こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

生活福祉資金の貸付について教えてください!

札幌に在住の母子家庭の母です。
子供への教育など生活水準を向上させるべく看護師を目指し、看護系大学の社会人入試に
このたび合格することができました。看護師になった後の目標などもあり、授業料など専門学校
よりも高額になることは分かってはおりましたが大学に進学することを希望し、ようやく第一歩を
踏み出せそうな状態にあります。
しかし入学金や前期分授業料(100万以上)の納入など金銭面に困り果てております。

本当は私自身の名前で教育ローンを申込みたいのですが、昨年1年間は予備校に通学したため
収入と呼べるものがなく、申請する資格もない状態です。
現在は両親と同居をしておりますが父は派遣社員、母は勤め先が昨年倒産したため無職です。
父の名前で教育ローンを・・・とも考えましたが、ちょうど5年前に自営業の失敗で自己破産をした
のでまともな金融機関の審査が通る可能性はないと考えております。

このような場合、生活福祉資金の貸付を申請し、実際に利用することは可能でしょうか?
厚生労働省のHPにあった条件には『技能習得に必要な経費及び~』という文言もあり、看護師の
技能習得に必要なものなのですが・・・。
我がままと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかく掴みかけた夢をあきらめることが
どうしてもできないのでアドバイスお願いいたします。
また、現在この制度を利用されてる方は申請から貸与までの期間がどのくらいかかったかも教えて
いただけると嬉しいです。

投稿日時 - 2014-01-16 04:44:34

QNo.8431890

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

> ショッピングのカードの支払い(2社)が延滞しつつ返済しているところです。
これは多重債務とみなされてしましますか?

はっきりした事は言えませんが、ショッピングの利用が割賦販売法の範囲外である一回払いやボーナス一回払いのみであれば、問題は無いかと思います。
また、延滞も延滞の程度によって異なると思います。
三ヶ月以上(三回と言う意味では無く約定日より三ヶ月以上たってからその月の請求金額を全額支払ったと言う意味)の延滞があると難しいかもしれません。

いずれにしろ、それらも含めて社会福祉協議会に相談して下さい。

投稿日時 - 2014-01-16 13:59:02

お礼

なんども親切に回答ありがとうございます。
そうですね、やはりあれこれと考えるよりも行動に
移して相談するのが1番ですよね。
大学側への費用の延納が可能かにもよりますし、出来る
限りのことをやってみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-01-16 17:10:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

No.2です。
> ただ、審査があるので両親の自己破産が影響あるかが不安です

借りる本人に自己破産があっても、既に債務が免責になっていれば、審査に通る可能性はあります。

現状で多重債務等他に借金があるなら審査に通らないでしょうが、少ないながらも一定の収入があり、他に借金が無ければ通るかもしれません。
連帯保証人を立てられればさらに良いとは思いますが。

投稿日時 - 2014-01-16 12:23:11

お礼

何度もご相談にのって頂きありがとうございます。
申込み自体は私の名前で行う予定です。
私の学費なので可能な限り自分で行いたいので…。
保証人を父にお願いした場合、自己破産からやっと5年を
迎える父にその資格は認められるでしょうか?
父には債務整理後に借金などはありませんし、現状は
世帯収入の中心です。
また、お恥ずかしい話ですが私自身には昨年が無収入
だったため以前からあったショッピングのカードの
支払い(2社)が延滞しつつ返済しているところです。
これは多重債務とみなされてしましますか?
ご教示いただければ幸いです。

投稿日時 - 2014-01-16 13:05:02

ANo.3

>このような場合、生活福祉資金の貸付を申請し、実際に利用することは可能でしょうか?
可能でしょう。
また、教育支援費でも借りられるでしょう。
詳しくは、お近くの社会福祉協議会で相談されることをおすすめします。

なお、母子家庭なら、母子寡婦福祉資金(技能習得)が借りられるでしょう。
無利子で借りられ、税金の滞納がないことなどが条件です。
申請して1か月くらいで借りられるでしょう。
ただ、通常は月ごとなので、一括で100万円は無理かも。
詳しくは、役所の「母子福祉」の担当部署で相談されることをおすすめします。

投稿日時 - 2014-01-16 07:38:12

お礼

回答ありがとうございます。
母子寡婦にも相談に行きましたが保証人や融資額が
必要な金額に満たないなどで断念した事を伝えたところ
相談や利用は可能とのことでした。
ただ、審査があるので両親の自己破産が影響あるかが不安です。

投稿日時 - 2014-01-16 11:52:58

ANo.2

厚生労働省のページをちゃんと見ましたか?
http://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/kashitsukejoken.html
この中の教育支援資金には、大学への入学および修学って明記されてます。
従って、条件さえ満たしているなら借りられる可能性はあるのではないでしょうか。

詳細な問い合わせは、各地の社会福祉協議会にした方が確実です。
http://www.shakyo.or.jp/links/kenshakyo.html

投稿日時 - 2014-01-16 06:10:32

お礼

厚生省のHPや様々な掲示板での書き込みを拝見した上で
質問させていただきました。
やはり直接問い合わせるのが1番のようですね…
それでも第三者視点で利用できる見込みがあると言って
もらえただけでも希望がわきました。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-01-16 10:54:26

ANo.1

どう見ても無理でしょう、通常なら、ご自分で、それらを預金してから、準備して、受験するものでは。
父、母に家、土地が残っているなら、売り払う、
大学って、技術講習なのでしょうか?
技術講習って、もっと短並みのを指しているのでは、職安で斡旋するものとか、、、。

投稿日時 - 2014-01-16 05:36:21

お礼

申し訳ありませんが、この制度に多少なりの知識がある方からの回答を希望してます。
個人の意見は求めていませんし、厚生省のHPには数ヶ月~3年の資格習得期間に対する貸与の額が書かれておりました。
また質問文に自己破産の件も書いてます。土地などの資産は無くしているものと想像できるはずですが…

投稿日時 - 2014-01-16 10:45:22

あなたにオススメの質問