こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

三井グループ(財閥)の金融機関は…

三井グループ(財閥)の金融機関はたぶん、三井住友銀行と三井住友信託銀行になるんだと思いますが、そのどちらも「住友」が力(主導権的な)を持っているようですね。
存続会社はそれぞれ住友の方なので。

それで思ったのですが、それなら現在「三井」はもう少なくとも、金融機関(金融部門)的には力は無いということになるのでしょうか?

投稿日時 - 2014-02-20 23:05:41

QNo.8483772

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

株式会社ですから、財閥と言うより、株主の力になって居ます。

三井住友銀行は、英語表記になると、住友三井銀行になります。

この辺は住友が強いと言うより、海外では、三井銀行より、住友銀行の方が知名度が高かったために、住友を前に持ってきた、国内ではどちらも知名度はあるので、海外の逆で三井を前に持ってきたと言う様な経緯で、均衡を取って居ると聞いたことがあります。
なので、三井と住友が、日本国内と海外では逆になって居ます。

そもそも、今の三井住友銀行は、第二地方銀行の「わかしお銀行」に吸収合併されてしまって消滅しているんです。
これやった時には、驚きましたけどね。


わかしお銀行に吸収合併されたと同時に、わかしお銀行が、名前を変えて、三井住友銀行と名乗って、今の三井住友銀行があります。
なので、会社組織としては、昔の三井住友銀行と言う銀行は、わかしお銀行に吸収合併されて無くなってしまったのです。


ただ、わかしお銀行を設立(太平洋銀行から営業譲渡を受けて設立)したのは、住友と合併前のさくら銀行(その前の名前は、太陽神戸三井銀行)ですので、純粋な流れとしては、三井銀行系となるのかもしれませんけどね。


銀行業界は再編が大きくて、歴史を見ると面白いですね。

投稿日時 - 2014-02-21 22:49:55

ANo.1

そもそも財閥が存在しないので質問の意味自体がありません。

会社が合併するときは力のある方が存続会社になるといった単純なものでは有りません。
実利的に合併差益が大きい方を存続会社にしたり、名を捨て実を取る形で弱小会社に名誉を与える形で存続会社にすることもあります。

投稿日時 - 2014-02-20 23:34:45

あなたにオススメの質問