こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Windows7 win標準ソフトが2箇所にある

パソコンを修理に出したところ、Windowsの初期ソフトらしき
Windows Media PlayerやらWindows Photo Viewerといったさまざまなソフトが、
Program FilesとProgram Files(x86)の2箇所にインストールされて返されてきました。

修理に出す前から2箇所にあったのか記憶が定かでないのですが、
Windows7ではこれが普通なのでしょうか? 
単純に言って容量が倍圧迫されていることになるのではと訝しがっています。

誤って2重にインストールされてしまっているのであれば、
一旦完全に初期化してしまった方が、余計なゴミが残らなくていいのかも知れないので、
2箇所にあるのが正しいのか、誤っているのかお教えください。

投稿日時 - 2014-01-15 21:54:56

QNo.8431522

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

> Program FilesとProgram Files(x86)の2箇所にインストールされて返されてきました。

もとからその状態だったのです。

> 2箇所にあるのが正しいのか、誤っているのかお教えください

正しい状態です。
---
下記サイトも参照してみてください。
ソフトのインストール場所に「Program Files」と「Program Files(x86)」があるのですが?
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/knowhow/20111117/1039040/?rt=nocnt

投稿日時 - 2014-01-16 05:42:12

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

Windows7には、32bitと64bitの2種類存在します
64bit OSには、以前のプラグインと互換性を持たせるために32bitアプリもインストールされている
よって、32bitとネイティブの64bitの2種類のアプリケーションが入っているのがデフォルトです

プログラムファイルも
64bitアプリケーション用の Program Files
32bitアプリケーション用の Program Files(x86)

の2種類となります


32bit OSには、32bitアプリケーションのみです
64bitアプリケーションは、動作しませんので、32bitアプリケーションとなり
Program Files ってフォルダーになります

投稿日時 - 2014-01-15 22:18:37

あなたにオススメの質問