こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アメリカ経済・日本経済はどの状況?

全く経済が分らないのでお聞きします。
現在、アメリカ経済、日本経済は、それぞれ
次のどの範囲に入りますか。

(1)不況~景気回復期
(2)景気回復~好景気
(3)好景気~景気後退
(4)景気後退~不況

投稿日時 - 2014-01-21 19:04:47

QNo.8440298

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

★回答

日本経済1
(1)不況~景気回復期

アメリカ経済1~2
(1)不況~景気回復期(2)景気回復~好景気

・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・

★理由
アメリカ経済
金融緩和中 今後 少しづつ量が減るだけ
今後イエレンが量をじょじょに減らす

日本経済
黒田日銀 金融緩和もっと継続するはず 量も増える
消費税で一時景気後退もある
10パーセントで崩落もあるかも

投稿日時 - 2014-01-26 04:07:10

お礼

崩落・・・、そういうことも念頭に入れる必要ありますね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-02-09 19:30:34

ANo.3

アメリカ _ (2)景気回復~好景気

日本はアメリカの下請け的存在に改革されたので、すべてアメリカ次第。

投稿日時 - 2014-01-22 16:23:59

お礼

なるほど、ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-02-09 19:24:54

ANo.2

アメリカは(2)景気回復~好景気だと思います。過去の最高平均株価を最近は(半年?)更新しています。FRBのバーナンキも、ほぼ回復「した」といっています。ただし、まだまだ本調子ではないのは、金融緩和が終わっていないことから示唆されます。

日本は(1)不況~景気回復期と思われます。とても、回復「した」とはいえません。

投稿日時 - 2014-01-22 04:57:04

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2014-01-22 08:39:48

ANo.1

> 現在、アメリカ経済、日本経済は、それぞれ次のどの範囲に入りますか。

景気の山・谷を示す景気基準日付は事後的に決められるものです。

日本では2012年4月に山、そこから後退期に入っていますから(3)又は(4)と推測されますが、時間が経った後で例えば「2013年1月に谷で現在は回復期(2)の状況にある」とされる可能性は充分にあります。

アメリカでは2009年6月に谷、そこから拡大期に入っていますから(1)又は(2)と推測されますが、事後的に山を過ぎていて現在は(3)の状況にある、とされる可能性は充分にあります。

したがって、未確定です。

投稿日時 - 2014-01-21 21:44:16

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-01-22 08:25:00

あなたにオススメの質問