こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

交通事故慰謝料

交通事故に合いました。こちらは2輪で相手は車です。過失は、10対90です。リハビリ続けていますが良くなりません。通院期間300日通院日数130日です。仕事は後遺症のためしていません。今後の見通しもできない状況です。どのくらい慰謝料出るのでしょうか。

投稿日時 - 2013-12-30 22:13:26

QNo.8407221

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

治療費を相手の任意保険の払い(任意一括)で通院されているのなら
今までのレセプトのコピーを取り寄せて治療費の総額を計算してみて下さい。
その10%があなたの貰う慰謝料などから相殺されます。

1点20円などで計算されていたら直ぐにこれからの治療費を
第三者届を社会保険に提出して、1点10円の社会保険に切り替えてもらいましょう。
(過去の分は不可能です。)

社会保険扱いになれば、リハビリをしても1回当たりの治療費が400円ぐらいだと思います。
(同じ治療内容で、自由診療ですと2000円を超えていますね。)
相手の任意保険だけのの対応ですとこれ以上通っても1日当たり1000円の慰謝料で過失相殺すると900円で、通院した日は1000円以上のマイナスになってくるという結果になります。

ただ、保険会社が休業損害を現在も認めてくれているなら、その分の90%は確保できるのでトータルでは増えてくると思われます。

症状が固定し、後遺症の等級が確定した時点で遺失利益の算定になりその分をもらえますが
その前に治療を打ち切る必要があります。

投稿日時 - 2014-06-02 15:17:40

ANo.4

自賠責保険の120万の枠であれば、130×2×4200(円)です。

 しかしながら、通院期間も日数も長いので、既に自賠責保険の枠は超えているのではありませんか?
 
 参考
  http://www.jiko110.org/accident/standard.html
  http://mutiuti110.jp/compensation/kizyun.html

 任意保険の計算では、日が経つほどに慰謝料日額は減って、12~15ヶ月を過ぎると慰謝料の日額は1000円以下になるようです。

 任意基準で、毎日通院した場合の慰謝料額が85万程度ですから、過失分の減額も考えると3~40万程度になるのではないでしょうか。
 医療費も過失分の1割が請求され支払い時には、慰謝料と相殺されますので、これ以上通院を続けても(休業補償は別として)受け取る金額が増えると言うことはほとんど無いように思います。

投稿日時 - 2014-01-07 14:31:49

ANo.3

通院日数が多すぎます。

自賠責基準を超えてます。
よって、算定基準は低くなります。

慰謝料 130日×4200円=546,000円 1割過失減額=491400円
治療費50万円(仮定) 1割自分払い=5万円

491400円-50000円=441,400円

これに、交通費(バス代)
休業損害は事故以前に事実があれば貰えるでしょうが、
ここは、保険会社との争点となります
主婦ということだと、1日5700円ですけど、
自賠責基準を超えてますので難しいかと。

2輪車でケガの程度が酷かったのかもしれませんが、
総額120万円までの自賠責のみを使用できれば良かったのかもしれません。
少ない通院日数で、満額貰うみたいな。
また、自賠責には過失相殺の考えが無いので、被害者には有利なのです。

今回は自賠責を超えているので、保険会社負担が大きいので、
保険会社との交渉となります。

私の家族も事故にあい、通院50日でしたが、

慰謝料50日×4200*2倍=420000
主婦休業損害50日×5700円=285000
他に交通費も貰いました
合計70万円です。

これで、軽自動車ですが廃車となってしまいましたが、
対物保険と合わせて、新車に買い替えました。

事故を起こした当初は、ショックでした。
車は廃車。体はむち打ちで大変だし。
ですが、軽傷だったので、通院のみで済みまhした。
結果、車が新しくなったから良しとしようというところです。

投稿日時 - 2013-12-31 09:59:30

ANo.2

慰謝料には通院期間の分と後遺障害の場合の分が
あります。

後遺障害と認められるかどうかにより大きく異なります
し、更に自賠責限度を超えれば、貴方の過失分は引かれるし
すべてが終わるまで計算なんか無理です。

今に時点では「取らぬ狸の皮算用」という事になります。

投稿日時 - 2013-12-31 08:29:31

ANo.1

慰謝料は結果に対して計算されるものです。
今後の見通しもできないなら、慰謝料も計算のしようがありません。

大方の予想ということであれば、こちらで計算下さい。
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2consocalj.html

投稿日時 - 2013-12-31 08:09:03

あなたにオススメの質問