたが
服に着られてるというか
とりあえず服が似合わないと思った
着るという事に違和感はないのに不思議ですね
いつも買い物の時間は頭痛がした

母が服を選んでる時に暇で周りを見渡すと
当たり前だけど男物の服が少し離れた場所にあるのが目に入った
見たいと言うとあっさりokでたので見に行った
これも欲しい!
これがいい!
買って欲しい!
目もキラキラしてたと思う
頭痛はいつの間にか消えていた

それからはよく初めて会う人には男と認識されるようになり大満足といったところでしょうか
でも自分は女だとわかってた
そこに苦痛はなかった

それから生理がくるようになり
胸も膨らみ始め
一人だけ男と混じってサッカーをした時に力の差を感じた
当然ながら体が剥がれて男になることもなかった

生理は受け入れられずナプキンはしなかったが
途中から血がズボンに付くことに気づきパンツ二枚重ねにするもののナプキンをすることに決めた

中学生になったら自然と女らしくなる
家族は口を揃えて言った
自分もそうなると思ってた

が制服を着なくて担任と言い合いになり泣いてしまい
その時に言われた「出た女の泣けばいい作戦」には悔しくて余計泣いた

ブラも付けないと言い張ったが女の子の胸が盛大に揺れてるのを見て、自分もあんなんなのかと思うと嫌になり押さえつけるために着用するようになった

ずっと同性愛者だと思っていたが
受験の面接練習で椅子に座った時苦しかった
終わってから泣いてしまった
自分は女なんだ
辛かった
誰にも言えなかった

ねぇ母さん
なんで男として産んでくれなかったの?
ねぇ母さん
なんでちゃんとした女に産んでくれなかったの?
怒りの矛先は母へと向かった

性同一性障害はずっと前から知っていた
でも気にもとめなかった
けどFTMという存在を知り自分は同性愛者とはまた違うのかもしれないと思うようになった
胸が嫌だった
骨盤が広いのが嫌だった
体が合成写真のようにも感じられた

けど性同一性障害は生まれた時からと聞いたのでまた混乱している状態

自分はただの同性愛者なんだろうか

投稿日時 - 2013-12-28 20:06:04

QNo.8404388

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

#2です。
まだ締め切られていないのが気になったもので。

私は、性同一性障害とは関わりのない普通の男性。
知り合いにそういう人もいない、知識としてだけ知ってる状態です。
だから、当てにできる回答は出来ないのですが、参考にはなるかもしれません。

#3:
> 小さい頃の写真や絵など探してみます^_^

まだ、生まれた時からかどうかが気になっているようだな。

#4:
> 堂々としたいと思います

自分の中で解決しようとしてるのかな。

#5:
> 自分自身を長い目で見て行こうと思います

自分を受け入れるのにまだ長くかかると感じているのかな。

…などがお礼の文章を見て感じたことです。
勝手に分析などしちゃってすみません。

私が質問内容を見て思っていたのは、これだけの事実があるのに、それを認めないのだろうか、というものです。
明らかに典型的な女性とは違っているのに、「女として育った」と思うのは何故だろう。

そこで、「典型的な女性」とは違っていても、「典型的な性同一性障害」なのかどうかが疑問として残っているのかな、と考えました。
それに答えるには、性同一性障害とは何なのかと考えなければなりません。

性同一性障害とは、体が女で心が男…というものではありません。
正確に言うなら、体が女で心が女でない、と表現すべきです。
性別を女と男と分けて考えてしまいがちだけど、はっきりしない人たちも存在します。
心なんてものは、自分でも分からない部分が多いので、より曖昧です。

どうか、自分で判断をしようとしないでください。
「典型的な性同一性障害」などというものは存在しません。
心と体の性別に悩むことそれ自体が問題なのであり、その解決手段の一つが医療なのです。

ありのままの自分(今の状態)を受け入れるというのも解決策なのですが、
無理にそうする必要もないんじゃんないかな。

投稿日時 - 2014-01-10 22:58:49

お礼

申し訳ないです

正直写真は少なかったのですが
アルバムの絵を見るとやはりちゃんとスカートを履いた女の子がかいてありました

すぐに解決しそうな事じゃないことと、
正直中学になれば自然と女らしくなる、
成人すれば女らしくなる
と言われてきました
もし本当にそうなれるかもしれませんし
そうならないかもしれない
もっと生きていく上でなにか気付くことがあるかもしれない
と思ったので長い目で見ていかなくてはいけないと思ったんです

女として育ったと思うのは
女だと自覚していたからです
ごく一般的な、性別に違和感のない女の子だったからです

そういう意見もあるんですね
今までネットで色々調べたのですが
今までにない説得力があります

答えが欲しかったんです
違うなら違う
理由はこうだから、と
納得したかったんです
訳がわからなかったんです
とりあえず一安心
そんなんでいいから安心したかったんです

最後まで丁寧なご回答ありがとうございました
自分がこれからどうしたかいかも曖昧ですが
白黒キッチリつける必要はないと思うと少し楽になりました
最終的に自分は自分
そうなりますよね
将来、もしかしたら今の状態を受け入れてるかもしれませんし
医療に頼ることになるかはわかりませんが
それはそれで自分だと
障害うんぬんより
自分自体を受け止めれる人にならないといけないなと思いました

本当にありがとうございました
お世話になりました

投稿日時 - 2014-01-11 00:10:37

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

私の交際相手は40代中盤で、女性として暮らして7年ちょっとになる元男性です。

最初の違和感は中学生くらいだったけど、違和感を抱いたまま思春期を過ごし、決定的になったのは結婚して実の子供を抱いたときだ、と言っていました。そこから性転換を始め、親と周囲に告白して、今は女性として免許証と保険証を持ち、仕事をしています。

別のFTMの友人は、ホルモン剤だけ飲んで胸は摘出せず、告白の範囲はわからないのですが、本を出したりしてLGBTの分野で積極的に活動しています。参考URLにこの方が書かれた初の著書のURLを載せておきますので、よろしければどうぞ。

トランシジョン(性別移行)は、いつからでも出来ますし戻れます。

今は「Xジェンダー」という言葉もあり、あえて性別を規定しない人がどんどん増えています。
それも、ありだと思います。

もしもうちょっとご心配なのであれば、専門医(”ジェンダークリニック”で検索してみて下さい)にご相談する事をお勧めします。

質問者様が健やかにお過ごしになれますように。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/443418301X

投稿日時 - 2014-01-10 20:01:36

お礼

ありがとうございます

こちらもご丁寧に本まで...
とても嬉しいです

自分自身を長い目で見て行こうと思います

ご丁寧にありがとうございました^ ^

投稿日時 - 2014-01-10 20:20:38

ANo.4

ありのままの自分を受け入れたほうがいいかと思います。
女性の体で男性の心でもいいじゃないですか。
自分は逆ですね。元格闘家で体も普通の人よりも頑丈なのはいいんですけど
好きな人の子供産めないとか不満はあります。化粧も出来ないし。
でもまあそれは変わらぬ事実なんでありのままの自分を受け入れてます。
あまり男とか女にこだわる必要もないと思いますよ。

投稿日時 - 2014-01-08 08:35:59

お礼

ありがとうございます

確かに好きな人との子供が出来ないのはとても辛いですよね

そうですね
自分は自分ですもんね
堂々としたいと思います

投稿日時 - 2014-01-10 20:17:52

ANo.3

こんにちは。
人間の性分化に関しては、こちらの本がすごくよかったです。
http://www.sbcr.jp/products/4797362107.html

性別というのは、心の性と体の性、さらに男女どちらを好きになるかの性があるそうで、いずれも胎児期に決まるそうです。
つまり生まれつきですね。詳しいことは上記の本に書いてあったのですが、染色体だけで決まるわけはないのが複雑なところです。

また、特に性同一性障害ではない場合でも、幼いころは性別を意識していないというのは、よくあることだと思います。ですので、幼いころは特に違和感を感じていなくても不思議ではありません。
しかし、特に意識していない場合でも、男児がよくとる行動や、女児がよくとる行動など、やはり幼いころからでも、男女の違いというのは現れるそうで、質問者さんの場合もやはり生まれつきのように思えます。

絵などにも男女それぞれで傾向というのがあるそうですので、質問者さんも、幼いことに描いた絵などが残っていれば、手がかりになるかもしれません。

投稿日時 - 2013-12-29 21:56:03

お礼

ありがとうございます

紹介してくださった本もいずれ読んでみたいと思います

小さい頃の写真や絵など探してみます^_^

ご丁寧な回答ありがとうございました

投稿日時 - 2013-12-30 00:34:25

ANo.2

性同一性障害は、心と体の性が異なるということだから、
まず、心と体の性が発達してることが条件となる。

遡って考えてみると、以前から違和感を感じていたことが分かるので、
生まれた時からと言うことも出来るだろうが、その程度も、気付く時期も人それぞれ。

幼い頃から心の性(性へのイメージ)がはっきりしてることは少なく、
むしろ通常の人の性意識が発達する思春期以降に分かることが多いと思うよ。

体への違和感は、自然と治るものではないと思うので、
専門的な診断を受けることを勧めます。

投稿日時 - 2013-12-28 20:43:13

お礼

ご丁寧にありがとうございます
少し視野が広がりました
もう少し考えてから病院に行ってみることにしてみます
本当にありがとうございました^_^

投稿日時 - 2013-12-28 21:03:26

ANo.1

あると思います。

投稿日時 - 2013-12-28 20:32:51

あなたにオススメの質問