こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

肝臓がんの再手術について

85歳の父の肝臓がんについて質問致します。
原発の肝臓がんで8センチでした。肝臓以外の転移は無し、ウイルス検査も無しでした。ast 51 alt 68 alp696 t-bill 0.66 d-bill0.07 alb4.2 a/g1.56 pivka2 35696でした。icg 21.6 で手術はできないと言われtaceをするように勧められ11月に行いました。1週間ぐらいの入院と説明がありましたが結局3週間の入院になりました。その間高熱で38から39度の熱が続きました。退院してもほとんど食べれないまた動けない状態が1週間続きました。8センチのがんは7割がた死滅したと説明がありました。退院一週間後の血液検査の結果はast 46 alt56  alp696 t-bill 0.62 d-bill0.17 alb2.7  a/g0.64 pivka2 23725でした。pivka2 23725が10,000もさがったので成功みたいなこと言われました。ちなみに、父はワーファリンを何年も飲んでいます。退院1カ月後、ctをとり3日後に受診しました。すると、血液検査もせず、お腹を見るわけでもなくct画像を見て、来月2度目のtaceをしましょうと言われました。やっと食欲が戻って動けるようになってきたのに突然言われたのでしたくないと言ったら今後どうなっても知りませんよ言われました。
質問です。再度taceをした方がいいのか?そもそもする必要があったのか知りたく質問しました。肝臓がんがなくなっても寝たきりになったり認知症になる危険が高いので、このまま何もしないのが良いのではないかと考えています。入院中は耳が遠いのでほとんどコミュニケーションが取れていなかったので特に心配です。長文になりましたが゜回答のほどよろしくお願いたします。

投稿日時 - 2014-01-06 11:35:49

QNo.8416622

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちわ

TACEは肝動脈化学塞栓術ですね。
がん細胞に栄養が行きわたらせないようにして塞栓するんです。
お腹を切開するOPよりはTACEの方が患者さんにとって負担が少ないOPなんです。
なので再発する可能性を防ぐためには2回目のTACEは受けた方がいいと思いますよ。
不安ならカルテのコピーを主治医から貰って他の肝臓専門医に相談するセカンドオピニオンを受けた方が安心かと思います。
85歳ということなので年齢的にも天命を全うさせる選択も出来ますけどあとはお父様の生命力を信じて治療を受けさせた方がいいかな?と思います。

投稿日時 - 2014-01-06 12:48:21

補足

回答ありがとうございます。
最初エコー検査で8センチの影が見つかり、その後ctでがんを確認しました。自覚症状は一切ありませんでした。腹水、黄疸もありませんでした。
最初はtaeをすると説明があり、血を止めてがんを兵糧ぜめにする。8センチもあるので治ることはないが良いか。と言われ入院は1週間程度と説明がありお願いしました。抗がん剤の説明がありませんでした。カテーテルの日に病院に提出した心配ごとの中に抗がん剤の使用はやめてくださいと書いた所、主治医が今日の手術はできない。抗がん剤は使うし、何度もしなくてはならない、それでもやるかと当日に言われました。ここで止めるわけに行かずお願いしました。結果、39度が3週間続き、テレビも見れないほどほとんどペットに寝たきりの状態になりました。抗がん剤と熱で2日めに錯乱状態となり、3日間ベットに拘禁されていました。耳が遠いのと熱で父は看護師さんにほとんど痴ほ老人扱いされていました。3週間後に熱がやっと下がり、退院となりました。退院後一週間はほとんどペットで寝たきり状態でやっとトイレに行く有様です。食欲は入院する前の3分の1でした。退院40日でやっとらーめんが一杯食べれるようになりました。現在、腹水、黄疸、痛みなど自覚症状はありません。がんの再発リスクと抗がん剤による認知、寝たきりリスクをかんがえるとどちらがいいか考えてしまいます。長文になりましたが回答よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2014-01-06 15:05:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

16人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

追記です。

丸山ワクチンを選択する事も化膿です。
丸山ワクチン単独より抗がん剤単独、抗がん剤単独よりも抗がん剤と丸山ワクチンとの併用の方が効果が見られることが多いですよ。
主治医によっては自分の医療技術を過信して丸山ワクチンを眉唾物だと決めつけてる医者も居ます。
そのような医者に丸山ワクチン併用治療をお願いしても無理なのです。

あと重粒子治療も適用出来るのであれば確認した方が良いと思います。
重粒子線治療については
独立行政法人放射線医学総合研究所の重粒子医科学センター病院のHPをご案内します。
http://www.nirs.go.jp/hospital/index.shtml
但し保険適用外なので予めご了承下さい。

投稿日時 - 2014-01-06 22:23:39

ANo.2

こんにちわ

私ならTACE療法後には可能であれば残ってるがん細胞に対してサイバーナイフを照射する方法をオススメします。
併用としてプラセンタのラエンネック注射ですね。
ラエンネックは抗がん剤みたいな強い副作用は無く傷付いた正常な細胞を修復する働きがあってメインは肝機能障害に適用されます。
なので肝がんには保険適用にはなりませんので自由診療扱いになります。

MRI画像とCT画像で適応の可否を判断することになりますが、サイバーナイフ不適格なら残念ながら再度TACE療法が無難だと思います。
一度他の病院でセカンドオピニオンを受けるようにしてくださいね。

自分の医療技術が絶対だと井の中の蛙のような医者も居ますので他の医者の意見を聞いて最終判断すればいいと思います。

投稿日時 - 2014-01-06 22:04:30

あなたにオススメの質問