こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

長文ですが和訳いただけると嬉しいです。

1) The mother-of-two, who has been married to The Cars frontman Ric Ocasek since 1989, revealed that while the medication helped at first, she became increasingly numb to the world around her, describing how it affected everything from her ability to form opinions to her sex drive.

2) Likening it to 'emotional Botox', she wrote: 'I found I had no need to actually say anything. This, for a writer, is akin to a cook who has no appetite... I no longer bothered to fight with my girlfriends, or husband.

'I could just shrug and walk away from situations that previously had me in endless knots analyzing and discussing.'

3) On making love to her husband, she continued: 'It felt as though I was being touched through a barrier, or, in this instance, a thick and cumbersome rug.

'After a while, it seemed like being intimate was just too much work for too little pay.'

4) Ms Porizkova says she knew she had a problem when she began to feel guilty about her habit, sometimes even finding her herself lying about her dependence.

'I had just started taking it, and this reaction was exactly what I had feared. I was judged crazy. Unstable.'

5) She tells how it took three weeks to wean herself off the medication - and life without is something she is still learning to adjust to.

'The weaning was predictably unpleasant,' she wrote. 'Three weeks of being tired and shaky from wrangling with awful dreams.

'At one point, I found myself on a girls' night out and discovered all eight of us were on antidepressants'

6) 'And then anxiety came creeping back: the clamminess, the suddenly speeding heart, the heat flashes, the disorientation.

7) 'But this time, I also became aware of something I may have previously neglected... with my career at crossroads, my children no longer needing me every minute and my face and body beginning to cave under the demands of gravity, I had something to be a little down about.'

8) In lieu of medication she turned to exercise, upping her routine to include daily workouts.

'I could finally understand the drug addicts who had cleaned up but wrestled with the urge to use every day,' she explained.

9) Ms Porizkova says that years of misery, soul-searching and learning have since helped her to come to terms with her problems.

She wrote: 'I am on some sort of an accelerated life comprehension program I didn't sign up for, but nevertheless must process.'

10) But, she realised, she is not alone. As she came clean about her problems with Lexapro, she found more and more women were suffering from similar plights.

'As I got braver and dared to speak more openly about what I perceived as a terrible weakness, my girlfriends, one by one, stepped up and admitted that they were also on antidepressants,' she revealed.

11) 'At one point, I found myself at a girls' night out dinner and discovered all eight of us were on assorted antidepressants...The reasons were diverse, but what we had in common were our age ranges and being married with children.

12) 'Was this the female equivalent of a male midlife crisis - Botox and antidepressants instead of the fast car and young chick? ... I'm starting to wonder whether antidepressants can often be the emotional equivalent of plastic surgery.'

13) She concedes that there is a place for antidepressants and she is not an anti-medicine crusader. But medication should not be treated as a shortcut.

'There must be a large percentage of people for whom an antidepressant makes the difference between life and death, or at the very least, the difference between a life worth living and a life to be endured.

14) 'But I also think that those who try to take the shortcuts - the pill to lose weight, the pill to be happy, the pill to be smart, to sleep, to be awake, are just running up their tab. And there may not be a pill when you're presented with the bill. Which you will.'

不安障害になり、薬物依存になったことなどを
述べているのだと少しは分かりましたが
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2014-01-01 00:44:29

QNo.8408604

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ddeanaです。長いので見落としてしまった部分があります。ごめんなさい。多分これでOKだと思いますが・・更に見落としていた場合はお知らせください。

10) But, she realised, she is not alone. As she came clean about her problems with Lexapro, she found more and more women were suffering from similar plights.
しかし彼女は実感している、1人ではないことを。レクサプロ服用によるさまざまな問題について一部始終を打ち明けたことにより、彼女はもっともっと多くの女性が同様の状況に苦しんでいたことを発見したのだ。

'As I got braver and dared to speak more openly about what I perceived as a terrible weakness, my girlfriends, one by one, stepped up and admitted that they were also on antidepressants,' she revealed.
「勇気をもらったし、どうしようもないほどの弱点だと気づいたことについて思い切ってもっとオープンに話すことにしたわ。女友達は1人また1人と増えていき、彼女らも抗ウツ剤服用者だってことを認めるようになったのよ。」と彼女は明らかにした。

投稿日時 - 2014-01-02 17:15:41

お礼

長文を訳していただいた上に、注釈まで
つけていただき、分かりやすく、そして
読みやすい文章でした。
嬉しいのと感激と感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました!

投稿日時 - 2014-01-02 18:39:57

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

先の回答で、補足(3)の本文が最後切れていましたので、再度お知らせいたします。
※3:失見当識とも言いますが、時間や方向感覚が失われたり、相違の区別の認識ができなくなったりする状態のことです。

<訳続き>
11) 'At one point, I found myself at a girls' night out dinner and discovered all eight of us were on assorted antidepressants...The reasons were diverse, but what we had in common were our age ranges and being married with children.
「ある時、気がつくとガールズ・ナイト・アウト(※1)に参加していて、そこにいる自分を含めた8人全員が抗うつ剤服用者だったことを発見したの・・・理由はさまざまだったけど、共通していたのは年齢層と皆子供がいる既婚者だったってことよ。」

12) 'Was this the female equivalent of a male midlife crisis - Botox and antidepressants instead of the fast car and young chick? ... I'm starting to wonder whether antidepressants can often be the emotional equivalent of plastic surgery.'
「これって男性のミドルエイジクライシス(※2)の女性版じゃなくて? スピードの出る高級車と若い女の子の代わりが、ボトックスと抗鬱薬なのかな?って・・・抗鬱剤服用は、多くの場合、美容整形願望と精神的には同じなのかもと思い始めてるの。」

13) She concedes that there is a place for antidepressants and she is not an anti-medicine crusader. But medication should not be treated as a shortcut.
彼女は抗鬱剤を必要とする環境があること、自身が反薬物を推進する運動家ではないと認めている。しかし薬物は(何かを解決する)近道として扱われるべきではないとしている。

'There must be a large percentage of people for whom an antidepressant makes the difference between life and death, or at the very least, the difference between a life worth living and a life to be endured.
「大部分の人々にとって、抗鬱剤は生と死の違いを生み出すものでしょうし、そうでなくとも、何はともあれ生きがいのある生活と、忍耐を必要とする生活の違いではあるでしょうね。」

14) 'But I also think that those who try to take the shortcuts - the pill to lose weight, the pill to be happy, the pill to be smart, to sleep, to be awake, are just running up their tab. And there may not be a pill when you're presented with the bill. Which you will.'
「でも私は、体重を減らす為だったり、楽しくなりたいからとか、やせたいから、眠る為に、自分を活気づける為にと、ピルの服用という近道を選ぶ人達は、人生の「つけ」を貯め続けているだけなんだとも考えてるの。そして請求書をもらった時には一粒のピルもないかもしれない(※3)。あなたはどっちを選ぶのかしら。」

※1:アメリカ発祥で、既婚者の女性が一晩だけ、夫も子供も連れずに女友達だけで集まっておしゃべりをするパーティのようなもの。
※2:中高年男性の鬱病や不安症のこと。
※3:楽しようと薬に逃げた結果、より高額の治療費を払うような状況になったり、人間関係にヒビが入ったりという状態になっても、それを修正してくれる薬なんてないという意味ではないかと思います。

投稿日時 - 2014-01-02 16:54:25

お礼

注釈していただき
解りやすく訳してくださいまして
感激です。

投稿日時 - 2014-01-02 18:30:25

ANo.2

先の回答の続きです。投稿文字制限の為、(11)以降の訳は改めて投稿させていただきます。
御質問の原文と思われる記事をみつけました。
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-1388446/Supermodel-Paulina-Porizkovas-midlife-affair-antidepressants-emotional-Botox.html
この記事とご質問文を見比べたところ、
4) Ms Porizkova says she knew she had a problem when she began to feel guilty about her habit, sometimes even finding her herself lying about her dependence.
と次の'I had just started taking it, and this reaction was exactly what I had feared. I was judged crazy. Unstable.'の文章の間に、下記の英文がありました。
_______________________
When I had to have a physical for insurance on America's Next Top Model, I truthfully wrote down the only medication I took, Lexapro,' she revealed. 'Writing was admitting it, and I did so with a fair bit of trepidation.

'Unfortunately, this was promptly broadcast all over the ANTM production set. It seems I couldn't be properly insured on a TV set if I was taking an antidepressant.
_______________________
必要でないかもしれませんが、文章の継続性もあるので、上記文章もあわせて訳させていただきました。また、(5)と(6)のセンテンスの間にある、「'At one point, I found myself on a girls' night out and discovered all eight of us were on antidepressants'」は後の(11)の文章の最初の部分を抜粋したものなので、訳文は(11)の方だけにさせていただきました。以上ご理解いただければ幸いです。

<訳の続き>
When I had to have a physical for insurance on America's Next Top Model, I truthfully wrote down the only medication I took, Lexapro,' she revealed. 'Writing was admitting it, and I did so with a fair bit of trepidation.
「私がアメリカズ・ネクスト・トップ・モデル(※1)出演の為の保険用健康診断を受けなければならなかった時、自分が服用していた唯一の薬、レクサプロ(※2)と正直に書き出したの。」と彼女は明らかにした。「書くことは自分の問題を認めるってことだったわ。そして私は、正々堂々と、でもわずかばかりのおびえを感じながらそうしたの。」

'Unfortunately, this was promptly broadcast all over the ANTM production set. It seems I couldn't be properly insured on a TV set if I was taking an antidepressant.
「不幸にもこの事はアメカズ・ネクスト・トップ・モデル制作場面でくまなく即座に放送されたの。私が抗うつ剤を服用しているのなら、テレビ出演時、適切な保険をかけることはできなかったらしいわ。」

'I had just started taking it, and this reaction was exactly what I had feared. I was judged crazy. Unstable.'
「薬の服用をはじめて間もなかったし、こうした反応はまさに恐れていたものだったわ。私はまともじゃないと判断されたのよ。精神的に不安定だとね。」

5) She tells how it took three weeks to wean herself off the medication - and life without is something she is still learning to adjust to.
彼女は、どうやって3週間かけて投薬から自分自身を引き離したか、そして薬のない生活とは彼女にとって今も適応すべく学習中の何かであると話すのである。

'The weaning was predictably unpleasant,' she wrote. 'Three weeks of being tired and shaky from wrangling with awful dreams.
「(薬への依存を)断ち切ることは想像通り不愉快なことだったわ」と彼女は書いている。「おぞましい幻想に悪態をつき続けることから来る、疲労と体の震えの3週間だった。」

6) 'And then anxiety came creeping back: the clamminess, the suddenly speeding heart, the heat flashes, the disorientation.
「その後徐々に不安感がまた戻ってきたの。ぞっとする感じや突然鼓動が早くなったり、顔ののぼせやほてり、見当識障害(※3)といったものね。」

7) 'But this time, I also became aware of something I may have previously neglected... with my career at crossroads, my children no longer needing me every minute and my face and body beginning to cave under the demands of gravity, I had something to be a little down about.'
「でもこの時期、以前は無視していたかもしれない何かに気がつくこともあったのよ・・・自分のキャリアが岐路に立っていることと共に、子供達はもう1分1秒私を必要とはしていないし、私の顔や体は重力に逆らえず崩れ始めているし、ちょっと落ち込むようなことがあったのよ。」

8) In lieu of medication she turned to exercise, upping her routine to include daily workouts.
投薬のかわりに毎日のトレーニングを組み込むための日課を増やしながら、彼女は運動へと移行した。

'I could finally understand the drug addicts who had cleaned up but wrestled with the urge to use every day,' she explained.
「最終的には、自分が薬物中毒者ではなくなっても毎日それを使いたいという衝動と戦うものなんだと理解できたのよ。」と彼女は明らかにした。

9) Ms Porizkova says that years of misery, soul-searching and learning have since helped her to come to terms with her problems.
苦痛と自己反省、そして学習の日々は、その後ずっと自身の問題と折り合いをつける為に役立ったとポリスコフは言う。

She wrote: 'I am on some sort of an accelerated life comprehension program I didn't sign up for, but nevertheless must process.'
彼女は書いている。「私はある種、自分が望んだんじゃないけど、それでも処理する以外ない、加速度的な人生を理解するプログラムに取り組んでいるのよ。」

※1:トップモデルの登竜門のひとつ、アメリカの人気オーディションTV番組、略語がANTM
※2:アメリカの製薬会社フォレスト・ファーマスーティカル製の抗鬱剤。
※3:失見当識とも言いますが、時間や方向感覚が失われたり、相違の区別の認識ができな

投稿日時 - 2014-01-02 16:40:17

お礼

引き続きありがとうございます。
抜けている箇所まで記載していただき
ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-01-02 18:26:16

ANo.1

1)1989年以後カーズ(※1)のリーダー、リック・オケイセックと結婚生活を営んでいる、2人の子供の母は、薬物療法が最初こそ役に立ったが、徐々に自分の周りで起こっていることに何も感じなくなっていき、それが彼女自身の何かをする能力から、自身の性欲に対する考えを形作ることまでありとあらゆることに影響を与えたことを明らかにした。

2)その状態を「感情のボトックス(※2)」に例えて彼女はこう書いた。「実際には何についても何か言う必要なんてないことがわかったの。これって食欲がまったくない作家の為に料理をする人に似てるわ・・・私はもう女友達や夫とわざわざ争うことなんてなかったのよ。

私は分析したり議論したりという以前は絶え間なく自分をがんじがらめにしていた状況から、ただ肩をすくめて(※3)、遠ざかることができたのよ。」

3)夫とのセックスについて彼女はこう続けた。「まるで障害物というか、この場合分厚くて扱いにくいじゅうたん越しに触られているような感じだったわ。

しばらくすると、性的関係をもつことは、単に、すずめの涙ほどの給料の為にめちゃくちゃ働くことじゃないかと思えたの。」

4)ポリスコフは、自身の習慣に罪悪感を感じ始めた時、時々自己の依存性について自分自身をもあざむいていることに気づいた時、彼女が問題を抱えていることを確信したと言う。

※1:The Cars(カーズ)→アメリカボストン出身のロックバンドの名前
※2:botox(ボトックス)→ボツリヌス毒素を顔に注射することにより、しわをとる療法のこと。注射することにより顔の筋肉が一部麻痺することが知られている。
※3:shrung→ここでの「肩をすくめて」というのは、知らなかったり関心がなかったりした時に言葉を発せずに両肩をちょっとあげてみせるジェスチャーのこと。

長いのでここで一旦切って投稿します。お正月ですので、すぐに残りの訳がアップできないかもしれませんが、お許しを。

投稿日時 - 2014-01-01 13:58:15

お礼

このような長文を訳していただいて
ありがとうございます。
そして感激しました。
自分で辞書をつかいながら訳してみましたが、
うまく文章につながらず、和訳をお願いしてみました。
本当にありがとうございます。

投稿日時 - 2014-01-01 17:24:08