こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

骨壺の数が足りない

住んでいる市が管理する霊園から、菩提寺のお墓へ改葬しようとしています。

霊園の墓地には、祖父、祖母、父の兄弟(幼くして死亡)、父が眠っています。

そのお墓は、30年ほど前に私の父が建て、その際に自分の田舎に埋葬されていた祖父と叔父を
改葬しました。
申請、納骨は父がすべてやり、家族にそのことについてはほとんど話されませんでした。

父が数年前に他界した際に納骨しました際に、骨壺の数が合わないことが発覚しました。
父が納骨される前ですから、本来なら3体分(祖父・祖母・叔父)とあるはずが、2つしか
納骨されていなかったのです。
納骨の際には、市の職員が立ち会うのですが、足りないのを指摘されましたので、
「祖父が戦死しているのでお骨はないかもしれないです」と私が伝えたところ、
「そうですか、わかりました」と容認され、父は納骨され今に至っています。

改葬するにあたり、先日霊園に行きお骨を取り出したところ、もちろん骨壺が足りないのです。
その時立ち会った市の職員は「それでは、困るので報告します」と言われ、担当する事務の方に
報告をされ、私のところに連絡が入りました。

担当者の方は、足りない理由を聞いてくるので、亡くなった父が申請したことでにも記憶がないこと、
当時のことを知る人もいないことを伝え、確実なことはわからないが、土だけもってきたのかもしれないし、お骨はないけれど埋葬したくて申請したのかもしれないと伝えたところ、それでは困る申請をとめられてしまいました。

わからないものは、どうにもわからないのですと言っても
「わからないでは困ります。」と返され、

30年前に改葬した際に、市に申請しているのですし、そちらに何も残っていないのでしょう?
と管理責任を問えば、「こちらに言われても困ります。」

「とにかく、改葬というのは、お骨を移動することなんですから4体許可がおりているんですから」
と頑として聞く耳を持ちません。

「じゃあどうすれば納得していただけるんですか」というと、他にも同じような事例があって、
5体申請されてて、実際には3体しかない・・・そこの場合は、骨壺を合体させたから
3体しかないんです、と言います。

「じゃあ、私たちに嘘をついて2体を1体にしたと申請しろというんですね」と言い返すと
「そうは言ってません」

私からすれば、土だけもってきたかもしれないと、2体を1体にあわせたかもしれないというのは、
同じ推測の領域を出ていないと思うのです。

どちらにしても、事実を知るすべがないのですから、現実を踏まえて憶測で判断するしか
ないのを、どうしても私の言ったことで認めてくれません。

私たち遺族側からすれば、30年前に改葬した際に、市役所がきちんと記録を残しておいてくれれば
こんな事態にはならなかったと思いますし、5年前に父を納骨する際に骨壺が足りなくても野放しに
され、今回の改葬の時だけ大騒ぎされるのは理解できません。

取り出しをしてくれた、石材屋の方も「よくある話だよ」と言ってくれましたし、お寺の方も数が
足りなくても受け入れを了承してくださいました。

どなたか同じような経験をされていましたら、アドバイスお願いします。

投稿日時 - 2014-01-29 12:47:55

QNo.8452047

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

#3です。
大きい骨壺でお父様ので無い壺を開けてみてはいかがでしょう。
おばあ様の骨だけなら、骨に水がたまっているかと思いますが、土をお骨に見立てて一緒に入れてあるなら、中身が土に還っているかと思います。
火葬した成人のお骨は30年くらいではお骨のままです。
土などが混じっていると全体が土に還ります。埋葬時から土に還り始めると、中は土です。つい最近土に還ったのなら、水の中で土に還るので、どろどろです。
小さい骨壺のはすでに土に還っているはずです。

昔、33回忌に合わせて墓を移転して、墓地を寺に返すために墓を掘る手伝いをしたことがありますが、その時は親子の骨がそれぞれ壺に入っているという記録が埋葬許可証と一緒に添付されていたので、掘り起こしたら、その通り有りました。
大きいお父さんの骨壺の中はお骨に水が溜まっていました。
小さい子供さんの骨壺は土に還っていました。
私らのとこのように骨壺で埋葬しなくなったところでも、坊主がみればだいたい判るはずですし、寺の墓に埋葬するときに坊主が確認するはずですので、そこで判別してもらえばいいかと思います。

市役所は決して非を認めないでしょうから、一つの壺に二体分入っていることで納めるしかないかと思います。
一体ずつしか入っていないはずの所に二体分の骨が入っていたら事件ですので、警察を呼ばなければいけませんが。

投稿日時 - 2014-02-01 10:23:44

お礼

ありがとうございます。

祖母の埋葬は、25年ほど前になり私も記憶しています。
先日お骨だしをしたときに、おっしゃる通り骨壺に水がたまっていまして石屋さんが
水をカロートの中に流しました。

その際に、小さい骨壺(おそらく子供の時に亡くなった叔父の)を私の夫が開けてみたら土になっていました。
祖母の骨壺に祖父の骨や土を入れた記憶はないですし、菩提寺の大住職も骨壺が足りない記憶がないとおっしゃいました。

昨日、市役所に行って「大住職も骨壺がたりない記憶はないそうです」
と告げたら、「骨壺があった記憶もないんですよね」と逆切れされました。
それを言ったら、どちらも証拠がないのですから、振り出しに戻るだけです。
前に進みたくても、すぐに止めてしまうのです。

基本的に市役所の人が非を認めたくないのは職業柄仕方がないのかとは思いますが、
許可が下りるためにどうすべきかを教えるのも向こうの仕事だと思います。

やみくもにマニュアル通りに持っていこうとされても、証明できないことはできませんから。

今は、その提案が通るかどうか待っています。

投稿日時 - 2014-02-04 17:23:20

ANo.3

私らの所は壷に入れて埋葬するのと、壺から枡へあけて埋葬する風習の境目かと思います。
なので、参考になるかどうか判りませんが。

今は壷に入れずに枡にザザザとあけて、蓋をして終わりです。土に還るようにと言ういわれで、このやり方が殆どです。
でも、昔に埋葬したのは、壺に入ったまま埋葬なっています。
壷を埋葬する空間が有るのではなく、穴を掘って埋めていました。

墓を移転するときは、一つの壷に入れて(何十の仏が居ても)移転します。
今だと、壷に入れて持ってきたのを枡に移し入れます。
その手順からすると、質問主様の骨壺はお父様のと、それ以外の移転してきた壷の二つになるかと思いますが、三つなんですね。
壷の大きさは如何でしょう?
通常の骨壺の大きさで揃っていますか?
幼くして亡くなった仏があるなら、小さい骨壺が使われている可能性があります。
その場合、大人の遺骨(その代替えとしての土)と子供の遺骨の二つの壷と言うことが考えられます。
そして、お父様のと三つ。
それをどう管理するかは、その時々です。
妙に几帳面な役人も居ますし、スゴくズボラな役人も居ます。
たいていの場合、亡くなった人を火葬して埋葬したものにはキッチリと。
骨で埋葬されていたモノを移転で持ってきたものはズボラが多いです。
新たに菩提寺に埋葬とのことですので、一まとめにしての管理になるように思います。
仏の数と戒名などは自己申告で、年回忌法要などを執り行うようになります。

昔のように殺した人を他人の墓に埋めるなどと言うことは無い時代ですから、前の墓からのことまでキッチリ管理しようという管理人は珍しいですね。

投稿日時 - 2014-01-30 10:25:05

お礼

ありがとうございます。

骨壺は、通常の骨壺が2つで、小さい骨壺が1つです。
通常の骨壺は、私の祖母・父のもので、これは私が記憶しているので間違えないです。

小さい骨壺は、おそらく叔父のものと思われます。その骨壺に祖父の骨又は、骨はなくとも土が
合わさっているかどうかは不明です。

市役所の人は、二つを一つにした方向に持っていきたいようですが、それも憶測。
私の憶測となんら変わりはありません。

お寺にも相談して、「責められるはあなた方ではなく、許可を出して受諾した行政側が責められるべき」
と言われました。

柔軟な対応ができない人とのやりとりは疲れます。

投稿日時 - 2014-01-30 17:08:09

ANo.2

 先に回答があるようにマニュアルに沿った対応だと思います。担当部署の上司など決定権がある人でないと無理でしょうね。

 我が家も、私はよく分かりませんが、お墓のことで、おかしな事に成っているみたいで親が言っていたことを思い出しました。ややこしい埋葬をしたようで。

投稿日時 - 2014-01-29 14:28:09

お礼

ありがとうございます。

マニュアル通りに行かないこともあると考えてくれればいいのですがね・・・

頭が固い役人は、時代に合いませんね。

投稿日時 - 2014-01-30 17:02:45

ANo.1

霊園側の人は本当に市の職員なのでしょうか、
指定管理業者や業務委託先の従業員と云うことはないのでしょうか。

この場合自分たちで判断できないのに、市に担当部署に確認もせずに、
マニュアル通りに押しとうそうとするので、市の担当部署に事情を話してみる。

それか、御尊父様の時の記録は残っていないのでしょうか、
その記録が御尊父様のものを合わせて4体分となっていたら、
元からないのではなく途中で紛失したことになるので、
管理責任を逆に問いただせばいいと思います。



永年保存の書類でなければ30年は残っていません。

投稿日時 - 2014-01-29 13:36:21

お礼

ありがとうございます。

立ち会いをした職員は、多分元市役所勤めの人のようです。

今、うるさく言っている人は市役所の中の人なのでおそらく市役所の人間ですね。

父の埋葬の時の記録は、入ったことのみのようです。
納骨の際にお寺の住職さんが一緒にいらしていて、当時骨壺の数が足りなかったことを
覚えていてくださいましたので、それは確実ですし、証人になりますね。

たぶん、父の時にすでに足りなかったことへの謝罪はないと思います。

自分たちの過去の管理の甘さは、「それを今こちらに言われても」と返してきますから。

私たちとて、行政が許可なしに改葬できない上に受け入れ先も市が管理する霊園なのに
今更数がたりないことをとがめられても・・・なんですけどね。

管理責任ですね、そうですよねいってみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-01-30 17:01:23

あなたにオススメの質問