こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

派遣会社について。

新聞に織り込まれている求人広告で倉庫内作業の"アルバイト"募集の広告を見つけ、
勤労時間16:00~26:00
時給16:00~22:00 1250円
   22:00~26:00 1500円
と金額につられて応募しました。
アルバイト用の履歴書を持ち面接会場に行くと、そこは派遣会社。
アルバイトという記載しかなかったのにもかかわらず、派遣社員を募集していたらしい。
まずここで疑問を覚えましたが、さしたる弊害もないのでそのまま面接を受け、無事合格。

後日、派遣先の工場で契約書を交わすと言われ、初の出勤日の15時40分に派遣会社社長と待ち合わせをしました。
社長は16時丁度位に遅れて到着。
時間がないと言うことでボンネットの上に乱雑に置かれた契約書にほとんど目を通せずサイン。
そしてそのまま社長は中に入ることもせず帰っていきました。
急いで契約書にサインをしたものの、当然すでに出勤時間は過ぎていて、中に入ると軽く一喝されました。

数日後、派遣会社に面接に行った際に伝えたとおり休みを2日もらってから出勤すると、工場長から一喝。
通常は派遣会社から休む日などの連絡があるはずが、どうやら伝わっていなかったらしく、勝手に休んだことになっていたらしい。

さらには同じ派遣社員に人から「私たち雇用保険に入っているらしい」と知らされて、ボンネットの上で書かされた契約書の控えを念のため確認。
契約書控えにはそんなことはかかれていませんでしたが、別の事実が発覚。
まず、勤労時間が16:00~25:00 となっている。(聞かされていたのは16:00~26:00)
つぎに時給 1200円 (残業1500円)
当初聞いていたのとは大分異なります。
今から考えてみれば、わざわざあの場で、ギリギリの時間を使って契約書を交わしたのは
この契約内容を見せないためだったのではないかと思えて仕方がありません。

そこで質問です。
こういった派遣会社は世の中普通にあるものなのでしょうか?
それともやっぱりこれはオカシイのでしょうか?

投稿日時 - 2014-01-09 13:21:16

QNo.8421787

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

派遣会社なんてその程度の存在です。
他に無いから仕方なしに行くけど、本来なら全員でボイコットすべき制度です。
派遣法を成立させたのは自民党、民社党、公明党、かな?

投稿日時 - 2014-01-09 14:34:25

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ろくでなしの会社に間違いないが
貴方が契約書を読まずにサインするのが間違い。
求人広告も求人票も内容は法的に担保されているものではないので
貴方の署名した契約書が有効となる。
労働時間や賃金の計算方法等も記載されていたはずだが内容は確認したのか?
もし、違うと言ってもそれが有効な契約でないという証明は困難。
契約内容を確認せずに署名はできない。

週20時間以上の所定労働時間で31日以上働く契約なら
雇用保険に加入する義務がある。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/koyouhoken/

投稿日時 - 2014-01-09 14:28:50

あなたにオススメの質問