こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカのレッドウイング正規店で購入にて

1998年夏ごろ、カリフォルニアの正規店にてアイリッシュセッターを購入しました。
未だに現役なのですが、そろそろソール交換をしようと思い問い合わせしたところ
私のブーツは日本では流通していないとの事。
タグは羽マークにMADE IN U.S.A. 1905との表記です。
そこで2点の質問があります。

(1)このタイプはなぜ日本で流通してなかったのか。
(2)日本での取り扱いがなくてもソール交換は可能でしょうか?

ご存知の方、ご回答をよろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-02-26 22:23:09

QNo.8491789

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ご質問のブーツの「品番」がどこかに刻印などされていないでしょうか?
それがあれば一発なんですが。

(1)タグの種類からするといわゆる「(刺繍)羽根タグ」というモデルかと思います。
羽根タグも厳密には「縦」と「横」と2種類存在しますが年式的には縦の方が古いとされています。
縦タグはくるぶしの裏側、横タグはベロの裏側に付けられているはずです。
この後、サイズやワイズの表記が入った物が現行の羽根タグになります。

で、今回のブーツはおそらく「日本未入荷モデル」でしょう。
これはセッターに限らず、ペコスでもエンジニアでもあるパターンです。
その反対で「日本限定品」というモデルも多く出回っています。
「ヨーロッパ限定」なんてモデルもあります。
ソールがちょっと違うとか、革の色が違うとか、そんな程度で同じモデルでも品番は全く違う「別物」になってしまいます。
余程のマニアでもないとパッと見では判別は難しいかもしれません。
まぁ逆を言えば、ご質問のモデルに関してはある意味「レア品」という扱いでもいいとは思うので、極端に難しく考えない方がいいように思いますよ。
どちらにしても「本物」であることは間違いないワケなので。

(2)リペアは全然問題ありません。
ただ、普通の量販店などではダメです。
国内の「正規販売店(RedWingの盾を飾っているお店)」ならどこでも対応はしてくれます。
お近くにあれば、まずはそこへ持ち込んでご相談ください。

投稿日時 - 2014-02-27 23:04:05

お礼

wwc57263さん

お返事遅れてすみませんでした。

パーフェクトなご回答ありがとうございました。
刻印は探したんですが今のところみつかりません。
タグは縦タイプです。

レア品なんですね!
購入から約16年。
その間に他のも多くの靴を手にし、そして処分もしてきましたが
これはもう一生ものです!
酷使せず、自己流ですが最低限のメンテを施してきて良かったです。
自分が死んだら棺桶に入れてもらいたいくらいです(笑)

リペアに出して以降も丁寧なメンテを続けます!

投稿日時 - 2014-03-04 13:01:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問