こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

派遣社員と雇用保険の関係について

質問を閲覧頂きありがとうございます。(長文となります。申し訳ございません。)
早速なのですが
自身が派遣社員として2月から5月末まで食品製造会社に勤務が決まりました。
社保完、夜勤勤務、日払いでシーズンものを取り扱う予定です。
派遣会社よりこの仕事を紹介してもらったのですが、とある就職情報誌にも勤務先が募集の広告を出していました。条件は派遣会社と同じでした。

が、ここで疑問がわいてきました。
派遣会社を通じての雇用と勤務先の直接雇用の場合、雇用保険に伴う離職の扱い方が違うのではないか、ということです。
前提条件として私は、雇用保険加入期間がこの2年を通じて「7ヶ月」です。

ここを鑑みると
直接雇用の場合は期間満了に伴う会社都合退職(あらかじめ期間は4ヶ月と定まっている)となり、元々の加入期間と合算して、給付の必要月数を越えているため?雇用保険が給付されるが

派遣の場合は期間満了でもネットで色々見る限りでは自己都合退職(この場合はそもそも
加入期間が足りない?)で、給付なし
になるのではないかと考えました。

どちらの解釈が正しいのか是非とも教えていただきたく、今回、質問させてもらいました。ネットでの知識しかないので加入期間の必要数の解釈等、多数が間違っていたりすると思います。詳しい方がおられましたら、期間満了後の雇用保険の給付がどう取り扱われるのか、ご教示いただけたらと思います。宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2014-01-28 04:31:24

QNo.8450157

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>直接雇用の場合は期間満了に伴う会社都合退職(あらかじめ期間は4ヶ月と定まっている)となり
 ・>あらかじめ期間は4ヶ月と定まっている・・・契約更新条項が左記の場合は、会社都合扱いにはなりません
 ・契約期間満了による退職になります(あえて言えば、正当な理由のある自己都合退職)
 ・この場合、給付制限の3ヶ月は付きません
  (上記は、会社都合の場合と同様の扱いです、給付日数に関しては通常の扱いです)
 ・(参考:契約更新が更新あり・更新の可能性あり・・の場合は、会社側で更新をしなかった場合は会社都合退職扱い)

>派遣の場合は期間満了でもネットで色々見る限りでは自己都合退職(この場合はそもそも
加入期間が足りない?)で、給付なし
 ・派遣で退職しても、過去の雇用保険の加入履歴は通算されます・・前述の直接雇用と同じです
 ・違うのは離職後の派遣会社との対応により、自己都合退職(給付制限の有無あり)or会社都合退職になります
  1.離職後、派遣会社が次の派遣先を紹介できない場合(紹介できる会社がない場合):これは派遣会社判断・・・会社都合退職(派遣会社は速やかに離職票を発行します:給付制限の3ヶ月は付きません、給付日数は雇用保険の加入年数、年齢等で通常より日数は多くなります)
  2.離職後、貴方が派遣会社に(離職後1ヶ月以内)離職票の発行を要望した場合・・・自己都合退職(正当な理由のない自己都合退職で給付制限の3ヶ月が付きます:給付日数は通常)
  3.離職後、1ヶ月間に渡り、派遣会社から次の派遣先の提示を受けたが、自分に合う会社が無く、1ヶ月を経過して、離職票を発行して貰った場合・・・契約期間満了による退職(正当な理由のある自己都合退職で給付制限の3ヶ月は付きません:給付日数は通常)

投稿日時 - 2014-01-28 06:46:35

お礼

ありがとうございます。無知なので勉強になりました。

投稿日時 - 2014-01-28 17:01:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

雇用保険の加入期間について言えば同じ事です。
また、誤解があるようですが、期間満了は会社都合扱いではありません。双方合意の契約通りなので自己都合と同等に扱われます。更新の規定があったり、更新されてきた場合で違う扱いになる事はあります。

そして、派遣契約が契約通り終了した場合も同じ考え方ですが、派遣のみ扱いが異なり、現在は確か1ヶ月の待期のみで支給されます。ただ、加入期間については自己都合と同様に12コマ必要だったと思います。
つまり、逆に直接雇用の方が、その部分だけは不利になります。
派遣と直接雇用で雇用保険の扱いが違うのです。派遣は派遣元に雇用されます。しかし、実態は登録なだけで雇用契約として成立するのは派遣先がある期間だけです。おかしな契約ですから雇用保険もおかしな事になります。
単にそういう規定なだけです。仕様です。別に驚くような事ではありません。

また、離職後、一切の給付を受けずに1年以内に再加入した場合は加入期間を合算できます。単純に過去2年間だけでみるわけでもありません。つまり、過去数年間で12ヶ月でも、間隔が1年未満で継続していてばそれらは全て合算して加入期間にできるはずです。

ここも含めて、ネットに書かれている事の半分は完全に間違っているか嘘です。また、派遣法などは頻繁に改定されていますので、1年前の正確な情報でも間違っている場合があります。政府のサイトなど、正確な情報源を調べる必要があります。
私の書き方も良く読んで下さい。確信が強い部分は断定的に書きますし、怪しい部分は思います等書き替えています。
もちろん、しょっちゅういい加減な事も書いてますけどね、www

投稿日時 - 2014-01-28 08:43:33

お礼

ありがとうございます。政府広報などを良く見てみます。

投稿日時 - 2014-01-28 16:45:34

あなたにオススメの質問