こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

確定申告について

確定申告について 不動産の譲渡所得を総合課税で申告し株と配当は分離課税で申告したのですが株の方ではマイナスがあり配当金と相殺して本来は配当の税金分は還付されると思っていたのですが

不動産の譲渡所得があり譲渡分の税金を納めるので配当金の還付はないとの事でした。
分離課税で申告しても総合課税で納税がある場合は還付されないのでしょうか?
話をまとめると
(1)不動産の譲渡所得が発生した。 総合課税で申告
(2)株式の繰越損で配当金の相殺をし本来なら分離課税で申告したので配当金の税金の還付があるものだと思っていた。

申告に詳しい方アドバイスください

投稿日時 - 2014-01-15 23:18:31

QNo.8431672

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

前払いした所得税の一部あるいは全部が返ってくるのは、

1.「所得」が「所得控除」より少ない
2.「所得」-「所得控除」はプラスの数字だが、そこから計算される「所得税額」が「税額控除」より少ない

の場合だけです。
ご質問の場合、総合課税分で「所得控除」も「税額控除」も使い切っているようなので、それ以上の還付はないことになります。

・所得控除
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
。税額控除
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1200.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2014-01-16 07:41:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

納付すべき年税額から、配当から源泉徴収されてる所得税が引かれて納税額(第3期)になってるはずです。
つまり、還付を受けるのではなく「納税額から控除されてる」わけです。

申告書の控えがあると思いますので、じっくりと見るとわかります。

投稿日時 - 2014-01-16 08:53:58

あなたにオススメの質問