こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

方向変換(車庫入れ)について

自動車学校に通っている者です。
方向変換がどうも上手く出来ません。
この調子では、縦列駐車も出来ないでしょう。
自動車学校では、複数のポールが立ててあって、その間に車を入れる感じです。
教官からは、三角窓に、ある目安のポールが見えたらハンドルをいっぱいに切れと言われます。
だけどそれはポールがあるからこその目安で、免許を取ってから駐車場で駐める時は目安なんてありませんよね。自動車学校在籍中に経験するのは、高速道路の休憩所での駐車のみでしょうか。
まあそれはそれでまた練習が必要で、自動車学校ではとにかくこの項目をクリアすることだけを考えればいいかもしれませんが、やはりどこでも対応するには後輪の位置と軌跡を正確に理解していないといけないと思います。
今のやり方としては、入れる位置からホイールベース分前進します。この時、左折なら右に外輪差分約70センチ、右折なら左にそれだけの間隔を空けています。
ここから教えられたやり方ですが、左折は、自分はハンドルを切るのが遅いため、少しバックしたら一回転据え切りをします。そのまま下がっていき、三角窓に目安のポールが見えたらハンドルをいっぱい回します。
これで行けると言えば行けるみたいですが、目安無しでの練習はまた別に必要で、自動車学校在籍中はポールを目安にして、ただクリアすることを考えればいいのでしょうか?
右折は、顔を出してもいいので左折よりは行けます。だけど、顔を出せなかったら行けません。ドアミラーも下げないとあてにならないし。

コツを教えて下さい。また、ネットで調べた上で、後輪の位置は、後部座席の背もたれの下辺りと理解しています。
後輪を意識したやり方としては、据え切りをするにせよ、しないにせよ、後輪が縁石の気持ち少し手前に来たらハンドルを切るというイメージだと考えていますが、上手く行きませんでした。

あと、余談というか、狭路での右折、左折についてです。例えば自動車学校の車庫入れから出る時や、横のスペースがあまりない所から出る時など。
たまにですが、内輪差で脱輪します。
ある人から聞きましたが、横のスペースがない時、ハンドルを切りながらも前進することを踏まえて、角から前輪が全部出たくらいで切るといいとのことです。確かにこれで行けていた気がします。
目安としてどうでしょうか?

投稿日時 - 2014-01-07 13:22:26

QNo.8418672

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

何度もすみません少し、気になったので…。
教習での方向変換を考えると、先のことがまずは大事のような気がしてます。

一方で、車庫入れなどに目を向けるなら、方法としては、
目印を利用して思ったところに動かす、目視やミラーなどで思うところへ誘導する、勘や感覚・イメージなどで思ったところへ動かす、というふうに分けていくなら、3つくらいは主にあるのではないでしょうか?

おそらく最終的?段階的?には、最後の方法に近いほうがよいような気がしています。
ただ、しっかりとしたイメージや感覚がないと結構難しかったりするのでは?と思います。
また、慣れなどから雑になったりすると、思った所とずれたりすることもあるような気がします。

ですので、一つ一つの方法を少しづつ高めたり、組み合わせてみたりで向上できる可能性はあるのでは、と思っているところです、自分でも。

その上で、多様な状況に対処していくことを考えると、道路(車庫)の幅や角度、利用可能なスペースなどの具合、周囲(車や人)の状況、自分の調子(ノー感じもだいぶありうる)などを見ながら、
その時に合った方法を選んでいけたら、と思っています。
より安全な通り方が求められることもあるでしょうし、途中に障害物などで複雑な動きのイメージが求められることもあるでしょうし…。

たびたび、失礼しました(^^ゞ

投稿日時 - 2014-01-13 23:11:46

ANo.13

再度おじゃまします(^^ゞ

いくつか方向変換の動画なども見てみたのですが、やっぱり結構ハンドルを切る量は多い感じですね。
それに、車庫入れ…ではないと捉えていたほうがよいかもしれません。
たぶん違うのでしょうし、主眼は方向を変えるというシンプルなもののようです。あくまでも。
行き止まりや、道を間違えたようなときを想定しているのでしょう・・・。
それにしても結構狭い道幅ですので、タイヤの正確な軌跡までは読みにくいと思います。

ハンドルを切る量が多い分、結果がイメージしにくいところはあるんじゃないでしょうか?
ですので、下がり始める位置と、ハンドルを切るタイミングがうまく取れれば、ある程度自動的に結果がついてくるようなことになるかもしれません。
どうしても、正確に進みつくところに読みにくい部分があるので、始めのところを整えるように、その二つ(下がり始め位置、ハンドルのタイミング)の精度をできるだけ上げておくことが大事になってくると思います。
おそらく最初は、多くの人が下がる途中に縁石に寄ったり、遠回りになったりして、何度か上手くいかなかったことを、ヒントにしているのではないでしょうか?
それで、上手くいくラインに寄せていっているのでは、と思います。

試験などでは、先の二つに加え、周囲の確認をしながら下がり、縁石などに寄ってしまったら、もう一度やり直していけばよいです。
要は脱輪などが無いように方向を変えることができればよいと思います。
出る時も出にくい場合には、無理せずに反対側へ幅寄せで修正してからがよいと思います。

投稿日時 - 2014-01-10 00:54:03

ANo.12

>三角窓に、ある目安のポールが見えたらハンドルをいっぱいに切れと言われます。
 人に寄ってシートポジションは違うし、クルマによっては三角窓自体がない。
 教えるのが面倒なので、かなり割愛した教習をしているのでしょう。

>ネットで調べた上で、後輪の位置は、後部座席の背もたれの下辺りと理解しています。
 乗るクルマを良く見てごらんなさい。
 リアドアを開けながら見れば、
 シートの背もたれから何センチくらい後方に後輪タイヤがついているか判るでしょう。

>角から前輪が全部出たくらいで切るといいとのことです
 道が狭い場合、それではタイミングが早過ぎるのでは。
 前輪と後輪の中間(自分の真横)あたりで
 ススッとハンドルを切りながら前進する感じでは。

自転車で練習すれば、タイミングは判り易い。
ブロック塀に寄ったまま進み、前輪が出た段階でハンドルを切って曲がったらどうなる?
身体が塀に当たるでしょ。
でも、身体が角に来たあたりで曲がればぶつからないハズ。

自転車でも内輪差の感覚は掴めますよ。

投稿日時 - 2014-01-09 13:43:56

ANo.11

あんまりあれこれ、理屈で考えない方がいいですよ。
教習所は免許を取るための学び舎であって、上手に運転するための学校じゃないから。

文章中に「どうせなら上手に乗れるようになって卒業したい」という希望が透けて読めます。
それは真面目で素敵な態度だけれど、正しい態度ではありません。


教習所に対して完璧を期待しすぎです。
教習所は「安価に短期に免許を取らせてあげる」ようがんばってます。
それが世間の評価だし、上手に運転できるまで卒業できない学校なら、すぐに潰れますよ。


まずは、教官の安直なアドバイスを良く聞いて、免許をさっさと取りましょう。
あなたのように向上心が強い人物なら、あっという間に運転上手になれます。

投稿日時 - 2014-01-08 12:37:43

ANo.10

>教官からは、三角窓に、ある目安のポールが見えたらハンドルをいっぱいに切れと言われます。

まぁね、そんなポールそこいらに立っているわけない。私もそんなアホなことを言われたのだけど、無視してました。
でも、それで良いのかもとも思っています。なぜなら、アナタ今までクルマを動かしたことがないわけでしょ、あっても2回目か3回目か。で、どこでどうハンドル切ればクルマがどう動くか、まったく分かっていない。だから、そのポールの位置でハンドル切ればクルマがどこに行くのか、知ることができる。このときに必要なのは、ポールの位置のタイミングを正確に計ることではなく、ポールの位置というのが、クルマがどのような位置なのかを知り、クルマがどのように動いていくのかを知ること、なのです。
細かい数センチなどはハンドルの微調整でなんとでもなります。動かしながらなんとかするものです。

>上手く行きませんでした。

TVゲームじゃないのだからそれで終わらないで、どう上手くいかなかったのか、どうすれば上手くいくのか、考えてください。


他も同じ。自動車学校は、習うより慣れろでやってる場所なのです。
自動車学校の教官なんて、教えることをちゃんと学んだような人ではないです。そんなに頭の良くない人たちが教えているようなものです。高校の先生のように、どのようにしたら分かりやすく、上手く伝わるかなどをしっかり身に着けた人たちではないのです。ですから、上手く教えられないこともあります。それでも、習うより慣れろで生徒が勝手に上手くなるので、ポールが見えたら~みたいなアホな事を言っててもハンコを押せる程度に生徒が上手くなるのです。たぶん、自動車学校ってそんなところです。

ですから先ずは、クルマが動く感覚を身に着けること。理論などは後から考えたほうが、なるほど、あの時にはあのように動いているのだな、などと良くわかるのではないかと思います。


がんばってください♪

投稿日時 - 2014-01-07 23:38:55

ANo.9

一般道路でも頻繁に遭遇します。
確かに交差点の右折は、交差点の直近の内側・・・、ですが。
片側1車線でそれをやったら?、左折してくる車と正面衝突ですね。
山中でなくともカーブで平気でセンターを割る人。
所謂大回りのラインを習得すればどうかな?という気もします。
大回り=可能な限り直進のまま交差点等に侵入して、一気にハンドルを一杯切って曲がる。
理屈では内側に最大の余裕を持って曲がるラインです。
その感覚が身につけば、後は状況に応じて加減が判断できるのではと思いますが。

投稿日時 - 2014-01-07 18:42:44

目安だけを考えると、なかなか対応幅は見つけにくいのかもしれません。
だけど、全体的な車の動きの特徴や、思ったように動かす上でのコツみたいなのは応用ができたり、ベースとして考えていける部分はあるんじゃないかな、と思います。

教習所での方向変換は、結構角度が取れない中での後退なので、ハンドルを切る量は多いと思います。
実際の場面ではポールはないけど、それのみに頼りすぎないようにスムーズに確実に方向変換ができれば、使える場面も増えてくると思います。

教習所での方向変換だと、下がり始める位置、ハンドルを切る量、場所などのちょうど良いところ、というのは大体決まってくるのでしょう…。
多分、そこから目安が出てきていることと思います。
動きの特徴などの理解、運転上の感覚の不足などがあって、ちょっとずれてしまったりすると、思うところに行かないことも出てくるのかもしれません。
車の特性をよく知ることと、その場所の特徴をよく知ることを併せていくと、目安も結構重要かもしれないです。

答えになってないかもですが、S字やクランク、狭路で習ってきているコツなども利用していける部分はありますし、縦列もポイントを丁寧に踏んでいくと、思った位置に止めやすくはなってくると思います。

投稿日時 - 2014-01-07 18:19:12

ANo.7

考え方としては、どちらかの後輪を中心として、90度車を回転させるということです。

左後輪が中心の場合(右後輪はこの逆)

(1)車庫を通り越して止まる。
 この時車庫と自車の位置関係は90度。
(2)左後輪が車庫の中に完全に入る位置までまっすぐバックして停止。
 自車の後輪の場所を事前に把握しておくこと。
(3)ハンドルを目一杯左に回す。
(4)ハンドルを切った状態でバック開始。
(5)自車は時計回りに回転する。
 回転の中心は左後輪のはず。
(6)自車が車庫と平行になったところで停止。
 90度時計回りに回転したということ。
(7)ハンドルをまっすぐに戻す。
(8)そのままバック開始
(9)車庫に入ったところで停止。

ポイントは、
(1)自車の左後輪を車庫の幅の中のどの位置に置くか
 この位置によって、車庫に入れたときの左の空きが決まります。
 車庫の幅に応じて、どの位の位置に置くかを事前に決めます。
(2)まっすぐバックとハンドルを切る動作を分ける

これなら、目印がなくても大丈夫ですし、バックの操作とハンドルを切る操作を分けてしまえるので操作がシンプルです。

縦列駐車も考え方は同じです。
スペースに停めたときの外側になる後輪が、スペースに入るまでまっすぐバックして、スペースに入ったところで止まってからハンドルを切って、更にバックすれば車体はスペースに収まります。

投稿日時 - 2014-01-07 17:23:14

ANo.6

切り直し2回までok 3回目にはアホでも入るから
コツは1回で入れようとしない事

投稿日時 - 2014-01-07 15:41:58

ANo.5

>やはりどこでも対応するには後輪の位置と軌跡を正確に理解していないといけないと思います。

実は「それは不可能」なんだよ。

乗ってる車が変わったら「車がどういう挙動をするのか、イチから覚え直し」なんだよ。

だから「どこでも対応」は出来ない。

「万能の対応は出来ない」のだから「乗ってる教習車に合わせた、ポールの見え方に合わせた、教習所内でしか通用しないタイミング」を覚えるしかない。

つまり

>教官からは、三角窓に、ある目安のポールが見えたらハンドルをいっぱいに切れと言われます。

を覚えるしか無いって事。

んで、教習所内で完璧に縦列できるようになって、免許を取得してから、自分の車を手に入れてから「車両の感覚を覚え直す」事になるんだ。

ぶっちゃけ「万能の対処なんて不可能」だから。

10年乗ってても擦る時は擦る!

>目安としてどうでしょうか?

車が変わったら目安も感覚も全部変わるから、とにかく「今乗ってる教習車での感覚と目安を覚える」しか無いよ。

それ以外は、何やっても無意味。人に聞いても無意味。ここで質問しても無意味。

投稿日時 - 2014-01-07 14:53:34

ANo.4

目安練習はあなたの言われるとおり付け焼き刃です。目標が変わったら役に立ちません。そう言う練習はいくら繰り返しても駄目です。(まあ教習所の言うことを聞かないと先に進ませてもらえないから一通りは聞いた方がいいですが)
大事なことは感覚です。頭の中で道路の曲がり具合を想像して、その中を「自分の車がどういう風に走っているか、この先どういう風に走っていこうとしているか」をイメージしてみて下さい。走りながら自分の車が周囲とどういう位置関係になっているかのイメージを持つことです。こう言葉で説明すると難しいように感じるでしょうが、実際問題として、人間は絶えず無意識にそうやって歩いたり走ったりしているのです。前方から人や自転車が来ても、ぶつからずに通り抜けられるのです。
車の運転が下手な人はこういう感覚が弱い人です。例えば内輪差を考えないで曲がると後輪を縁石に乗り上げますよね。運転上手な人は、曲がる際内輪差がどうのと理屈では考えません。自分の車が道路と縁石に対してどういう姿勢で走っていくか、曲がっていくかを頭の中でイメージを浮かべています。あなたがオモチャの自動車をコーナーで曲がらせるときの車の姿勢、道路との位置関係です。それを思い浮かべるのです。
これはすべての運転に当てはまることです。車をぶつけたり擦ったりする人はそう言うイメージが弱いのです。運転を理屈で考えているのです。
一度この感覚を教習所で試してみたら如何ですか。ぶつけても乗り上げても教官に怒られるだけです。外へ出たらそう言う練習は出来ません。うまく行ったらその感覚を磨いて下さい。運転が上手くなりますよ。

投稿日時 - 2014-01-07 14:22:55

ANo.3

6xb

車の運転は頭ではなく 身体に覚えさす事です 自分の手足が四方に伸びた感覚になる事です

投稿日時 - 2014-01-07 13:54:36

ANo.2

自分の位置感覚と実際のタイヤや車の幅を、運転席にとどまったまま知ろうとしないで、一旦車から降りて自分の目で確かめてみることです。
いつもこの辺だろうと思って居るタイヤの位置と、実際の位置の違いが分かっていないので、脱輪したり思うような動きが出来ないのです。
自分の思いと実際の位置関係を何度も車から降りて確認を繰り返せば、思うような位置に車を移動できるようになります。
少なくとも、自分の思うタイヤ位置と、実際の位置のずれが10センチメートル程度になるよう、繰り返し訓練してください。

投稿日時 - 2014-01-07 13:51:11

ANo.1

グダグダ言わずに練習したら?教習所で習った事は一般道路では通用しない事もあるんだから・・要は慣れです・・内輪差とか外輪差の問題ではありません・・そんなの知らなくても出来る様になりますよ

投稿日時 - 2014-01-07 13:40:53

あなたにオススメの質問