こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

小規模宅地等の特例の限度面積

質問内容はとても簡単で恥ずかしいほどです。

相続した事業の用や居住用の宅地等の価額の特例
(小規模宅地等の特例の限度面積)でいう
被相続人等の居住の用に供されていた特定居住用宅地
減額される割合=240平方メートル

とは、土地と建物を合算した面積なのでしょうか?

チョット前に同じ質問をしましたが、削除の方法がわからないので、
質問に正確性を保つために再投稿します。

投稿日時 - 2014-01-04 07:38:22

QNo.8412776

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>土地と建物を合算した面積なのでしょうか?
いいえ。
「小規模宅地等の特例」は、宅地のみに適用です。
建物は適用外です。
なので、土地の面積240m2までについて、減額されるということです。

投稿日時 - 2014-01-04 08:37:02

補足

相続税の課税価額から80%減額、ということのようです。

投稿日時 - 2014-01-04 08:39:09

お礼

私には門外漢なので暑くお礼をいたします。

投稿日時 - 2014-01-04 22:26:03

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

小規模宅地等の特例の限度面積は
土地と建物を合算した面積ではなく、
土地の面積をさします。

URLの「1特例の概要」をご確認ください。
国税局のHPに記載があります。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4124.htm

投稿日時 - 2014-01-04 07:49:58

補足

建物については減額されないのでしょうか?

投稿日時 - 2014-01-04 08:06:24

お礼

私には門外漢なので暑くお礼をいたします。

投稿日時 - 2014-01-04 22:26:22

あなたにオススメの質問