こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

宅建の還付充当金とは、どんなもの?

宅建業者が取引で、お客さんに損害を与えたとします。

保証協会に加入しており、ひとまず保証協会が立て替えてくれますが、最終的には、宅建業者が負担することになっています(還付充当金)。

この宅建業者が支払う還付充当金というのは、保証協会に納める保証金の60万、30万という金額ではなく、お客さんに与えた損害、1000万円の損害なら1000万円を保証協会に納めることになるのでしょうか?

投稿日時 - 2014-01-20 20:21:46

QNo.8438872

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

その通りです。

60万円や30万円は、営業をするための弁済業務分担金のことです。
還付充当金を保証協会に支払わないと保証協会を除名され、1000万円の供託金を納めないと営業できなくなります。

投稿日時 - 2014-02-03 16:41:20

お礼

回答ありがとうございました。

宅建業をしていくには、相応の資力を必要とするわけですね。簡単には開業できそうにないですね。

投稿日時 - 2014-02-20 22:57:20

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

15人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

http://tokagekyo.7777.net/coolecho/gy-hosh-ans6.html

投稿日時 - 2014-01-24 16:23:48

お礼

参考サイトの紹介ありがとうございました!
すごい情報量ですね。

投稿日時 - 2014-02-20 22:59:08

あなたにオススメの質問