こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

世帯主死亡後の各種保険について

5/1に59歳で父が亡くなりました。
父の名義で会社の健康保険に、母と私が入っていました。
家族構成は母、姉、私です。
姉の会社は社会保険がなく、姉はずっと健保や国民年金を払わないできてます。今の姉の会社は業績が苦しく、無職になる可能性もあります。

母:61歳(専業主婦)
姉:33歳(年収300万/国民年金・健康保険ともになし)
私:31歳(看護学生一年/年収100万・国民年金支払い・健保は父の所)

今後の生活は、

母に下りる国からの年金
姉から入る生活費
私のアルバイトからの生活費

でやっていくことになると思います。
私は、今年と来年は頑張れば年収130万程度が見込めますが、再来年はほとんどアルバイトはできないと思います。
父は年収が1000万超で、私が国民年金の免除を願い出たときに断られたことがあります。

こうした場合で、健康保険は誰の保険を主にしてゆけばよいでしょうか。私が勤労学生として母を扶養するという事で所得税などに減免が受けられるでしょうか。また、国民年金の免除は受けられるでしょうか。

投稿日時 - 2004-05-06 09:58:40

QNo.849792

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ご愁傷様でした。

健康保険については、どなたも勤務先で社会保険(健康保険 ・厚生年金)に加入していないので、今後は新しい所帯主の名義で国民健康保険に加入して、家族の方も同じ国保に家族として加入ることになります。
(国保の場合は扶養という制度がありません、)

保険料は、加入者全員の世間年の所得を基に計算され、均等割や資産割などが加算されて決ります。

年金については、お母さんが今までは3号被保険者になっていたと思いますが、今後は、国民年金にに切り替える必要がありますから、市の国民年金の係に年金手帳と印鑑を持参して手続きをします。

又、国保と国民年金については、所帯の収入によって減免制度が適用されますから、市の国保と国民年金の係で相談しましょう。
国民年金の減免制度については、参考urlをご覧ください。
国保の減免の条件は、市によって違います。

所得税については、お母さんが遺族年金を受給した場合は、遺族年金は非課税ですから、あなたかお姉さんの扶養とすることが出来ます。
基本的には、年収の多い人の扶養にした方が有利です。

力を落とさずに頑張ってください。

参考URL:http://www.city.hikone.shiga.jp/shiminkyoseibu/hokennenkin/nenkinmenjyo.html

投稿日時 - 2004-05-06 11:32:00

お礼

早々に回答いただき、有難うございます。
国民年金について、ちょっと自信がないのですけど、
母は61歳ですが、まだ支払い期間が必要なのでしょうか。
父は59歳だったので払う必要があったとは思うのですが・・・もし母の年金支払いが必要なら何歳まで払わないといけないのでしょうか。

投稿日時 - 2004-05-06 13:40:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

#1の追加です。

失礼しました、お母さんは61才でしたね。
国民年金を支払う必要はありません。

投稿日時 - 2004-05-06 15:31:42

あなたにオススメの質問