こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ日本の洗濯機は世界で売れないのか?

家電売場に行くと、東芝、日立、パナソニック、シャープの洗濯機がたくさん展示してあります。
みんな似たような形ですが、商品には目立つシールをベタベタ貼って機能を競っています。
値段はかなり高いと思うのですが、ほとんどのお客さんは日本製のものを購入します。
その他、格安のメーカーや中国製のハイアール、韓国製のLGなども少しですがおいてあります。

しかし、アメリカのAmazonでメーカーのラインナップを見ると、日本製が全く見当たりません。
パンダ、LG、ハイアールなどのアジアメーカーのものが安くて人気があり、本場GEやヨーロッパMieleも多く取り扱われているのですが、日本製の洗濯機は全くありません。
単に扱っているラインナップが少ないのではなく、本当にブランド名のリストに一つも日本メーカーが載っていないのです。
http://www.amazon.com/gp/search/other/ref=sr_sa_p_89?rh=n%3A2619525011%2Cn%3A2383576011%2Cn%3A13397491%2Ck%3Awashing+machine&keywords=washing+machine&pickerToList=lbr_brands_browse-bin&ie=UTF8&qid=1390674522

よく、乗用車の分野では、「故障の多い現代車が日本なんかで売れるわけがない」、「燃費ばかり食うシボレーやキャデラックはもっと日本に合わせた車を作れ」と嘲笑し、「日本にはおもてなしの云々」「日本のものづくりに秀でた職人精神」と自画自賛しますが、お湯のでない洗濯機しか作らない日本メーカーの洗濯機は、アメリカでは全く売れていないのが現実です。

なぜこんなことになっているのでしょうか?

ご高説を賜りたく存じます。

投稿日時 - 2014-01-26 03:45:45

QNo.8447001

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

何故なんだろうって考えてみました。

結局メーカーの経営判断なのかな?
韓国メーカーからシェアを奪って利益が出るのかどうかという問題だと思います。

大企業としては、ある程度のロットが売れる見込みがないと投資出来ないと思います。
白物家電はアメリカでは成熟産業ですので先にシェアを取った方が強いんですね。

韓国・中国を除くアジアでは日本製品は頑張っているようですね。

ただ、電気製品は韓国製でも中国製でも、重要部品は日本製なんですね。
韓国製品が売れるということは、日本の電子部品が売れるという事でもあります。

>シャープは、ASEAN地域の各国へ展開する中で、LG電子やサムスンなど韓国メーカーとシェアを競っている。藤本アジア・パシフィック代表は、韓国メーカーの強さについて「LG電子やサムスンは、東アジアだけでなく、日本を除く全世界で強い。日本のメーカーが欧米に攻勢をかけていた頃、彼らは我々に先んじて南米や途上国に仕掛けていた。また、日本企業では考えられないほど莫大な予算を宣伝費に投じている。これが良い循環を生んでいるのではないか。韓国メーカーの製品は、現在は品質も良く、価格も日本メーカー製と同程度で競っている」と状況を説明した。

http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20130614_603585.html

投稿日時 - 2014-01-26 06:18:24

お礼

洗濯機の部品に占める日本製品の割合はそれほど高くない気がしますね。また、成熟産業とは言え、中国や韓国のアジアメーカーがアメリカでのシェアを奪ったわけですから、新規参入は可能だっとともいめます。

反論のようになってしまいましたが、ご回答感謝しております。

投稿日時 - 2014-01-26 10:44:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

多機能、単機能の差は置いておくとして、
洗濯機に限りませんが、日本の家電製品を使いにくくしている最大の原因は、「押しボタン操作」だと思います。

海外の製品は、ダイヤル操作式の家電が非常に多いのです。

例えば、電子レンジで食品を3分半、温めようとするとしましょう。
私もこれと同様の日立のオーブンレンジを使っています。
http://kakaku.com/item/J0000009439/images/
↑このレンジで3分間温めるためには、まず食品を入れ、以下の操作をします。

1「レンジ」ボタンを押す (ボタンに明かりがつかないため暗闇では無理)
2必要な場合はワット数を選択するボタンを何回か押す。
3 「1分」ボタンを3回押す。
4「10秒」ボタンを3回押す。
5 「あたためスタート」をおす。


一方ダイヤル式の電子レンジで同じことをするには…

1 ダイヤルを3分30秒の位置にまわして、手を放す。

これだけです。


一度アメリカのアマゾンで、洗濯機を検索してみてください。半数以上はダイヤル式です。

投稿日時 - 2014-01-28 09:13:36

お礼

私の安物電子レンジもおなじく8回ボタンを押さないといけません。暗闇でも指が覚えているので操作はできますが(;^ω^)

確かに、昔は何でもダイヤル式でしたがほとんど家電では見なくなりましたね。防水性・耐久性・コスト面など電子スイッチの押し釦が有利なのでしょうが、ユーザビリティではダイヤル操作が便利かもしれないです。

とは言え、電子レンジに関しては日本も海外も押しボタン式が主流ですね。高級機の↓はボタンとダイヤル、液晶表示が併用されており使いやすそうです。
http://allabout.co.jp/gm/gc/188295/
コンビニに置いてあるメニューがズラリとパネルに印字されているものは、ボタン1回でOKですが、見た目が。。。

見た目と機能を重視するのであれば、今後はタッチパネル式の電化製品が増えるかもしれません。こうした製品が普及するとローム<6963>は買いですね!

投稿日時 - 2014-01-28 10:34:57

ANo.12

国や地域によって、前提条件が異なるからです。

日本は、水道から飲める水が出てきます。
多くの国では水道から飲める水は出てきませんし、水自体が高い物です。

海外で多く普及している横型ドラムは、水が少ない地域で効率よく洗う事を考えて作られています。
しかし汚れ落ちが悪いので、洗濯に時間がかかります。
縦型ドラムは、汚れ落ちが早く、比較的きれいに落ちますが、水を大量に使用します。

ですので、水が高い地域には向きません。

韓国などでは、外国では高温水で洗う洗濯機もあります。
殺菌と汚れ落ちがよくなるからです。
しかし、こちらは電気代が馬鹿にならないほどかかります。

日本は電気代が高く、水が豊富、そして主婦が選択に掛ける時間は極力短く、乾燥も天日干しが多い。

と言う条件で作っています。
ただ、この条件を海外に当てはめると。あまり売れません。

また、単純なものを作ったとしても、コストが安い物は、単なる価格競争だけになってしまい、会社として利益が得られにくい構造になってしまいます。
ですので、無理にやらないと言う事です。

実際に海外でも日本メーカーの洗濯機などはあります。
でも、売った後の修理やサポート体制を作る場合、大手メーカーであれば消費者は大手メーカーとしての修理サポートを期待します。
3流メーカー製であれば、3流メーカーなりの修理やサポートの体制でも特にそれ以上期待しません。
そういう部分でかけられるコストと言うのを考えれば、どうでしょう?

10000円の洗濯機。大手メーカーと3流メーカーで同じ値段だったとします。
汚れ落ちなんてたいして変わりありません。
サポート体制の維持運営にお金が掛かる一流メーカーは、3流メーカーより、利益が減ることになります。
逆に、その分をコストに乗せて、12000円で売ったとしたら、同じような汚れ落ちで、高い!と三流メーカーの方へ流れてしまいます。


一般的にこういう製品は、枯れた商品(新技術をあまり必要としない)と言う物で、無理に新技術を入れても、それに見合った金額にならず、安い方を買われてしまう傾向にあります。

なので、難しいんですよ。

まぁ、日本だと高級志向があるので、高い洗濯機も売れますが、海外では上に書いた条件などもありますので、なかなか売れないと言うのが現実的な所だと思います。
なので、ラインナップも少なく、とりあえずありますよ。程度になっているのが現実でしょうね。


あ、日本メーカーでも、海外で売られているものに、高温水で洗う(内部で湯を沸かす)物はありますよ。

投稿日時 - 2014-01-27 11:32:47

お礼

習慣や前提条件がちがうというならトヨタの車はアメリカでは全く売れないはずですが、そうではありませんよね。もちろん、アメリカ車は売れていないのですから、前提条件の違いが売れ行きに大きく影響する場合があるのは確かろうと思いますが。

>一般的にこういう製品は、枯れた商品(新技術をあまり必要としない)と言う物で、無理に新技術を入れても、それに見合った金額にならず、安い方を買われてしまう傾向にあります。

これは説得力がありますね。しかし、扇風機や掃除機などは近年新しい技術でおおきく業績を伸ばしたブランドもありますよね。枯れた技術だから、習慣が違うから、販路が無いからと諦めるのもなんだか悲しいです。さらに言えば、利益率が低いから投資をしないという非常に一般的な経営判断ですら、貧困世帯に携帯電話やパソコンをタダ同然で配ったり貧民へ水道を供給するなど貧困マーケットを積極的に活用するビジネスもあるのに残念な感じがします。

>まぁ、日本だと高級志向があるので、高い洗濯機も売れますが、海外では上に書いた条件などもありますので、なかなか売れないと言うのが現実的な所だと思います。

もちろん、海外でも高級洗濯機はあります。しかしそれらは日本製品とは異なり、インターネットがついていたり叩き洗いやもみ洗いをするモデルではなく、デザインが優れているのです。例えばサムスンの最上位の洗濯機、1800ドルもしますが、このようなデザインのモデルは日本メーカーにはありません。冷蔵庫にも顕著ですが、おばさんスタイルの惨めなデザインのものばかりです。

サムスン1800ドル
http://www.amazon.com/Samsung-Platinum-ELECTRIC-Laundry-WA456DRHDSU_DV456EWHDSU/dp/B0089XPIG6/ref=sr_1_73?s=appliances&ie=UTF8&qid=1390871031&sr=1-73&keywords=washing+machine&tag=donations09-20

日立11万円
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E7%AB%8B-9%EF%BC%8E0Kg%E5%85%A8%E8%87%AA%E5%8B%95%E6%B4%97%E6%BF%AF%E6%A9%9F-%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB-%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5-BW-100SVE1/dp/B00G24WX12/ref=sr_1_7?s=kitchen&ie=UTF8&qid=1390871194&sr=1-7&keywords=%E5%85%A8%E8%87%AA%E5%8B%95%E6%B4%97%E6%BF%AF%E6%A9%9F&tag=chrome00-22

ご回答有難うございました。

投稿日時 - 2014-01-28 10:09:48

ANo.11

最近の日本のメーカーは製品のラインナップを絞ってきてますからね。
つまり、メーカーにとってうまみの無い市場ではいちいち勝負をしないという事でしょうか。
自分たちの得意分野でも無い製品を手広く扱っても、結局赤字を垂れ流すだけになります。
洗濯機というものが「日本の主力製品」なのかと考えてみると、答えが見つかるかも知れません。

日本メーカーは高機能家電や電子部品、高機能素材が得意であって、いわゆる白物家電(特に価格の安い物)は既に利益の出ない製品になっています。わざわざ現地の工場で安い白物家電を作ろうにも、社内基準が日本国内の物に合わせてあるため品質が高くないと出荷できない(つまり値段が高くなる)事態に陥ります。
そこで苦労して安い洗濯機を作ったところで、LGやハイアールに比べて安くてしかも高機能な物が作れるのか? そして一番大切ですが、利益が得られるのか? といったことを考えた場合、わざわざ外国で白物など売らないといった経営判断があるのかも知れません。
(今なら空気清浄機の方がよっぽど売れるでしょうし)

会社としては、自分たちの得意な分野に注力し、そこで利益を上げれば良いのです。利益の出ない物を売るほど馬鹿馬鹿しいことはありません。そんな事をしていると、日本の富を海外に流出するだけになってしまいます。

投稿日時 - 2014-01-26 21:10:30

お礼

では空気清浄機のトップセールスブランドは?と思ってみると、日本メーカーはトップ50社にも入っていないのが現実です。冷蔵庫はもちろん、エアコンも日本のメーカーの存在感はありません。しかし近年、ダイキンのインバータエアコンが米国の業務用市場でシェアを伸ばしているようですね。家電で日本製品が売れているのは電子レンジ、パナソニックの150ドルのものが人気です。

利益も出ないし売るためにモデル変更を強いられる家電分野で海外進出は意味が無いのだとすると、なぜ日本製品が売れないのかという疑問よりも、なぜ日本人は日本の大手メーカーの製品ばかり買うのか?という疑問が生まれてきますね。

もっとも、通販での売れ筋は独立系ブランドのアイリスオーヤマや山善、ツインバードなども元気です。私も最近ツインバードの2000円の掃除機を買いましたが、今まで使ってきたどんな掃除機よりも満足できるものでした。むしろ、これらの新しいメーカーこそ海外進出で成功できるような気がします。

投稿日時 - 2014-01-26 23:37:52

ANo.10

>ところで、硬水・冷水でもよく落ちる洗剤を開発したら儲かりそうですね。。。

花王は中国専用の粉洗剤「アタック瞬浄」を昨年7月、江蘇省、浙江省、広東省で発売した。この洗剤は中国の高度の高い水でも選択できることを売りにしているそうです。

なんでもカルシウムを溶かす成分を強化したとか…。
価格も従来品の2割減だそうです。

高いシェアを持つ欧米勢と、コスト勝負の現地勢に割ってはいれるか…。

うまくいけば硬水地域で大ヒットも夢ではないですね。

投稿日時 - 2014-01-26 12:44:09

お礼

中国の富裕層の主婦には受けそうな感じですね。
世界の硬水地域の洗剤マーケットがどのくらいあるのか考えるとクラクラします!
今から売ってきます!ε=ε=ε=┌(;*´Д`)ノ

投稿日時 - 2014-01-26 15:17:16

ANo.9

日本の気候風土に合わせた洗濯物を洗うことを最優先にしているためです。

海外向けには海外向けの製品を作って大ヒットしているものもありますよ。
日本にも2槽式洗濯機はありましたが、1槽は洗濯用・1槽は脱水用でした。しかし東南アジア仕様は2槽とも洗濯用です。1槽の大型だと電気代が高いので小型の2槽式が売れているそうです。
洗濯機ではありませんが、冷蔵庫。
インドでは鍵付きの冷蔵庫でないと売れないそうです。理由は家政婦が冷蔵庫の中身を盗っていくことを防ぐため…。
インドネシアでは人の体に直接冷気を当てるエアコン。
日本の住宅は気密性が高いので、部屋全体の温度をコントロールできるエアコンが好まれ、体に直接風を当てるのを嫌う人が多いので、わざわざセンサーで人のいる位置を確認して運転しています。
インドネシアでは、気密性が低い(というか通風を良くするため開放されている)ため、部屋の温度をコントロールするのではなく、人を見つけて人のいるところに風を送っています。

いずれも日本で開発された技術を応用しているため、現地メーカの家電品の数倍の値段がしますが、大ヒットしています。このような製品は高額であるため通販ではあまり流通しませんが、お金持ちの間ではもはや常識となっています。下手な宣伝など必要なく、お金持ちのコミュニティで口コミで広がっています。

投稿日時 - 2014-01-26 11:32:27

お礼

技術で現地の気候や習慣に合わせてヒットしているということですね。インドのお金持ちの数は日本よりも多そうですし、期待が持てますね。

投稿日時 - 2014-01-26 11:45:37

ANo.8

こんにちは。

風習の違いによるもののようですよ。
中世に猛威を振るったコレラ対策のため、ヨーロッパでは「煮洗い」が主流となりました。
煮て殺菌する必要があったためです。

海外で主流のドラム型は、その流れで発展したものです。

問題は、製品の性能ではなく、販路によるものでしょうね。
既に現地のメーカーが販路を築いているところに、
出遅れたメーカーが商品を展開することは非常に困難なのです。

ドラム式はコインランドリーが古く傘存在するように、単純な装置ですので、
日本製品の最大の長所とも言える「故障の少なさ」がアピールしにくいのでしょう。

ではでは(^_^)

投稿日時 - 2014-01-26 11:11:45

お礼

なるほど、コレラの恐ろしい記憶があるのですね。思いもよりませんでした。汚れはともかく、確かにシンプルに殺菌するという意味では良さそうですね。

ただし、販路については中国製もゼロスタートだったのですから、日本が不利だったとは思えないのですが。

なんとなく、上から下まで隙間なく海外市場を制圧された諦めのようなものを感じました。

投稿日時 - 2014-01-26 11:39:16

ANo.7

 日本は主に小型洗濯機を作っています、アジアでも求められるのは小型洗濯機です

欧米では、個人が洗濯機を持つことは少なく、コインランドリーなどを利用するのが、主です。

だから個人用の需要よりも業務用の需要のほうが大きいです。

投稿日時 - 2014-01-26 08:59:52

お礼

なるほど、そもそも洗濯機は買わないということですね。
しかし、その需要の大きい業務用でも日本製は皆無でした。
http://www.amazon.com/s/ref=sr_st?keywords=washing+machine&qid=1390702268&rh=n%3A2619525011%2Ck%3Awashing+machine%2Cp_36%3A2674000011&sort=-price&tag=donations09-20

投稿日時 - 2014-01-26 11:17:10

ANo.6

海外での選択はその土地の風土というか、過去からの都市伝説の
様なものがあり、それが日本と全く違うので構造・素材的に日本製品
が向いていないようです。

海外では洗濯は熱湯に近い高温水で行うものという都市伝説があり
ます。日本は元々軟水で石けんや合成洗剤が冷水(常温水)でも
洗浄能力が発揮できます。また、風呂の残り水等微温湯を使えば
更に良く落ちるとされています。
しかしながら海外は硬水であるため一度加熱しないと洗浄能力が
発揮できないようです。本来は硬水専用洗剤を開発すれば済むこと
ですが、現状では煮沸的効果を期待している向きもあるようです。

結論:海外では水質及び熱湯神話のため日本の洗濯機は使えません。

PS:ウォシュレットも海外では販売補修が難しいそうです。水質が悪く
シャワーヘッドにカルシウムやその他の雑成分が固着して目詰まり
するらしいです。同様に中国韓国等ではトイレットペーパーの品質が
悪く、トイレに流せないそうです。インフラの違いが家電品や習俗に
影響を与えている様です。

投稿日時 - 2014-01-26 08:54:02

お礼

ほとんど沸騰しているようなお湯で洗うんですよね。しかも電気で加熱して。電気代が大変そうですが。。。

ただ、日本がその土地にむけた商品を開発すれば済む話だと思うのですが、日本市場が巨大であるがゆえにそのリスクを録ることはしなかった、ということなんでしょうね。そこを中国や韓国は果敢に挑戦して市場をもぎ取ったと。

ところで、硬水・冷水でもよく落ちる洗剤を開発したら儲かりそうですね。。。

ウォッシュレットのお話も興味深く読ませていただきました。ご回答有難うございました。

投稿日時 - 2014-01-26 11:23:12

ANo.5

先進国の事情で述べますと、洗濯のやり方は、その国(地域)の文化そのものなのです。その文化(やり方)にマッチしたメーカーだけが受け入れられます。他の文化(やり方)の製造製品は受け入れられないのです。(以上、そういった事情に挑戦しようとする日本メーカー記事の受け売りです。)

投稿日時 - 2014-01-26 08:33:27

お礼

ウォッシュレットも使った人はすごいと喜ぶという話は聞きますが、とても売れているようには思えないですね。

例えば、ウィキペディアで温水洗浄便座の記事があるのは日本語版だけです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E6%B0%B4%E6%B4%97%E6%B5%84%E4%BE%BF%E5%BA%A7

アメリカやヨーロッパではそもそも便所ブース内にコンセントを設置しないのが一般的なので設置できない場合が多いようです。

温水というか熱湯で選択する文化も、日本にはないですね。10万円近くする高級機でも、日本製の洗濯機には加熱装置がついていないことがほとんどです。

家電製品では特に郷に入っては郷に従えという格言が重要なように思えます。

ご回答有難うございました。

投稿日時 - 2014-01-26 11:09:15

ANo.4

日本製といったってほとんど外国製です。
少しシンプルなその外国製のほうがうんと安くって使いやすいのです。

投稿日時 - 2014-01-26 08:17:46

お礼

ご回答有難うございます。

全自動・洗濯・乾燥機能付きのものの売れ筋は、LG(韓国)やエレクトロラックス(スウェーデン)のもので、1000$以上します。エレクトロラックスなんて20万円以上です。むしろ、日本の洗濯機の方が安いように思います。高級機として認識されているのは、日本製ではなく韓国製なんですよね。。。冷蔵庫もそうですが。

シンプル・格安の中国製、おなじみのアメリカ製、高級な欧州・韓国製という感じで、日本の入る隙間がどこにもありません。。。

投稿日時 - 2014-01-26 11:00:03

ANo.3

日本製品はおもてなし精神が強いのか、非常に多くの機能を持っていて説明書を読まないと使いこなすことができません。
めんどくさがり屋のアメリカ人や他の国民は、あまり必要ない高機能があっても価格が高ければ手を出さないでしょう。

投稿日時 - 2014-01-26 08:14:04

お礼

ちなみに売れ筋1位はパンダの2層式170$、二位はハイアールの一槽式250$のもののようです。どちらもシンプルなもので、3kg以下の小型ですね。
しかし、高機能になるとめんどくさくなる、というのも不思議な気がしますね。高機能になって何も考えなくても良いという方向に発展すれば売れるのかもしれません。

お答えいただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-01-26 10:50:48

ANo.1

高性能は高いし使い難い面もありユーザーは敬遠する場合があります→ユーザーが購入しない(安く使い易いものを購入)→仕入れない(取り扱わない)
ちなみに我が家にある今の全自動は、洗濯がいつ終わるのかわからなく不便(昔のは、操作が目で見えて今脱水しているからもうすぐ終わるなどわかった)

投稿日時 - 2014-01-26 05:36:58

お礼

シンプルなものが人気がある傾向はたしかにありますね。
ご回答有難うございました。

投稿日時 - 2014-01-26 10:41:19

あなたにオススメの質問